※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

/*/

ここはFVBだよ。

不変空沙子 :小春はどこですか

小春は埠頭にいる
貴方に手をふってる

不変空沙子 :すごそばに走っていきます

不変空沙子 :「なんで今日はすぐそばにいないの」

不変空沙子 :「いてくれてもいいじゃんか」

不変空沙子 :「いやあの、こんにちは」

小春:「いそいできたんだぞ。これでも」

不変空沙子 :「ごめんなさい」

不変空沙子 :「あの、花持ってきたんですけど」

不変空沙子 :「まずは、どうぞ」

不変空沙子 :両手で花をだします

小春:「ありがとう」

小春は受け取った

不変空沙子 :「どういたしまして」

微笑んでいる。

小春:「愛してる」

不変空沙子 :「すっごい」

不変空沙子 :「うん」

小春:「?」

不変空沙子 :「愛しているよ」

不変空沙子 :「買う時すごいはずかしかった」

不変空沙子 :「そ、それだけ」

不変空沙子 :顔は最初から笑いっぱなしです

小春は微笑んだ
小春は貴方をなでた。

小春:「よくできました」

不変空沙子 :「もっとほかにないの?」

小春:「手紙の返事をだせずにすまん。今日あえるというはなしだったから、出さなかった」

不変空沙子 :「あ、うん」

不変空沙子 :「だしてよー」

不変空沙子 :「すっごいわくわくしてたのに」

不変空沙子 :「まあ、いいけど」

小春は頭をかいた。
小春は貴方にネックレスをかけた。
ヒモがずいぶん長い

不変空沙子 :「よっっしゃあ」

不変空沙子 :「ありがとう!大事だ!」

不変空沙子 :「ずっとつける」

小春:「ああ。ヒモは調整してくれ。俺じゃ分からん」

不変空沙子 :笑ってます

不変空沙子 :「うんー」

不変空沙子 :「私もよくわからないー」

不変空沙子 :「このままでいいや」

小春:「ばか」

不変空沙子 :「なんでだよ!」

小春は額にキスした。

不変空沙子 :「う…うん」

不変空沙子 :「うれしいんですけど」

小春:「こういうのがいいんだろ?」

不変空沙子 :「? えっと、どういうの?」

不変空沙子 :「うん。私は正直です」

不変空沙子 :「知ったかぶらないことにしてる」

小春は笑った。

小春:「ああ」

不変空沙子 :「な、なんだよもー」

小春:「喜んでいるがなにか?」

不変空沙子 :「なんでもないです・・・」

不変空沙子 :「なんか、会話の主導権を握られたんですけど」

小春:「そうか?」

小春は微笑んでる。

不変空沙子 :「う、うん」

小春:「俺は歩きたい」

不変空沙子 :「うん。いつまでここにいるんだろうと」

不変空沙子 :「あ、いや。国の状況ね」

不変空沙子 :「新聞と経済新聞買ったんだけど」

不変空沙子 :「いやべつに二人で歩くだけでもいいんだけど」

小春:「見ればいい」

小春は埠頭を歩いている

不変空沙子 :「はい」

不変空沙子 :ついていきます

小春:「あそこで荷下ろししてるやつらは、元海賊だ」

不変空沙子 :「はい」

不変空沙子 :周辺状況を観察します

結構働いてるね。100人は見える。荒っぽそうだ

小春:「お前のお陰だな」

不変空沙子 :「わたしなんこ」

不変空沙子 :「いや、私なのか?」

不変空沙子 :「いやあの、はい」

芝村 :小春:「よくやった」

芝村 :小春:「いい仕事だ」

不変空沙子 :「今決めたかも。まずはここの人たちからどうにかする」

不変空沙子 :「はい。ありがとうございます」

不変空沙子 :仕事は繁盛してそうですか?

芝村 :ええ。結構ね

不変空沙子 :「よかった。仕事あるみたいで」

不変空沙子 :「あの。話してこようと思ったんですけど」

芝村 :小春:「食料的に不況はきてるが、社会保護があついので助かってはいる」

不変空沙子 :「まなせさんのやつですね」

不変空沙子 :「あ、じゃあ、他の国でも社会保護すればオッケー?」

芝村 :小春:「予算がたくさんかかる」

不変空沙子 :「はい。そうなんですけど」

芝村 :小春;「この国は、オイルマネーでうるおってるからいいんだ」

不変空沙子 :「あ、はい。そうだった」

不変空沙子 :「潤ってるんなら上げればいいんじゃ」

不変空沙子 :「あげれば」

不変空沙子 :「罰金がすごいの来そうですけど」

芝村 :小春:「・・・まあ、いくら潤うとはいえ、いかんせん・・・な」

不変空沙子 :「? うん」

芝村 :小春:「十四国あるんだ。全部は無理だ」

不変空沙子 :「他の国にももちかければいいんじゃないですかー」

不変空沙子 :「なんでそう、すぐ無理とカ」

芝村 :小春:「・・・1国平均で100億だ」

不変空沙子 :「はい」

不変空沙子 :「リソースを直接投入とかもありじゃないの?」

不変空沙子 :「うちはそうだよ」

芝村 :小春:「それだけあればな」

不変空沙子 :「はい」

芝村 :小春は微笑んだ。

不変空沙子 :「私ちょっと調べた。お金がないからいっぱいすると価値が暴落して大変なことになる」

芝村 :小春:「インフレだな」

不変空沙子 :「そうそれ」

不変空沙子 :「…それだけ」

芝村 :小春は難しい顔した。

不変空沙子 :「いや、今、手厚い社会保護が必要なことに気付いてないだけだから」

芝村 :小春:「まあいいか」

芝村 :なでられた。

不変空沙子 :「これいったらなんとk」

不変空沙子 :「なんだよ」

芝村 :小春:「えらいえらい。愛してる」

不変空沙子 :「な・に・を!いいかけたんだよ!」

不変空沙子 :「全部いえー」

芝村 :小春:「子供みたいでかわいい」

不変空沙子 :「そんなにあれだったら宰相呼べばいいもん」

芝村 :小春:「おこるなよ」

不変空沙子 :「10マイルあるもん」

不変空沙子 :「じゃあ、怒るのやめる」

不変空沙子 :「でさ、やっぱり私がいま、元海賊の人と話すと流血沙汰?」

不変空沙子 :「ついでに一応成人したんですけど」

芝村 :小春:「ならないな。大丈夫だろ。いってきたらどうだ?」

芝村 :小春:「まあ、仕事の邪魔をしない範囲で」

不変空沙子 :「うん」

不変空沙子 :「殴られないかどうかが心配だったんだー」

不変空沙子 :「行ってきます」

不変空沙子 :邪魔にならなそうなところを探して、まずそこに行きます

不変空沙子 :それから、今話しても大丈夫そうな人に話しかけます

芝村 :はい。

芝村 :海賊達は貴方を見ている

不変空沙子 :ひいい

不変空沙子 :邪魔にならなそうな所に座ります

不変空沙子 :様子を伺います

芝村 :海賊はずっと見てる

不変空沙子 :どんな雰囲気ですか?

不変空沙子 :ネックレスに触ってます

芝村 :うろんげな顔で見てる

芝村 :小春がため息ついて近づいてきた。

芝村 :小春:「お前達の雇い主だ」

芝村 :海賊達:「おお」

不変空沙子 :立ちます

不変空沙子 :「話してもいいですか。突然ですけど」

不変空沙子 :>周りの人に

芝村 :海賊:「どうぞ。レディ」

不変空沙子 :「ど、どうもありがとうございます。不変空沙子です・・・」

不変空沙子 :相手の反応を見ます

不変空沙子 :表情を作ろうとしてはいませんか?怒ってはいませんか?

芝村 :海賊はじーと貴方を見てる

不変空沙子 :「さ、さっきからなんでそんなにじーと見るんですか」

芝村 :海賊:「話を、どうぞ」

芝村 :海賊:「そうだそうだ」

不変空沙子 :「すみません!」

不変空沙子 :「あの。私は政府の人なんですけど、それでもいいんですか?」

不変空沙子 :「嫌いじゃなかったですか?」

芝村 :海賊:「・・・・うらみはありますぜ。そりゃあ」

不変空沙子 :「はい」

芝村 :海賊:「でもまあ、貴方には恩義があります。あそこのすかしたにーちゃんにも」

芝村 :海賊:「話をきかせてください」

不変空沙子 :「はい。ありがとうございます」

不変空沙子 :「なにか、こう」

不変空沙子 :「困っていることがないか、と」

不変空沙子 :「何かしてほしいことがないかを聞きたいと思いました」

不変空沙子 :「直接聞いたほうが確実だと思いました」

芝村 :海賊:「・・・」

芝村 :海賊:「埃を」

不変空沙子 :「ごめんなし」

芝村 :海賊:「誇りを」

不変空沙子 :「はい」

芝村 :海賊:「おれたちに、誇りを。俺たちは、生きるためにやった、政府に奨励されてだまされた。それを、はっぴょうしてくだせえ。それだけでいいんです」

不変空沙子 :「はい。わかりました」

芝村 :海賊は頭をさげた。

不変空沙子 :頭を下げます

不変空沙子 :「すみません」

芝村 :海賊:「そしたら、海の下にいる船長も喜びます」

不変空沙子 :「はい。それはいいことです」

不変空沙子 :「…あ。いえ、すみません」

芝村 :海賊達はにーと笑った。

芝村 :海賊:「じゃあ、これで」

不変空沙子 :「な、なんですか」

芝村 :海賊達は働き出した

不変空沙子 :「あ、すみません。ありがとうございます」

芝村 :小春:「・・・」

不変空沙子 :「…」

不変空沙子 :「いや…ごめんなさい…」

芝村 :小春:「お前はよくやったさ」

不変空沙子 :「だめだったんだな」

芝村 :小春:「なにが?」

不変空沙子 :「’お前は’なんでしょ」

不変空沙子 :「政府から推奨されたということがどんなことか調べたいんだけど」

芝村 :小春:「ああ、私略船はもともと、国の制度だ」

不変空沙子 :「うん」

芝村 :小春:「当然推奨されていた。多くの海賊は喜んだ。犯罪者から脱出出来るからな」

不変空沙子 :「ええと。なにが推奨されてたの?」

芝村 :小春:「普通のやつらもそうとう、流れた。夢があったからな」

不変空沙子 :「はい」

芝村 :小春:「私略船をもつことがさ」

不変空沙子 :「うん」

芝村 :小春:「私略船もてば、減税もされた。まあ、だまされたわけだ」

不変空沙子 :「うん」

不変空沙子 :「…」

芝村 :小春:「ある日、犯罪者に逆戻り。だまされたのさ。売られたんだ、あげくに殺された。まったくすくいがない」

不変空沙子 :「はい」

不変空沙子 :「敵ではない船を襲ったというのは?うちではなかったということ?」

芝村 :小春:「……やったほうも悪意はなかったんだろうがな。だがまあ、それは俺の意見だ」

不変空沙子 :「はい」

芝村 :小春:「敵は土場だ。まあ、上と同じように、憎しみをもっていた。結果はてのひらがえしだ」

不変空沙子 :「うえとおなじように」

不変空沙子 :「つい最近まで知らなかった…」

不変空沙子 :「…。土場は敵じゃない…よ」

芝村 :小春:「まあ、上も本気で敵とかはおもってなかったんだろう。だからあわてて手のひらかえしたんだろ」

不変空沙子 :「はい」

芝村 :小春:「だったらそんなことやるな。くそが」

芝村 :#怒ってる

芝村 :小春:「すまん」

不変空沙子 :「ううん」

芝村 :小春:「最近怒りっぽい。カルシウム不足だな」

不変空沙子 :「そう?」

芝村 :小春は笑った

芝村 :/*/

芝村 :はい。おつかれさまでした。

不変空沙子 :ありがとうございました

芝村 :評価は+1+1でした

不変空沙子 :はい

芝村 :秘宝館には1,1で依頼できます。

不変空沙子 :はい

芝村 :では解散しましょう。おつかれさまでしたー

不変空沙子 :ありがとうございましたー