※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

γシリーズ

ギル博士の指導の下製作された、戦闘用人造人間(戦闘人形)のシリーズのひとつ。
通常の戦闘人形とは異なり、発展を望むため赤子の状態から生産され、強い自我とキャパシティを与えられている。
しかし皮肉にも自我は自立も促し、彼に従ったγは半数にも満たなかった。
素体のDNAに用いられたのは、疏埜馥の叔父。
採算度外視で生産されたため、その基本スペックは他の戦闘人形と比べはるかに高く、それぞれが何かしらスキルを持つ。

100体以上の失敗作があり、正式にロールアウトしたのは以下の13体のみ。


ちなみに某KOC内企業の双葉とは無関係。