※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

-

ドーベン・ウルフ(Döven Wolf)

コスト:450  耐久力:600  盾:×  変形:×  サイズ:L  DP:ラカン・ダカラン  型式:AMX-014
ブースト速度: C   ブースト持続: C+

名称 弾数 威力 備孝
射撃 ビームライフル 6 95 低威力でリロード遅め。
CS メガランチャー - 150 高性能だが、隙が非常に大きい。
サブ射撃 インコム射出 6 30 射撃に反応し同時攻撃をする。
特殊射撃 対艦ミサイル 2 155 大型ミサイルを射出。高誘導。
通常格闘 ビームサーベル - 234 3段斬り。動作が緩慢で、とてもカットされやすい。
前格闘 両手逆手突き - 166 2段斬り。動作がトロく、2段目のリーチが短い。
横格闘 浴びせ斬り - 180 2段斬り。性能は高いが、相変わらずトロい。
特殊格闘 有線式ビームハンド - 20 腕を飛ばして捕縛。格闘と射撃で派生。

更新履歴

10/03/12:耐久力を更に増加。
09/05/08:耐久力を増加。
09/08/30:特殊格闘の後派生1段目(引き寄せ)の補正を90%→100%へ。

全体的に


重武装で、見た目通りに機動力の低い機体。
武装の種類が豊富で、全てに使い道がある。
準サイコミュ兵器であるインコムまで装備しており、射撃戦が非常に強い。
しかし良く見てみると、流石に旧機体のためか、威力、弾数、リロードに難があるものが多く、
機動力が低いのがネックになってしまっている。
使いこなせれば強いが、それまでに時間を要する機体だ。

基本戦術


機動力に不安が残る上、耐久力も別段高くないため、基本的な立ち回りは相方の援護になるだろう。
インコムの援護があるため、援護や射撃戦はかなり強め。
敵に対して設置すると、自分の射撃に合わせて同時射撃してくれるため、
擬似的な2on1が可能。かなり心強い。
全体的にリロードが遅いのが難点だが、適当に撃ちさえしなければそこまで弾切れにはならないはず。
また格闘性能は威力が高いものが揃っており、性能もそこそこよいのだが、全ての動作がトロい上に、
外した際の隙が半端なく大きい。外した際にはデカい一撃を貰う事を覚悟した方が良い。
武装は全体的に大雑把な機体だが、動きには繊細さを要求される。


武装


《メイン射撃》 ビームライフル

[威力:95][弾数:6][リロード:5.7秒][補正:50%][ダウン値:2]
旧機体のために低威力、リロードも遅めのBR。
インコムを使う時に使用しなければならないので、大切に使っていこう。


《チャージショット》メガランチャー

[威力:150][補正:20%][ダウン値:4][チャージ時間:1.25秒]
ビームライフルを腹部メガ粒子砲に接続し、太いビームを発射する。ダウン属性。
誘導性がかなり高く、着地取りに良い。
出の速さはそこそこだが、気になるのは発射後の隙の大きさ。
外した際には最低でも射撃1発は貰う事になるだろう。

《サブ射撃》インコム射出

[威力:30][弾数:6][リロード:6秒][補正:80%][ダウン値:1]
バックパックにあるインコムを射出する。カオスの機動兵装ポッドと性能はほぼ同じだが、
有線式な分、距離に限界がある。設置後に限界距離を越えてしまうと勝手に戻ってくるので注意。
ニュートラル入力で自機の周りに停滞させ、十字キー+サブ射撃入力で、敵に対して飛んでいく。
その際に、十字キーに対応した方向に飛んでいく。
設置後は自機の射撃に反応して自動的にインコムも射撃を行ってくれる。
ファンネルの自動攻撃とは違い、自分の意思で発射が出来るため、擬似的な十字砲火が可能。
射撃戦の助けになるだろう。
リロードはかなり遅め。適当に撃つと射撃とサブ射撃の両方が弾切れになる。
また、有線式でチラチラとコードが見えてしまうため、どこに設置したか大体バレてしまうのが難点。

《特殊射撃》対艦ミサイル

[威力:155][弾数:2][リロード:7秒][ダウン値:5]
バックパックより伸びたブームより大型ミサイルを射出する。当たれば1発で強制ダウン。
出が微妙に遅く、足を止めて撃つために隙はかなり大きめ。
また、弾速も一定距離飛ぶまでトロいため、近距離では使えない。
遠距離になればなるほど誘導性と弾速が上がるため、遠距離からの牽制に適している。
全弾打ち切りでリロード。ソコソコ早め。


《N格闘》

袈裟斬り>切り上げ>叩き落し
袈裟に斬り、上空へ切り上げ、宙に浮いた相手をフルスイングで叩き落す。
誘導、踏込み共にソコソコの性能だが、如何せん動作が遅すぎるのが問題。
特に3段目が溜めモーションがあるために非常に遅く、カットされやすい。
ダメージは高いため、カットされない状況なら狙ってみよう。

派生 累計ダメ 単発ダメ BRCダメ CSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
1段目 70 70 125 156 1 96% 96% よろけ
┗2段目 137 70 173 194 1 63% 65% ダウン
 ┗3段目 234 155 243 249 1 17% 27% ダウン

《前格闘》

袈裟斬り>逆手叩き付け
下から上に払った後、サーベルを逆手に両手で突きつける。
1段目の袈裟斬りが結構伸びるため、命中率はソコソコ望めそうだが、
2段目でおなじみのタメがあるために、やはり動作時間が長くなりがちでカットされやすい。
加えて2段目のリーチが短く、射程ギリギリで1段目が当たると2段目がスカる事も。
隙に関してはN格よりはマシなので、そこそこ使いどころはあるかもしれない。

派生 累計ダメ 単発ダメ BRCダメ CSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
1段目 60 60 115 146 1 96% 96% よろけ
┗2段目 166 110 180 188 1 24% 25% ダウン

《横格闘》

横払い>浴びせ斬り
横に払った後、一回転して遠心力をつけて相手の脳天にサーベルを叩き付ける。
誘導、迂回が良く、威力も高めのため、基本的には高性能な格闘。
しかし上記にある通り、1回転する、という相変わらず時間の掛かる動作をやるため、
全体的な動作時間が長いのが問題。他の格闘とはどっこいの差なので、
性能だけは高い横格闘が一番使い勝手が良いかもしれない。

派生 累計ダメ 単発ダメ BRCダメ CSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
1段目 70 70 125 156 1 96% 96% よろけ
┗2段目 180 115 193 200 1 22% 23% ダウン

《特殊格闘》有線式ビームハンド

[威力:20][補正:100%][ダウン値:1]
その場で構えて振りかぶり、腕を飛ばして相手をとッ捕まえる。
アンカーに属する武装で、Hit時に相手を捕縛する。
その後、射撃か格闘かで派生。
射撃を押すと、拘束した相手へ向けて腹部メガ粒子砲を放ち、相手を吹き飛ばす。
格闘を押すと、押しただけ高圧電流を流しダメージを与える。(最大7回程度)
格闘連打中は常時ブーストを消費するため、注意が必要だ。
格闘派生だけならば電流を流すだけなので、射撃派生の前に格闘派生で電流だけ浴びせ、
射撃派生に移行する事も可能。
捕縛中に十字キー後入力で引き寄せが可能。
その後自動で格闘に派生する。引き寄せた直後に相手の胴をビームサーベルで貫きつつ、
蹴りで吹き飛ばす。BRCは不可。
N格闘や横格闘へは移行できず、上記の専用格闘となるので注意。
出が早いわけではないため、グフの捕縛ほどの使い勝手のよさは無い。
射程も微妙に短いので、過信は禁物。
アンカーHit→電流全段→後派生まで全てがHitした時のダメージは291と、かなりの高ダメージを与える。
格闘時間が異常な程長くなるが、カットされない1on1の状況等であれば活用したい。

  • 射撃派生
派生 累計ダメ 単発ダメ BRCダメ CSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
アンカー 20 20 - - 1 100% 100% よろけ
┗射撃派生 140 120 - - 3 30% 30% ダウン

  • 格闘派生
派生 累計ダメ 単発ダメ BRCダメ CSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
アンカー 20 20 - - 1 100% 100% よろけ
┗格闘派生 28(1Hit)~76(7Hit) 8 - - 0.1 100% 100% ダウン

  • 後派生
派生 累計ダメ 単発ダメ BRCダメ CSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
アンカー 20 20 - - 1 100% 100% よろけ
┗後派生1段目 20 - - - 1 90% 90% よろけ
 ┗後派生2段目 110 100 - 183 2 81% 90% ダウン
  ┗後派生3段目 215 130 - - 1 24% 30% ダウン


意見・要望をどぞ。

名前:
コメント: