里程標石 総論  09/08/12 創始

     08年08月15日版に合併したので、近日削除

新着情報 == 他県の状況 == 09/08/12 ==

 兵庫県・洲本  3基 近代文化遺産指定
   岡山と形式違う(M5布告準拠): 七尺 木柱の姿を残すかも(熊)

 富山には M5布告準拠の木製十一尺 8基 (内7基復元品)

 広島-大竹間 七里十三町にM18行幸記念の「壱里標」石
   広島起点で、七里十三町ある 官の呼応に依る私製か?
       高さ六~七尺   いずれも  「壱里標」 
   壱里目の 「壱」 佐伯楽々園に残っていたものを収蔵(@石内)
   廿日市に 四里目の 「壱」 いずれもWEB内に写真
   大竹市に 七里目 実物を移設復元 

 広島廿日市(津和野街道) 「距 廿日市元標壱里」、「同弐里」 岡山スタイル
     明治24年もの 広島元標からの距離を横面に併記

 紀州街道に 「距 松阪元標五拾(米・千)」 大きい石柱

 宮崎に 「距 宮崎元標八里」 岡山と同スタイル

 西海市西彼町に 18cm角 「長崎十三里」 画像なし

 飫肥街道@内之田に 「一里標石」 (内容不祥)

 舞鶴・野村寺(路)橋 「田辺橋ヨリ一里」  (画像あり)
      全部で、3基現存

新着情報  == 国道4号線・奥州街道 = 09/08/11 ==

   参考HP  

距 仙台元標◎◎里」 が、南行き5基/北行き6基確認されている。
   岡山とほぼ同スタイル
   便宜的に算用数字で書けば;-
     南行き 4,7,10,14,15里    15里は白石市
     北行き 5,7,8,11,12,13里  13里は古川市

それらは、原則として「几号(不印)水準点」 を兼ねている!
いずれも、明治22年もの

   別のHP には、北行き12里と14里が示されている
          (几号については、言及がない)

   更に別の人 白石の15里指摘 几号に言及

   別の情報 石巻街道に壱里杭(跡)と一里標(詳細不明)
===
別件: 東海道筋では、一等水準点を4kmおきに打って、後に、
   間に入れた。 
   静岡市を離れて、西に進むと、#129/#129-1/#130/#130-1