|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

viruの部屋(4畳半)/2007年02月13日/借りた小説

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
一杯あるんですがね、具体的に言うと20冊とか30冊。
まだ2冊しか読んでない。
春中に読み終わるだろうか。

何を読んだかは後で書くことにして、取り合えず魔女式あぽなんとかが、とても面白かった。
シャナ見たいな設定だたんだけど、どうにも主人公がイイ。

男なんだけどね、女の子になっちゃうんですよ!!
それなんて、かしまし?ってまぁあれは別物、こっちはちゃんと女だぜぃ!
いやぁ・・・よかったわー。
絶対買う。
でも・・・話自体は、ぶっちゃけかなりきついね、泣けるとかそうじゃなくて、ホントシビア。

さて、ここからは絶体絶命都市2の話。

どうにも主人公が一杯いるけど、今5人目。
その前の話でかなり出てきた人の模様で、各主人公で違ったシステムはあるんだが、今回は記憶システム。
断片を合わせて記憶を思い出す(作る)感じです。でもって、前の主人公で行動したのが5人目にかなりはっきり影響でてるんで、困った。
でも、取り合えず、5人目にきつい行動はとってないから大丈夫なはず!
つーか、まじバイオハザードとかサイレントヒルみたいな展開だよ。前作に引き続いて戦闘があるのは・・・まぁ、当たり前だよね(’’
予想のななめ上を行くクオリティに乾杯、でも処理遅いのは簡便な。


カテゴリ: [はよ嫁] - &trackback- 2007年02月13日 01:19:18
  • 何その厚い本。へっへっへっ、読めない量の本に埋もれて苦しむがいい!! -- ひ (2007-02-14 02:55:11)
名前: コメント:
#blognavi