※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヤガミ・アリアンはふと笑うと口を開きました。
彼が義体になって最初にやったことは体が勝手に殺害衝動で動かないようにすることでした。
「俺に昔なんかない。そんなものは全部墓の下だ。今は……」

「今は夜明けの船というものがあって、そこで飛行長をしている。恋人は一人、友人はまあ、これからつくろうと考えている。昔のように」

彼は貴方の表情を見た後で言います。
「それでは駄目か?」