※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

少子化のレポート

最近、幼少からの友人たちに子供が出来始めている。

お金は後から戻ってくるのだろうか?


正直なところ、年収300万円と云われる時代に、出産にかかる費用が最低でも

分娩・入院代 40万
定期健診代 10万
ベビー・マタニティー用品 10万
合計 60万

合計で60万と云われています。(参考:いたずら天使

これは年収の2割ですね。

その後に、出産育児一時金と云う名目で、健康保険加入者は30万円が戻ってくるらしいのですが。これ余談ですが、死産・流産・人工妊娠中絶にも適応されるって事…(びっくり!)

一旦は立替になるので、60万円は最低でも自己資金の用意が必要になるようです。

詳しく調べてみた(参考:AllAbout

しかし、そのうちの30万円は、出産育児一時金として、健康保険に加入していれば、戻ってくる。

とは…云っても…その額も…厳しいのかな。

早ければ06年秋に、5万~10万円ほど増やす案もあるとの事で、今後の動向に期待したい。

0歳~3歳 乳幼児の保育園が月5万→年間60万円

3歳~6歳 幼稚園に行くようになると、年間7万円程度

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|