調査情報

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ここは各個人が与えられた調査対象から得られた情報を書き込んでもらうページです。 

 調べた情報はこのページの項目に入いるかを検討し、その項目があるならばこのページを編集して書き込んでください。もしない場合は新しく付け足してください。


楽天CSの方針

 楽天CSのチームとしての方針は楽天ビジネスモデルの存続性です。楽天のTBS買収の背景には現在の楽天ビジネスモデルがあと4~5年しか持たないからといわれているからです。そこで存続性というテーマになっています。ですから各個人の調査はこのことを念頭において調査をしてください。

 僕の考えとしては楽天の買収経歴、販売実績の推移、現段階での楽天ビジネスモデルの情報収集です。それに関連する情報をどんどん書き込んでいきましょう!!


楽天の市場背景

 楽天の市場での分類はEC(電子商取引)となっています。激安価格の最大手で宿泊予約、ネット株取引、買収による買収社の顧客獲得などで稼いでいるようです。

 しかし、最近はネット利用者拡大が鈍化してきているためネット業界証券アナリストによれば「4~5年はこれでやっていける」といわれています。その先を楽天が考えた答えが「テレビとネットの融合ではないか」だそうです。ちなみに今現在楽天の連結有利子負債は1500億だとか。

 10月23日 朝日新聞 朝刊 3面


楽天VSTBSに関連して

 楽天の本業である、ECはいずれ成長の限界が到来する。そのため、ネットと映像コンテンツを組みあわせた事業の市場形成を狙っているらしい。

10月14日 日本経済新聞 朝刊 11面


 楽天のビジネスは・・・

 楽天はグーグルやe-Bayとは違い、確固たる技術力や手法を持っているわけではなく、異業種買収によるコングロマリット化(複合企業化)を行っている。

10月30日 日本経済新聞 朝刊 7面

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|