掘り出された 渡来銭  09/01/19 創始

 出典 ニュー・サイエンス社 考古学ライブラリー45
        坂詰 秀一 編  『出土渡来銭』 ~中世~(1986)

 

早島と総社に、出土例が知られている。 
    矢島 恭介 『日本考古学辞典』 (1962) から引用している
    詳細内容 要調査

英田町福本 11,709 枚 平安中期から室町初期の間と考えられる
     [矢島恭介氏による 「第二期」 に分類される]
    これは、水運の発達による流通経済の発達の結果の
    経済活動蓄財と理解されている
  熊註) <軍備蓄財(埋蔵金) と 経済活動蓄財があるという見方、
        希には、宗教的祭祀に関わる部分がある>

  英田町歴史民俗資料館 電話:英田町公民館(0868)-74-3111

!!岡山県下の記載例は少ないが、熊ぷーの私見では、
    研究者あるいは行政の注目度が低い故と思われる!!

==
  国立博物館の古銭収蔵記録(明治/大正/戦前)より

M45 勝田郡吉野村発見の古銭76貫について 収納必要なしの裁定
T13 総社・如常寺の 古銭1点購入
T14 早島・松屋坂の 古銭1点購入
S15 林野町・三海田の 古銭収納の必要なしの裁定

熊註)  総社/早島の名が挙がるが、各1点は不可解 

==
  『高梁川』 43号(S60=1985) に 「竹薮から古銭多数発見」
     要調査

==

一般論としての 銭瓶 銭壷 の研究

  上記書物では、
  四国:初期は 瀬戸内で備前焼 高知側で常滑焼
      中期では 土師/須恵器系、丹波焼も含まれる
      後期では 備前焼が多い <詳細は原典参照>

  北陸/信州: 北陸では珠州焼、越前焼
           信州では瀬戸/常滑焼

  東北: 珠州/越前焼、 蝦夷に近いところでは須恵器