※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

/*/

ここはFVBだ。
海岸にいる

「こ、小春ー」
小春を探します

小春:「?」
後ろからつつかれた。
そばにいたらしい

「あ。お誕生日おめでとうございました」
「おめでとうおめでとう」
笑います

小春:「はいはい」
小春は笑った。頭をなでた。

「あ、ありがとう」
抱き締めます

小春:「お前とあえたのが、俺最大のプレゼントだな」

「う、うん」
「あの、私も…そうだと思います」
「プレゼント持ってきた」
「あ、あげる…」

小春:「どんな?」
小春は貴方を見て笑ってる

くじらのぬいぐるみをだして
キーホルダーだして
ネックレスだします

小春は驚いた?あと、受け取った
小春:「いいな。ありがとう」
頬にキスされた

照れます
「くじらはリベンジ」
「き、キーホルダーはお、…」
「な、名前が入ったやつを持ちたくて」
「ネックレスは7年くらい前に買ったんだけど、今見てもかわいいからあげたかった」

小春:「ありがとう」
小春:「愛してる」

「どういたしまして・・・」
「私も愛しています…」
「あと、忘れないように言いたいことを書いてきた。読むね」

小春は貴方をだっこしそうになって、手をとめた。
小春:「?」

「キスは楽しいものだと思っていました。恋人も楽しいものだと思っていました。
最近は違います。楽しいものではなくて、落ち着いた感じがします。
本やマンガを見たときに、恋愛ものの意味がわかるようになった気がします。

あとは、長生きしてくれてありがとう」
「い・・・以上です」

小春:「・・・長生きってなんだ。長生きって」
小春は笑ってる

「200歳超えてるから」
少し手をつなぎます
「だっことか、久々だと思う」

小春:「まあ、ほとんどねていたんだが」
小春はわらってる。
上機嫌で手を握って歩いてる

ついていきます
「だっこ・・・」

小春:「はいはい」
小春は貴方をだっこした。
キスした。

「キスうれしい」

小春はまたキスした。

顔を伏せます
「うれしい・・・けど」

小春:「?」
小春は額を貴方の頭にあてている

「こ、小春の家に…」
「いきたい」
「あ。写真」
「写真もあとで、みせる」

小春:「よし」
小春は貴方をだっこした。
嬉しそうに歩き出した。
家まで数分だ

じっとしてます

家に着いたよ。
貴方はおろされた
あいかわらず、殺風景だ。

「お、おじゃまします」

あなたがもってきたのが、全部だね

はい
「ひ、膝の上に乗る」

優しく頭をなでられた
膝の上にのせられた。

もたれます

小春は次は?という感じで貴方を見ている。

「キスしようと思うけど、忘れないように先に言っておく」
「あの、小春はお金がないの?」
「これが普通なの?」
Q:私はお金をいくらぐらい持っているのでしょうか

小春:「いや。シンプルでいい部屋だと、自分ではおもってたんだが」
小春:「貧乏と思われるとはおもわなかった」

「うん」
「あは」
「だって寝るとこないし。床上だし」

小春は貴方をおろした
壁を動かした。
ベッドが降りてきた。

ああああのります

小春は貴方を見てる。

驚きます
「な、なるほど」

小春は笑ってベッドの上に座った

「家具がないんだったら小春ように買えるなーって思って」
膝の上にいきます
小春を見…見つめます

キスされた
抱きしめられた。

抱き締めます

耳元で愛してるとささやかれた。

体重を預けます

胸を触られている。

そのままでいます

小春:「かわいいぞ」
頬にキスされた

「ありがとう・・・」

小春は頭をなでた
なんか嬉しそうに笑ってる

「大人のキスも…しよう」

小春は色っぽい目つきで、貴方の髪をかきわけた。
キスされた。舌が入ってきた。

なめます

舌がからみあってる
顔をあげた。糸をひいた。
小春は貴方の顔を見ている

恥ずかしくて見れません!

頬を指でなぞられている

「?」
小春を見ます

小春は嬉しそう。
いきなりキスされてゆっくりおしたおされた

/*/