※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

かなりのキャラが不利になりがちなつんり戦だが、いぶきにとってはそこまで不利でないと思われる。
ただ、細かいミスで死に直結するので緊張は解かないように。
とにかくつんり戦は隙あれば飛んでいるのがポイント。
垂直ジャンプからの苦無、最低空ジャンプ強Kなどでの牽制から隙があれば前に飛んで、一気に近づくのが重要。
いぶきのジャンプ技のバリエーションを持ってすれば比較的近づきやすい方だと思います。
ジャンプに対してあっちもジャンプ攻撃で対抗することも多いでしょうから空中BLも時々仕込みましょう。
さて、飛び込む際に一番問題なのが下をくぐられることです。
早いダッシュでくぐられ、着地に2択をかけられると( ゚Д゚)マズーです。そこで、逆方向霞で返り討ちにするのも混ぜるようにしましょう。
そのほか、EX苦無への依存率も普通の相手より増えると思うので、ゲージの無駄遣いはしないように。
つんりのゲージがないときは積極的に読み合いましょう。ノーゲージ同士のコンボの威力、安定度ではいぶきの方が上ですから。
ここで相手のゲージが溜まるまでにこっちもできるだけ溜めるようにしましょう。

下弱Pや下弱Kをガードしてしまうとレバー上入れっぱなしにしても打撃(下中K、近強K)が地上ヒットしてしまうので、危険な2択です。
これらを高確率で回避するには1フレ空中技を出すことですが、とっさにはむずかしいでしょう。
バックステップで中足は回避できるのでこれもとっさにできるようになると心強いです。
ただ近強Kは回避できないので距離認識も重要ですが。とりあえず投げは必要経費だと思って喰らうのも手です。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー