※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラースタチカ

Rastouka【威力偵察・高速飛行型】


シノビ・レーザーなど、生体装甲武装の廉価版製造で一躍名が知られた和光社が始めて取り組んだ生体装甲がラースタチカである。
シガーラを元に研究と試作を繰り返して出来た。
メイフライよりも多くの部分でやや上回っていて、ラースタチカよりも先に出たバイラリンほどの耐久性、汎用性には至っていない。装備可能な武器はバイラリンと変わらない。
つまり、メイフライとバイラリンの中間に登場した生体装甲であり、この生体装甲が未完成であるという意見も存在する。
中途半端な印象を抱かせるものの、飛行能力はバイラリンよりも高く、生体装甲の中で最も高い。

ところで、生体装甲の開発は大手軍事企業が多くのシーンを牛耳っているため新規参入は困難だと言われている。そこで和光社はネルビオ社と提携し、生体装甲の一部の開発部門を担当し、費用の一部を負担することで業界に突破口を作った。
和光社はラースタチカの試作をネルビオ社に提出したところ、かなりの受注が見込めるとネルビオ社からの販売が決まった。
比較的高性能である割に生産コストが安くなっているためである。
ネルビオ社の見込みはあたり、高価なバイラリンよりも人気が高く、かなりの売り上げとなっている。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー