※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
引き続き「御代の祝」
曲が長いので引き続けていると首が痛くなってくる。
三味線は「伴奏」という曲なので、慣れてくると少し単調な印象。
早くお琴と合わせてみたいなあ・・・。



師匠が、北山に住んでいたお花の先生の形見の着物を見せてくれた。
秋の七草の刺繍がされている黒留袖。かなり高級品とのこと。



師匠「必要なときは貸してあげるわね。」



留袖が必要な日はいつくるやら・・・。


カテゴリ: [三味線] - &trackback- 2007年06月22日 22:10:45

#blognavi