札所・遍路薀蓄 08/05/16 加筆 08/11/03構成変更

本四国 
  本場四国の遍路では、高知・竹林寺に備前焼の獅子があるといわれる。 未確認

===

地場札所資料  @06年7月県立図書館ミニ展示
  岡山文庫に5冊:備前/備中/美作/児島/神島

大内田八十八ヵ所 
  例外的に2間四方ほどのお堂もあるが、基本は、野辺の、4~5尺立方の石組みの祠である。 流通センターの開発で、一部分が遷座を余儀なくされた。それに先立ち、詳しい調査がなされた。 報告書(民俗文化財調査委 1981)あり。
  主務寺は千手寺@大内田。
 

児島八十八ヶ所 
  天保年間(1839年)開創。 約180km、第一番中蔵院、八十八番は番田の明王庵。 天保十年(1839)版の案内記あり。
  この場合は、辻堂/無住の寺院構え/本格寺院 あり。

  八十一番正覚寺は天城にあるが、これは、明治30年ごろ
  宮浦の寺院から譲渡されたもの

邑久八十八ヵ所 
  北巡りもあるが、南巡りが優越。 一番寺は本庄静円寺、八十八番は上阿知大師堂。南は一周約110km、案内摺りものには「凡そ三十里(二十七里説もあり)」とある。嘉永三年(1850)の創設で、安政二年(1855)の摺りもの(A)が現存する(西大寺・湊屋三郎兵衛作成)。東片岡奥之谷惣左衛門の創始と謂われる。
  東片岡の七十六番札所に由来碑がある。
  余談:七十番は南幸田の「西大寺屋」にあり、堂宇は「邑久之郷」
にある、と
      但し書きされている。 そのことより「西大寺屋」/「邑久之郷」の名称が不思議。
 
 県立図書館に摺りもの蔵書あり、七十番の現存品によく似ているが、同刷ではない。 年号版元無し。
 08/05/14 調査 

===
 
臨時版・吉井川左岸 08/05/09 臨時開設 から移設

 邑久八十八ヵ所(詳) 

東片岡奥之谷惣左衛門の創始とも謂われる。
  
東片岡の七十六番札所に由来碑がある。
    08/05/21訪問 刷り物(B)の補修品に遭遇
    
 刷り物B には「大師千百年」の文字あり これを採れば1935年(S10)

七十番 :南幸田西大寺屋(堂は邑久郷) 札番乱れ 72と73の間未到達
七十三番:邑久郷清野 08/05/21訪問
七十四番:宿毛(西)幸地崎 ↓ 六丁 刷り物(B) は此処で採集
      08/05/21訪問 刷り物(B)に遭遇できず
七十五番:宿毛(東)幸地崎 ↓ 四丁未到達
七十六番:東片岡・東橋詰 ↓二丁 08/05/21訪問
七十七番:東片岡・西橋詰未到達

八十二番:西片岡・奥之谷 惣左衛門の石造坐像あり 
   新装(99)/墨書あり<弘化四年(1847)岡崎惣左衛門> 
未到達

 邑久南巡りに関しては 2007年版 解説本あり(県図)

===
 算額
 
◎水門町・幸島稲荷 根木鹿松献納! 未発見 
<幸島小>

 ===
 
根拠なく気になる神社仏閣
  妙恩寺 Where? 「魁」 の持主
       藤原熊太朗 Who? 
  松江伊都岐神社 @邑久郷東
  宇賀神社 @正儀 獅子については取材済み
  前神寺 @西幸西 外波
     ついでに、砲台跡調査

 

加茂八十八ヵ所
  全長160km、天保四年(1833)確立。

 

赤磐大師八十八ヵ所
  赤磐一番は地蔵院で、由来石碑がある。赤磐市山陽郷土資料館が資料をよく掌握している。07年展示
「赤磐」 には、岡山市・牟佐#73~75/新・岡山市(御津町)#11~19を含む

和気郡/哲西

島遍路:神島/真鍋島/ 香川では、小豆島(本格)/直島(祠)

**** 付録 **** 瀬戸内三十三観音 ****

帯江の不洗観音が一番、福山芦田の福性院が三十三番
赤穂に七、八番寺、備後に二十二~三十三番 あり。