外国人参政権 @ wiki

街に出よう


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初めてのポスティング

「STEP1」
ネットには多くのポスティング報告がUPされます。
100枚撒いたとか、200枚撒いたとか。
初めての人にとっては大変な枚数。
自分にそんなことが出来るのだろうかという不安。
でも、自分もやらなければという気持ち。

もし、思い切ってやってみようという気持ちになったなら、
とりあえず、ネットからDLして5枚だけプリントしてみましょう。
そのままではポストに入れにくいので三つ折りにしましょう。

ポケットに忍ばせ、買い物か通勤の途中の安全な所で道路沿いのポストにそっと入れてみましょう。
ちょっとドキドキ。
怖いと思ったらそれで終わりにしましょう。

「STEP2」
周りにもっとポストがあって、
もう少しビラを用意しておけばよかったと思ったらまたプリントしましょう。
でも、たくさんプリントしてはいけません。
多く配ろうとして無理をしてしまうからです。

「STEP3」
慣れてきたら徐々に枚数を増やしていきましょう。
お出かけの時にどこでもポスティング出来るように
ビラを携帯するようになったら貴方もベテランの仲間入りです。

「STEP4」
慣れてくると油断や無理が生じます。
むしろこの時が危険かもしれません。
過大な枚数を撒こうとしたり、立ち入り禁止の集合住宅に入ったり。
常に初心を忘れずにコツコツと継続していく事が大切です。

「STEP5]
ここまで来ると、より効果的なビラが欲しくなったり、
安くビラを作る方法を考えたり、配付地域を地図でチェックしたりしはじめます。
試行錯誤を重ねながらやっていく事が継続の力になります。

数年前に他の掲示板に投稿したものを修正しました。)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

どのビラを、いつ、何処で、どのように、どのくらい撒くか


危険法案反対ビラは推進派議員と賛否不明議員の地元を優先して撒きましょう。
選挙前.com http://senkyomae.com/

直近の地方選挙日程などを参考に自治基本条例反対ビラなどを撒くのも効果的です。
ザ・選挙 http://go2senkyo.com/ 

人権侵害救済法案・人権救済機関設置法案反対ビラは
推進派議員と賛否不明議員の地元を優先して撒きましょう。
人権侵害救済法案反対全国陳情プロジェクト http://www47.atwiki.jp/chinjou/

ポスティング業者のサイトです。
全国網羅ではありませんが地域ごとのポスティング数の参考になります。
ポスティング.com http://www.posting-nihon.com/index.html

地域内で全地域にくまなく撒くとしても配付優先地区を考慮しましょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

署名活動

署名活動にも、いくつかのスタイルがあります。

まず一つは期限を定めて提出するもの。
これは一般的には期限内に多くの署名を集めるのを目標とします。
場合によっては署名数よりも影響力のある人たちが名を連ねることを重視する場合もあります。

もう一つは署名活動を継続することに意義があるケースです。
これには拉致問題の署名が良く知られています。
問題を風化させること無く、また、周知拡散していかなければなりません。

人権擁護法案、人権侵害救済法案、外国人参政権などの反対署名は
様々な団体により継続していく必要性があると言えます。
これらの法案を提出しようとする勢力が存在する限り終わりはありません。

紙媒体による署名収集活動は、
個々面接による危険法案や条例の周知活動をすることにもなります。
街宣やポスティングにくらべると簡単ではありませんが大切な活動です。

署名収集は地上戦の基本の一つです。
初めての方にはハードルが高いかもしれません。
まずは、署名用紙を持って友人知人・ご近所を訪問してみて下さい。

もちろん署名数は大事ですが、それと併せて署名収集者を増やしていく努力も大事です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

選挙応援

選挙のハウツーを書いた本やサイトは数多く存在します。
それらを一通り見ておく事もいいのですが、
それで勝てるくらいなら落選する人はいなくなってしまいます。
つまり、それらに書いてある事は基本的なことの一部でしかないのです。

選挙にもルーチンはありますが、
それ以外の部分は選挙によって、陣営によって全て異なるといっても過言ではありません。

ネットや書物での知識だけでは、勝つ選挙の闘い方というのは身に付きません。
現場での実戦の中で体で覚えていくのが確実です。

地元以外の選挙の応援は実戦経験を積む良い機会です。
良い参謀のいる良いチームでの経験だけでなく、
グダグダのどうにもならない選挙も経験してください。

場数を踏んでいく事によって勝つ闘い方というのは自然に身についていきます。
もちろん、理論武装しているという事が前提です。

そして、参謀連には大いに意見具申をし、質問をして下さい。
それが勝利に向けての一歩前進になることもあります。

(ウグイスさんと行動隊の合コンは割り勘にしましょう。)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

岩手新聞に掲載された読み物です。期間限定でUPします。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

局地戦・自治基本条例の阻止

(再編集中です)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PCの前に座って「街に出よう」と書いているとネタのようですが。
人には得手不得手、向き不向きがあります。
各々が得意な分野で活動して行けばいいのですが、
一通りの体験をしておく事は有用です。
食わず嫌いにならずトライしてみましょう。
新しい世界が開けるかもしれません。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トップページ→TOP

トップページ過去記事→TOP・ARCHIVE

関連資料→ビラ倉庫

画像関連→画像倉庫(チベット旗等)

人権擁護法案反対→人権擁護法案(真・保守政策研究会宛人権擁護法案反対要請書)

人権侵害救済法案→人権侵害救済法案

外国人参政権反対→外国人参政権反対要望書(民主党宛外国人参政権反対要望書)

外国人参政権反対→外国人参政権反対要請書(外国人参政権反対要請書)

移民受け入れ反対→移民1000万人受け入れ問題

国籍法改正問題→国籍法改正問題

自治基本条例の危険性→自治基本条例

留学生受け入れ利権→留学生30万人計画問題

活動実戦例→街に出よう


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

このサイトはリンクフリーです。
貴サイト・ブログなどの内容に応じて任意のページへのリンクでOKです。

画像の使用や文章の転載・抜粋などもOKですが、常識の範囲でお願いします。
出典の記載に関しては、必要に応じて各々の判断にお任せします。
過去の記事や資料に関しては使用にご注意下さい。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆