2ch家出失踪@Wiki 最初にお読みください!



今日 -
昨日 -
総計 -

このページは、「失踪したいなー」「失踪しちゃったけど、どうしていいかわからん」
そんな方に読んでもらいたいページです。
自分の今の立場に該当しそうな箇所を読めば、少しは役に立つと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Ⅰ:犯罪による警察からの追跡から逃げるか、
Ⅱ:単純に人生をやり直したいのか、
この2点の違いは天と地ほどの差があります。



Ⅰ:犯罪による警察からの追跡からの逃げ
誰か編集をお願い致します。




Ⅱ:失踪して 人生をやりなおしたい!
「こわい。生活は大丈夫だろうか。」心配は尽きないと思いますが、
しかし、やる気しだいでは、 とても簡単に 人生をやり直すことができます
ただ、人生をやり直すつもりが無い方は、あまりおすすめしません。野垂れ死ぬのがオチです。

 1ーA. 失踪時の持ち物(これだけあれば超絶に容易です)
   ・ありったけの現金(20万はほしい)
   ・免許証などの個人情報証明書とハンコ
   ・退職時の一連の書類(特に離職票Ⅰ・Ⅱ)
   ・リュックサックにいくつかの下着を詰め込んでおく)
   ・転出届(これは、あらかじめ失踪先でマンスリーマンションなど住所を確保しておく必要があります。)

   これらがそろった上での失踪は、もはやただの引越しと変わりません。
   唯一変わるのは、関わった人間関係を全て断ち切れる、環境が一新することぐらいです。
   あとは住民票の作成をするぐらいでしょうか。


 1-B 失踪時の持ち物(最低限。準備とか、精神的余裕の全く無い方。こういった方が多いかと思います)
    ・ありったけの現金(20万はほしい)
    ・免許証などの個人情報証明書とハンコ
    ・リュックに下着を詰め込む

   これだけで失踪は可能です。問題は失踪後です。


   ◎とりあえず雨風を凌げる場所の確保
    事前に調べて置ければいいのですが、さしあたりマンガ喫茶、ビジネスホテルなどで
   しばらく滞在すればいいかと思います。野宿は、危険ですが、やりたい方はどうぞ。

   ①携帯電話の作成 

    いざ失踪先に到着したあなたは、まず携帯電話を作成しましょう(失踪する覚悟があるなら、今までの携帯は捨てているはずです)
   免許を見せれば、簡単に作成できます。0円機種なんかもありますので聞いてみましょう。各種連絡・就活に必須のツールです。

   ②住民票の作成

    次に、住民票の作成を行うべきです。これがあるのと無いのとでは社会的生活の難易度が桁違いです。
   住民票を作成すると家族に失踪先がバレるようですが、犯罪歴の無いあなたは別にばれても問題ないでしょう。
   住民表作成のためには、最悪でもマンスリーマンションやドミトリーに住んでいる必要があります。(カプセルホテルだと駄目)   
   必要書類は、以前居た市町村の「転出届」。市町村にもよりますが、郵送してもらえる場合が多いです。
   「転出届」さえ手に入ればこっちのものです。あとは失踪先の市役所へ行って、転入届・住民票の作成を行うだけです。
   これで、晴れて失踪先の市民になることができ、堂々と就職活動が可能です。
    {「住所が無い」という恐怖・経験は、なかなかに経験できないものですので、
    住民表が作成できたときは、本当に嬉しいと思います。}

   同時に、国民健康保険、国民年金の手続きもすることになりますが、こちらは各個人の判断で、役所の人の指示に従ってください。

    ※ 失踪先が家族や警察にばれると困る方は、逆に絶対に住民票を作成しないでください。

   ③ハローワーク(求職者支援センター)の利用

    働くために、ハローワークへ登録する必要があります。ハローワークへ行きましょう。
   ハローワークは、仕事を紹介してくれるだけでなく、人によってさまざまな「救済措置」の提案をしてくれる場です。
   「 求職者支援センター 」なとどいった名称の窓口が大体あるので、そちらで身の上話を赤裸々に告白しましょう(失踪したことも含めて)。
   すると、現時点の貯金や離職の状況などから、さまざまな救済措置が提示されますし、場合によっては非常に協力的にサポートしてくれます。
   ぜひ精力的に求人に応募してください。
    ※ もちろん、コンビニなどに置いてある求人雑誌から応募するのもありです。

   ④ 雇用保険(=失業保険)をもらう 

    さしあたり紹介されるのが、この雇用保険だと思います。
   大原則として「前の会社に1年以上勤めていた」場合、今失業中にいくらかの給付金が出ます(ざっくり月12万円程度)。
   ただ、こちらの条件に当てはまらない場合でも、さまざまな特例が用意されているので、ハロワや求職者支援センターで要相談です。
   「離職票」(会社を辞めた証拠となる書類)が必須ですので、これは会社から取り寄せる必要があります。
   勇気を出して、会社に連絡して、一言謝罪を添えながら離職票の郵送を希望してください。(自分の場合は、むしろ激励してくれました)

   ⑤ 職業訓練を利用する

    職業訓練(=基金訓練)という制度があります、これは、PCの扱い方やビジネスマナー、介護に関する知識など、
   就職(就職後)に役立つ「授業」を開催してくれる、というものです。
   大体は半年間の授業なのですが、 月に10万円(扶養者がいるなら12万円)給付されます!   


   基本的に、最初のうちは③④⑤を行うことで、まず生活の基盤を固めることが鉄則だと思います。
   行政は、自ら動くものには積極的に救済措置を提供しますが、その逆は逆だそうです。
   職員の方に力説されました。

   ⑥ そして新しい人生の始まり。

    やがて、新しい職場も決まり、住宅手当などを利用しながら、普通のアパートで暮らせるようになると思います。
   もう怖いものは何も無いはずです。何しろ一度住所不定者になってるわけですからw思いっきり人生謳歌してください^^