※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アカリ=ヴィッドカラー

※以下はssで掲載していない部分も含んでいます。多分この話もう書けないんで。

当時13歳(2年前)、女。
ネバーランドに渡った理人が、トータスブルグのある街で出会った少女。
両親の不仲に反発し、いわゆるプチ家出を繰り返す。実業家の娘で金はあるが、ロリコン相手に援助交際を装って、男が目を離した隙に金を抜き取って逃げるなどの手段で手に入れていた。その逃げているときに、理人とぶつかって出会う。
後日、理人と出会った日に逃げていた相手に見つかり、暴行される。
ショックを受けた彼女は、病院の屋上から飛び降りた。

…が、ルナ?が助け出した救済仕様。

以下、「そしてそれはそんな再会」のプロット風。
男はトータスブルグで悪名高い高官のわがまま息子で、法では裁けない位置にいた。ので、ルナ?がある闇組織にコンタクトを取って暗殺に乗り出し、それに理人が無理を言ってついていった。
主にルナ?の働きで取り巻きや衛兵らをなぎ倒し、後一歩というところまで追い詰めるが、軍が駆けつけたために断念して逃げる。このとき理人が「黒い長髪で、魔法使いのいでたちをした青年」に見つかってしまうが、青年はそれを見逃し、男に父親が逮捕されたことを冷酷に告げた。

その後、理人は彼女とかかわることもなく2年を過ごす。そんなある日、友人と談笑する彼女を見かけ、彼女の前途が良好であることを願いながらその場を立ち去った。

容姿

158cm(当時)。青い髪で、セミロング。目つきはあまりよくないほう。

由来

ちなみに家名の由来は、ラルクアンシエルのVivid colors。