※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

-

ホビーハイザック(Hobby Hi-Zack)

コスト:200  耐久力:430  盾:○  変形:×  サイズ:M  DP:ギュネイ・ガス  型式:RMS-116H
ブースト速度: C   ブースト持続: D

名称 弾数 威力 備孝
射撃 シールド - - シールドで全ての攻撃を受け流す。
通常格闘 ワンツーコンボ - 170 ワンツーから肩でカチ上げる。
前格闘 昇竜拳 - 110 その場で飛び上がりつつアッパー。
横格闘 ボディコンボ - 136 ボディからショートアッパー。痛そう。
特殊格闘 真・昇竜拳 - 204 重い左右ボディから2Hitするアッパー。

【更新履歴】

なし

全体的に


射撃武装を全く持たない、ちょっと出演するゲームを間違えた超格闘機。
近づかないと何も出来ない弱点があり、遠くで射撃を撃たれてるだけで詰む事もしばしば。
しかし、最終兵器射撃シールドの存在により、どんな攻撃でも防ぐ事が可能。
それをプレッシャーとしてどんどん間合いを詰めて行こう。
だが、間合いを詰めたからといって強いワケではなく、低コスト相応な点には注意。
この機体は俗に言うネタ機体にカテゴライズされてしまうかもしれない。

基本戦術


機動力はそこそこあるが射撃武装がないため、遠距離じゃ何も出来ない。
よって近づく必要があるが、全ての攻撃を捌く射撃シールドが非常に優秀。
捌くタイミングは難しいが、こればっかりは体で覚えるしかない。
極めればゲロビ照射ですら全て捌く事ができる。(ダメージは多少食らうが)
また、射撃シールド成功時の派生前格闘が非常に強力。
発生が半端なく早いため、間合いさえ届いていれば確定で当てられる。
1ステップ分以上離れている場合は我慢だ。外すと死を見る事になる。
ただし、そればっかりだと威力が低いため、余裕でダメ負けしてしまう。
よって、闇討ちN格闘や特殊格闘も視野に入れて行こう。
だが、頑張ったからと言って、所詮は低コスト。たかがしれている。


武装


《メイン射撃》シールド

[補正:80%]
攻撃があたる瞬間にタイミングよく入力する事により、肩のシールドで全ての格闘、射撃を捌く。
押した瞬間に判定が発生するため、通常シールドよりも咄嗟に出せる利点がある。
判定発生中は全身一瞬だけだが光り、その時に攻撃が来れば捌ける。
受け付け判定は一瞬のため、狙って使うにはある程度の慣れが必要。
ミスった場合は隙だらけで、大きな1撃を貰うのは覚悟した方がいい。
また、捌いたからといって相手の攻撃が止まるわけではないので、
多段Hit系の攻撃には1回のシールドでは普通に続きを喰らう。
逆に言えば、全段捌ければ問題はない。
射撃シールドが成功すると、派生で前格闘を出す事が可能。
ちなみに、捌いたからといってノーダメージではない。必ず20%のダメージを食らう点に注意。
(威力100のBRを弾いた場合は20喰らう)
何でも射撃シールドで捌いていると、気付いたら瀕死になっている場合もあるため、通常シールドとの使い分けが重要。
また、射撃シールド成功後の前格闘派生には80%の補正が掛かってしまう為、
威力下がっている点にも注意だ。


《N格闘》

左ボディ>右ボディ>ショルダータックル
左右でボディに重い拳を入れた後、ショルダーで相手をカチ上げる。
拳で語る3段攻撃。
性能的には及第点。踏込みや誘導は普通だが、発生はそこそこ早い。

派生 累計ダメ 単発ダメ BRCダメ CSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
1段目 40 40 - - 1 96% 96% よろけ
┗2段目 78 50 - - 1 92% 96% ダウン
┗3段目 170 100 - - 1 28% 30% ダウン

《前格闘》

昇竜拳
その場で飛び上がってアッパーを放つ。
発生が鬼のように早い上、超強判定。判定だけなら全機体1,2を争う。
しかしながら前進力があまりなく、1ステップ程度でも離れてるとかすりもしない男らしい格闘。
相手の格闘に対するカウンターに向く他、射撃シールドからの派生で使う事になる。

派生 累計ダメ 単発ダメ BRCダメ CSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
1段目 110 110 - - 1 50% 50% ダウン

《横格闘》

左ボディ>右ショートアッパー
レバーに重い一撃を入れた後、勢いつけたショートアッパーで相手をカチ上げる。
見た目的に非常に痛そうな格闘だが、それに反して威力は低い。
踏込みが足らない上、踏み込み速度も緩慢だが、迂回だけは良くする。

派生 累計ダメ 単発ダメ BRCダメ CSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
1段目 40 40 - - 1 96% 96% よろけ
┗2段目 136 100 - - 1 39% 40% ダウン

《特殊格闘》

真・昇竜拳
重い左ボディをレバーに1発、続けて右ボディを1発。そのまま飛び上がって2Hitするアッパーで締める。
全段Hitで強制ダウン。
前格闘以上に前進力が皆無だが、これまた同じように超強判定。威力も高い。
しかし射撃シールドからはキャンセルできない上、1Hitごとに止まるため、隙が凄いことになっている。
しかし、これを上手く当てれるようになって初めてホビーハイザックを使いこなせていると言ってもいいだろう。


派生 累計ダメ 単発ダメ BRCダメ CSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
1段目 40 40 - - 1 96% 96% よろけ
┗2段目 78 40 - - 1 92% 96% よろけ
 ┗3段目 142 70 - - 1 88% 96% ダウン
  ┗4段目 204 70 - - 2 26% 30% ダウン


意見・要望をどぞ。

名前:
コメント: