※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人造人間

人工的に生み出された生命体のこと。
ホムンクルス、ドール、ゴーレム、ヒューマノイド、アンドロイドがある。なお、同様の手段で製造されたものであっても、たとえば犬型である場合は人造人間とは呼ばれない。あくまで人型のみである。犬の場合は、犬型ホムンクルスといった具合で呼ばれる。
人造人間であっても、偏見の目で見られる地域は少ない。理由として「奇跡の一端である魔法が存在する」「獣人など人型ではあるが人外の種族も多い」「神話の時代、神になった人造人間もいる」等が挙げられる。

ホムンクルス

さまざまな材料を用い、魔術によって命を吹き込まれた生命体。
人造人間としてはもっとも人間に近く、人造人間とわからないケースが標準である。生成する際には大掛かりな儀式、多大な魔力を必要とするため、並みの魔術師では単細胞生物のような姿にすらなることもある。
人間より小さいサイズの生物だったり、人間ほど複雑な思考をしないものならば比較的生成は容易で、反対に天使族のような人間種を超えた生物を生成する場合は至難となる。
魔力で生成された以上、術者の魔力性質の影響を少なからず受け、必ず術者と似たところが出来るか、もしくは深層心理の性質が現れるのが特徴。

ドール

人形な彫像など、最初から完成している物体に魔術で命を吹き込んだ生命体。原形がある分、ホムンクルスよりは生成が容易である。ホムンクルスと違い脳や内臓などが存在しないため、ホムンクルスと比べると生物として確実に劣る。行動するたびに生命力として魔力を消費するため、定期的に魔力を送るか、常に術者と魔力をリンクする必要がある。

ゴーレム

ホムンクルスよりも単純な構造であるもの。
泥や木、石、鉄などさまざまな単体の物質から生成され、一応は人型のような体裁をとっている。
単純な構造であり、単純な魔術公式であるため、単純な命令しか聞けない。例を挙げるならば「誰かが近づいてきたら攻撃しろ」「ここからここまで石を運び続けろ」といった具合である。複雑な命令であればあるほど、魔力を多く消費する。
魔法使いが上記の例のような命令をつけ、自分の庵などに配置したり、遺跡の門番として配置することが多い。王宮や屋敷などではあまり見られないが、これは人や建物に配慮するための命令が複雑で、とても維持していられないため。
その単純なキャラクター性から、あくまでも人形であり人造人間とは認められないことが普通である。
消費する生命力はドールと同様、魔力であるが、とにかく単純なので低燃費。

ヒューマノイド

培養カプセルなど器材を用い、細胞から人間の形をとった生命体。そこからある程度の年齢(10代後半程度)まで急速成長させるのが普通(成長させずに、子供のできない夫婦が赤子から育てるケースもある)。もっとも人間らしいが、人工であるためか人間ほど成長しないのが難点。
また、製造過程に少し手を加えることにより、特定の分野に対し発達した能力を持たせることもできる。そのことから商品として流通されており、高価ではあるもののさまざまな分野で需要は多い。また、購入者に従順であるよう、感情は抑えられているのが標準。主人公である理人はヒューマノイド(γシリーズ)である。

γシリーズ
ギル博士指導のもと製作された、戦闘用のヒューマノイド。
発展を望むため、普通のヒューマノイドとは違い赤子の状態から育てられ、強い自我を持つ。また優れた初期能力と、それを上昇させるキャパシティを持たされている。素の状態でも非常識な戦闘能力を持つが、それに加えて特殊な能力を持っている。
しかし皮肉にも強い自我は自立を促し、本来従順であるはずのヒューマノイドだが、ギル博士の命令に従ったのは半分にも満たなかった。
数百体の失敗作があり、正式採用されたのは13体のみ。
以下に13体を記す。

  • γ-01銀河
  • γ-02貴登
  • γ-03麻陸
  • γ-04冬馬
  • γ-05勇騎
  • γ-06飛王
  • γ-07理人
  • γ-08楽斗
  • γ-09誠哉
  • γ-10大牙
  • γ-11流矢
  • γ-12海都
  • γ-13透子

アンドロイド

機械等無機物のみで作られた人型。生命体とは分類されない。
すべてを機械および人工物で作られており、魂というものはおおよそ感じられない。内蔵されたプログラムと、組み込まれた機械で行動する。
思考プログラムを一から構成することは不可能であるため、他人のものをトレースする。