里程標速報  08/10/03 開設 09/08/12復活

== 玉島六里 伝承  ==

  下倉しもぐら にあった由 総社市史(S60) p101

=== 東城往来 09/09/05 ===

 岡山十七里 On東城往来(9号線)@上鴫・蛇の穴 やや上流
     
井原(七日市)からの分岐 杖立県境は300mほど遠い 

岡山十八里 On東城往来(9号線)@三原 個人住宅前・完品

岡山十四里 On東城往来(旧県道)@吉井沢岡 三叉路 
           情報変更 : 支所西方の 旧県道北折部 

十五里は 当初算定より遠方:旧・落合橋の北袂??

十六里は On9号線:下鴫/山村境界辺り?? 新規算定

======

== 新シリーズ 09/08/28  ==
岡山七里@玉島乙島 上成小の南南西約1km 国道429号やや南

=== 直近、1週間ほどの纏め = 09/08/12 ==
岡山十六里(新シリーズ?) On野呂街道@多和山峠09/08/22GET

   野呂街道:塩坪-片岡-長尾鼻-多和山峠--落合・久世
  
参考 HP 巨瀬町の歴史散歩  
  十一里@高梁 からの分岐と考える

岡山十九里 On伯備連絡@石蟹・長屋 
近くに水準点09/08/22GET


岡山六里 On旧山陽道@伊部・大西  かねて、鐘さん探求のもの

====

   真庭市教委での聞き取り 08/11/10 (
移動しているかもしれないが現存)

  「距津山元標六里」 久世町目木(目木橋の少し西) GET

  「距津山元標八里」 勝山町勝山(大雲寺下か公民館) GET

  以下推定であるが、「四里」・「七里」(採録済)から、「五里」は追分付近、「九里」は神代付近と考えられる。

 

  「散在型」 里程標の情報 (文書記録を中心) について掲示

 ===
  別件:西伊部里程標柱
  坂根五里が水準点#390の極く近傍/#391は香登本/
  #392は大内104-8番地地先=大ヶ池のくびれの部分の西
  水準点に関しては、国道2号上にあって、GS・ENEOS の西辺りか
   大ヶ池くびれの部は大内分と伊部分の境。標柱はギリギリ伊部側にあって可笑しくない
 ===

「距 金川八里」 出典:『道調査書』 大山道 p16
   別稿で詳述  加茂市場北一里 豊岡八幡・尾原一本桜中間

  ?「金川七里」 あるなら、66号線・加茂市場北1km程度
  ?「金川六里」 あれば、高谷/平岡境界:高谷口北方
  ?「五里」 は、真瀬良:宇甘渓キャンプ場西方1km
  ?「四里」 は、虎倉市場辺り、三谷橋まで行かない
  ?「三里」 は、紙工・久保、71号線交差点付近
      ここの間が2kmしかない 陸路(!)積算 水路積算すべし?
  ?「二里」 は、九谷橋北500m?
  ?「一里」 は、箕地橋西5~600m西

 「距 玉島三里」 出典:『吉備の道志るべ』 井上雄風 p169
     
  @真備町箭田中須賀 
    
『旧山陽道より新本往来に入ると五十米西側に立つ』  原文どおり
  == 参考情報 ==
   新本往来とは県道54号・倉敷美袋線なるべし。 大正九年県道に明記なし。

  ?「玉島四里」 あるとすれば、立坂(建坂)峠 南方
  ?「玉島五里」 あれば、仏ヶ峠 南 1~半キロ
   「玉島六里」? 
古老の記憶下倉に玉島へ六里の石柱があった 総社市史民俗
  ?「二里」 54号ラインにあるなら、山陽高速交差北:穂井田小近隣
             09/06/16の情報では存在(出典高梁川) GET