※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ズィーガー

Sieger【支援・要塞型】

前 ウダチカ アクチーニヤ(リミットカットを行う)

この不恰好な生体装甲はフィネストラ社がネルビオ社から秘密に引き抜いた兵器部門の開発者に協力させて研究しているものであり現在市販されていない。
つまり、ネルビオ社の技術とフィネストラ社の研究資産、精鋭の研究者の結晶がこの生体装甲である。なお、研究者は本来は支援型開発のために引き抜かれた。

過去の大型生体装甲を元により実用的な改良がされている。
この生体装甲の問題は、生体装甲部分と戦車部分両方に専門家のメンテナンスが必要であること、専門パーツを多く使うため特注となってしまうことであった。
このメンテナンス費用を削減するため、生体装甲の自己再生能力を応用した代替パーツを作り出す機構を完成させる。
これは細胞、武器、兵器を分解記憶し、欠けているまたは新たに必要な部分を作り出す。これによりメンテナンスが簡易化する。

今までの流れからは異なる進化を遂げた装甲である。
従来の武装のほかに戦車向けの超重量キャノンを搭載可能だ。
一方、弱点としては通常の戦車のようにミサイルに弱い。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー