※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

対ユリアン戦での基本戦術など。

遠小Pが大活躍する相手です。なぜなら、タイラントを選択していないユリアンのBL後の反撃で最も痛いのが遠中Pしかないからです。なので、しつこいくらいにやっても大丈夫です。立ち回りは梵鐘や頭砕き、遠小Pなどで思うようにやれるかと思います。
ただし砂斬(スラ)は相手がダッシュしてる時に当てると投げ確なんで気をつけてください。
どのキャラも言えることなんですが、投げor肘orメタをもらったら動画タイムの始まりです。
不必要な接近やジャンプを控えてチクチクやればこちらもそうはダメージを受けないはずです。
ユリアンの中足をBLったら少し歩いて中k→EX旋で反撃しましょう。
タックルエイジスは理不尽なので、少し離れた間合いで垂直ジャンプから苦無で様子見も大切です。
画面端に追い込まれ、エイジス2択食らったら中段を死ぬ気で見てください。
テリブルの場合は「イーッヤァ!」という声も参考にすると見やすいかと思います。

以上はエイジスユリアンの話ですが、タイラント使いもいるかと思います。
その場合は反確技を考慮した立ち回りに切り替える必要があります。
いぶきはしゃがんでてもタイラントがカス当たりしないので寒いです。
スラはできるだけ封印しましょう。また、相手のぶっ放しタイラントを食らっても怒らないであげてください。

細かいところで、垂直ジャンプ強Kでの牽制には先読み前ダッシュ⇒近強Kで落とす。のもありです。たとえ読みが外れてもユリアンならとっさに大反撃を入れることもできませんから。
ヘッドがすかった場合は近強Kが当たりますので見逃さず入れるようにしましょう。遠い場合は近強Kにならないのでジャンプで逃げるかグラップで仕切りなおし。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー