LaTeX2e超絶技巧の扉 欧文TrueTypeフォントの利用法

-

LaTeX2e超絶技巧の扉

ここは, LaTeX2eについてのTeXniqueをひたすら書いていくページです。

  • 問題点
  • 画像のアップロードをどうするか?
  • PDFファイルのアップロードをどうするか?

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

欧文TrueTypeフォントの利用法

LaTeX (LaTeX2e) では標準設定の欧文フォントは Computer Modern となっている。 times, newcent パッケージを使うと Times Roman, Century Schoolbook, Helvetica, Courier 等が利用できるが, ここでは更に Century Oldstyle, Futura の使い方を説明する。

欧文TrueTypeの利用法

ここでは深沢英次 & インプレス編集部「TrueType フォント パーフェクトコレクション」 TrueTypeで利用できる欧文アクセント一覧

動作条件
dviout version 3.12 以降
制限
  • fi, fl, ffi, ffl 等でのリガチャ (合字) が使用できない
  • アクセント記号の使用に制限がある。(右図で示しているアクセントだけ。 しかも小文字のiは点があるiにアクセント記号を無理矢理くっつけている)
ローマン体
和文フォントでいえば明朝体になる。セリフ (文字の字面の始点・終点にある小突起) があり, 一般的に横線よりも縦線の方が太い。 本文で使われるフォントで pLaTeX2e には Times, Century Schoolbook, Platino が既にインストールされている。
サンセリフ体
和文フォントで言えばゴシック体になる。セリフがなく, 縦・横線の幅がほぼ等しい。
タイプライタ体
全ての文字幅が等しいフォントで, プログラムリストなどに使われる。

サンプルPDF

サンプル英文は適当に書いているので、内容についての質問は却下します (?