※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鍋野沙子 :
こんにちは。小笠原ゲームに来ました

芝村 :
記事どうぞ

鍋野沙子 :
【予約者の名前】0500132:鍋野沙子:鍋の国
【実施予定日時】2008/2/5 /14:00-16:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別(時間):消費マイル】
 ・ミニイベント(2時間):20
【召喚ACE】(※小笠原のみ)
 ・ヤガミ:藩国非逗留:10
【合計消費マイル】計30マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・0500132:鍋野 沙子:鍋の国:入学済:消費マイル5
鍋の国マイル5
デートチケット1枚使用
イベントは試練をおねがいします

芝村 :
はい。2分ほどお待ちください

鍋野沙子 :
よろしくおねがいします

芝村 :
/*/

芝村 :
ここは、天領の喫茶店の中だよ。

鍋野沙子 :
ヤガミはどこにいますか

芝村 :
のんびりとヤガミがコーヒーを飲んでる

鍋野沙子 :
「こんにちは。今日はコーヒーなんだね」
リンゴジュース頼みます
嬉しそうに笑っています

芝村 :
ヤガミは目の前だね。
ヤガミ:「コーヒーが好きで悪いか?」

鍋野沙子 :
「ふふ。いや?」
周りに人はどのくらいいますか?

芝村 :
少ないねえ。3、4人だ。

鍋野沙子 :
この間のところと同じ喫茶店ですか?

芝村 :
いえ。別の店だね。

鍋野沙子 :
はい

芝村 :
ヤガミはのんびりコーヒーを飲んでいる

鍋野沙子 :
椅子ごと隣にいきいます
にこ。

芝村 :
ヤガミ:「正面じゃなくて横か?」

鍋野沙子 :
「うん」

芝村 :
ヤガミは少し避けた
スペースが確保された

鍋野沙子 :
「今日、私チョコ食べてきてね」
距離はそのままで

芝村 :
ヤガミ:「そりゃ良かったな」

鍋野沙子 :
「こっちむいて」

芝村 :
ヤガミは向いたよ

鍋野沙子 :
キスをしかけます

芝村 :
ヤガミはよけた。
ヤガミ:「!?」
ヤガミ:「なんだいったい」

鍋野沙子 :
「ヴァレンタイン」
「これだったら安上がりだとおもって」
「…ヤガミは嫌?」

芝村 :
ヤガミ:「いや。なんというか。いやいい。バレンタインのプレゼントは気持ちだけで十分だ」

鍋野沙子 :
じーとみます

芝村 :
ヤガミ:「ははは。じゃ、頬だな」
ヤガミは頬を向けた

鍋野沙子 :
頬にします
「口は嫌?」

芝村 :
ヤガミ:「OK。ありがとう」

鍋野沙子 :
「私が口にしたいって言ったらびっくりする?」

芝村 :
ヤガミ:「まだ早いな。ははは」
ヤガミは笑ってる。

鍋野沙子 :
「待たないでいいって言ったじゃん」

芝村 :
ヤガミ:「はいはい。ケーキはなに食べる?」

鍋野沙子 :
「ロールケーキ」
「私誕生日だった」
「中身が19になった」

芝村 :
ヤガミ:「おめでとう」

鍋野沙子 :
「19と20は変わらないと思った」

芝村 :
ヤガミ:「そりゃよかった」

鍋野沙子 :
元の位置に戻ります

芝村 :
ヤガミは笑っている。
ヤガミ:「急がなくてもいいじゃないか」
ヤガミ:「誕生日おめでとう」

鍋野沙子 :
「…ありがとう」
「急いではないけど」

芝村 :
ヤガミ:「じゃあ、いいじゃないか」
ヤガミは笑った。
ヤガミ:「ほんとにロールケーキでいいのか?」

鍋野沙子 :
「キスのほうがいい」

芝村 :
ヤガミ:「そういうのは好きな奴に言え」

鍋野沙子 :
「あなたが」

芝村 :
ヤガミはロールケーキを注文した。

鍋野沙子 :
「好きだと」
「言ってるの」
「ケーキありがとう」

芝村 :
ヤガミ:「……」

鍋野沙子 :
「待たないでい言っていったじゃん」

芝村 :
ヤガミ:「実は紹介したい女がいる」

鍋野沙子 :
「だれ?」

芝村 :
ヤガミ:「まあ、なんだ。色々あってな」

鍋野沙子 :
「うん」

芝村 :
ヤガミがうなずくと、見慣れない肌の浅黒い女の子が来た。

鍋野沙子 :
「こんにちは」
「鍋の国の鍋野沙子です」
にこ
「…亜細亜さん?」

芝村 :
亜細亜:「ここここんにちは!」

鍋野沙子 :
「こんにちは」

芝村 :
亜細亜はぐるぐるしている
亜細亜:「はいっ」

鍋野沙子 :
「あ、どうぞ。座って下さい」

芝村 :
ヤガミ:「こいつがいうことが全然わからん」
ヤガミ:「歳が近いから、お前なら慰めたり言いたいことわかったりするんじゃないか?」

鍋野沙子 :
「?」
「買いかぶりだと思う」

芝村 :
亜細亜:「じつはあの、若宮さんが」

鍋野沙子 :
「はい」

芝村 :
亜細亜:「若宮さんが。えっと若宮さんが」

鍋野沙子 :
にこ

芝村 :
ヤガミ:「ほら、ほら」
亜細亜も少し笑った。

鍋野沙子 :
「あ。嬉しいです」

芝村 :
亜細亜:「そ、それでその、若宮さんが落ち込んでてですね」

鍋野沙子 :
「ええ」

芝村 :
亜細亜:「もうどうしようかと!」

鍋野沙子 :
「相手は本当に若宮さんですか?」

芝村 :
ヤガミ:「(最初からそういえば俺にもわかったのに・・・)」
亜細亜:「だと・・・思います」

鍋野沙子 :
「すみません」
「…ええと。私にもよくわかりません」
ヤガミの方を見ます

芝村 :
ヤガミ:「駄目か・・・・」

鍋野沙子 :
「とよたろうさんとは話してないんですよ」

芝村 :
ヤガミ:「鍋の国の若宮とかいってたから、あるいはと思ったが」

鍋野沙子 :
「ええ。間接的には知っていますが」
「んー。この間のことは何も聞いてないんですよ」

芝村 :
亜細亜がっかり

鍋野沙子 :
「好き合ってるはずですが」
「すみません」

芝村 :
亜細亜:「そうですか。すみません。お邪魔しました・・・」

鍋野沙子 :
「いえ」

芝村 :
亜細亜はふらふら歩いていった。

鍋野沙子 :
おいかけます
「あの。おせっかいでないのなら、力になりたいな、なんて」

芝村 :
ヤガミもついてきた。

鍋野沙子 :
ヤガミに笑いかけます

芝村 :
亜細亜:「本当ですか!?」

鍋野沙子 :
「ええ」
「あはは。分かりにくくてすみません」

芝村 :
ヤガミ:「良かった良かった。俺じゃどうにもならん」

鍋野沙子 :
「はは。私でもどうにもならないかも」

芝村 :
亜細亜:「あ、あの好きあってるなら、どうして・・・」

鍋野沙子 :
「とよたろうさんが恥ずかしいのでは?」
「んー」
「友達がいい、とか以前言っていましたよ。そういえば」

芝村 :
亜細亜:「なるほど・・・」

鍋野沙子 :
「ええ」

芝村 :
ヤガミ:「俺が記憶消してやろうか」

鍋野沙子 :
「なにいってんの」

芝村 :
亜細亜:「ヤメテクダサイ」
ヤガミは黙った。

鍋野沙子 :
「好意で言ったんだということはわかるけどね」
よしよしします

芝村 :
亜細亜:「……死んじゃうかも」

鍋野沙子 :
「誰がですか?」

芝村 :
ヤガミ(だから記憶消せばいいのに)
亜細亜:「若宮さん。落ち込んでて」

鍋野沙子 :
「…なるほど」
「今すぐ対応が必要そうですか?」

芝村 :
亜細亜はうなずいた

鍋野沙子 :
「…」
「私でもどうにもならんかと思うので」
「誰か頼れそうな人を探しましょうか」

芝村 :
ヤガミは頭をかいた

鍋野沙子 :
「…なに?」>ヤガミ
「ヤガミは何か知ってるの?」

芝村 :
ヤガミ:「俺が知ってたらもうなにかやってる」
ヤガミ:「仕方ない。いや、わかった」

鍋野沙子 :
「あんまよくないきがする」

芝村 :
ヤガミ:「そうか・・・・」

鍋野沙子 :
「な、なに」
「私が会いに行けばいいの?」

芝村 :
ヤガミ:「まあ、分かった。あまり力になれなくて悪かったな。送るよ」>亜細亜
亜細亜:「あ、いえ。大丈夫です」

鍋野沙子 :
「…」

芝村 :
ヤガミ:「ま、解決できそうな知り合いにでも話せばいいんじゃないか?」>沙子
ヤガミは亜細亜を連れて出て行った。

鍋野沙子 :
あー
周りに知ってそうな人はいますか

芝村 :
いないね。どうして?

鍋野沙子 :
頼ろうかとおもいまして
ヤガミたちを追いかけます

芝村 :
ヤガミは一人で戻ってくる途中だ。
ヤガミ:「悪かったな」

鍋野沙子 :

「ごめん」

芝村 :
ヤガミ:「げってなんだ。げって」

鍋野沙子 :
「亜細亜さんが言ってしまった後だから」
「あの二人。キスはしてるんだよね」
「なぜ、亜細亜さんが動いているのか、知ってる?」

芝村 :
ヤガミ:「たぶんまあ、趣味だろう。最近良く、来るから」

鍋野沙子 :
「へぇ」
「ヤガミは記憶を消す以外に、なにかない?」

芝村 :
ヤガミ:「他人の恋路に口出すもんじゃないな。もうそういう段階じゃなさそうだが」

鍋野沙子 :
「それはそうなんだけど」
「知ってしまった以上は」
「…無関心をよそおうには」
「問題があるかと」
「自殺はとめないと」

芝村 :
ヤガミ:「ま、そりゃそうだな」
ヤガミ:「まあ、あの亜細亜って子とくっつけばよさそうだな」

鍋野沙子 :
「…。そうね」
「あのさ」

芝村 :
ヤガミ:「?」

鍋野沙子 :
「知恵者を読んだら協力してくれるかな」

芝村 :
ヤガミ:「いいとも」

鍋野沙子 :
「? いいともって?」

芝村 :
ヤガミ:「協力だ。さ、コーヒーのみなおそうぜ」

/*/
芝村 :
はい。お疲れ様でした。
鍋野沙子 :
ありがとうございました
独断ですが知恵者を呼ぼうかと思います
芝村 :
引き分け
芝村 :
2時間目ね。
10マイルかかるよ?
鍋野沙子 :
ミサさんと藤崎さんには後で言っておきます
芝村 :
はい
鍋野沙子 :
おねがいします
芝村 :
では2分待ってね
鍋野沙子 :
はい