※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

-

クィン・マンサ(Quin-Mantha)

コスト:720(CPU専用)  耐久力:1600(+Iフィールド600)  盾:特殊  変形:×  サイズ:LL  DP:プルツー  型式:AMX-015
ブースト速度: D   ブースト持続: A

名称 弾数 威力 備孝
射撃 腕部メガ粒子砲 25 150 腕から太いビームを発射。弾速に優れる。
CS 一斉射撃 - 30(10Hit300) 機体を中心に扇状の範囲に一斉発射。回避困難。
サブ射撃 大型ファンネル射出 50 80 威力が既にファンネルではない。
特殊射撃 頭部3連装メガ粒子砲 20 100(3Hit244) 超高誘導の3連ビーム。高威力。
通常格闘 大型ビームサーベル - 280 巨大なサーベルを振り下ろす。高威力だが予備動作が長い。
前格闘 突進突き - 240 その巨体で突進しつつ下段に突く。正面にいると回避困難。
横格闘 薙ぎ払い - 220 巨大なサーベルを横に薙ぐ。非常に危険な格闘。
特殊格闘 スライディング - 160 豪快なスライディング。でかい攻撃範囲で長距離を疾走する。

【更新履歴】

なし

全体的に

CPU専用の大型MS。全ての武装が高火力で、何かしら当たれば取りあえず半分は削られるだろう。
特にファンネルが飛び交う中での特殊射撃、格闘が厄介な機体で、非常に回避しづらい点が挙げられる。
たとえCPUと言えど、脅威となりうる機体だ。

基本戦術

ファンネルでの牽制が非常に厄介。威力が高い上に弾が尽きることがないためひっきりなしに飛んでくる。
また、迂闊に着地しようとするとすぐに特殊射撃が飛んできて、大ダメージを食らうことになるため注意。
誘導性が非常に高く、中距離であれば誘導を切らないとほぼ食らうハメになる。
また、近づいたら近づいたで理不尽なほど範囲の広い格闘に泣かされる事になる。
どれも当たると大ダメージ必須のため、基本的にクィン・マンサの正面に立ってはいけない。
しかし、一度Iフィールドを破壊すると以降使用不能になるため遠距離から好き放題攻撃可能。
ファンネル、特殊射撃、CSに注意しつつ、まずはIフィールドを破壊することからはじめよう。

武装



《メイン射撃》 腕部メガ粒子砲

[威力:150][弾数:25][リロード:5秒][補正:50%][ダウン値:3]
腕部よりかなり太いビームを発射。ダウン属性。
非常に弾速が早く、ビームの幅が太いため、事故Hitが多い。
出もかなり早いが、幸い誘導性はそこまでないため、回避はしやすいだろう。
弾切れはないと思ってよい。

《チャージショット》 一斉発射

[威力:30(10Hitで300)][補正:100%][ダウン値:0.5(10Hitで5)][チャージ時間:1.25秒]
頭部、胸部、腕部、背部よりビームを一斉発射する。
何処に当たろうとダメージは一律10Hit300と驚異的な威力を誇る。
機体を中心に、扇状に広がるように攻撃範囲が広がっていき、遠距離になればなるほど回避は困難になる。
また背部からもビームを発射するため、後ろに回ったからといって油断はしないように。
出来れば近距離の扇状範囲が狭い部分で回避をしよう。
無理であれば大人しくシールドをすべきだ。

《サブ射撃》大型ファンネル射出

[威力:80][弾数:50][リロード:1秒][補正:70%][ダウン値:1]
背面のスカートから大型のファンネルを射出する。
ロック距離が画面端まであるため、どこまでも追って来る恐ろしいファンネル。
威力も80と、ビームライフルとさほど変わらない威力のため、かなり危険。
幸いファンネルがでかいため視認はしやすいので、きたら回避を重点的に。
リロードが1秒と、弾が尽きることはないだろう。

《特殊射撃》頭部3連装メガ粒子砲

[威力:100(3Hitで244)][弾数:30][リロード:3秒][補正:80%][[ダウン値:2(3Hitで6)]
頭部からビームを3連射。ダウン属性。
全武装の中で、一番危険な武装だ。凄まじい誘導を誇り、
迂闊に着地をしようものなら、豪快な曲がりっぷりを見せる特殊射撃に射抜かれる事必至。
中距離以降であれば、誘導を切らない限りほぼ必中と思ってもらってよいほどの誘導だ。
無論ダメージも非常に高いため、細心の注意を払う必要がある。
幸い発射前に一瞬顎を引く動作があるため、それを見逃さないように。


《N格闘》

叩き付け
巨大なビームサーベルを振りかぶり、叩き付けるだけの1段。1発で強制ダウン。
たったの一段ではあるが、威力は並ではない。
また、正面にいるとその範囲から空中、地上問わず巻き込まれる可能性が高い。
予備動作がでかいため、見た瞬間に機体横に逃げるようにしよう。

派生 累計ダメ 単発ダメ BRCダメ CSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
1段目 280 280 - - 5 - - ダウン

《前格闘》

突進突き
巨大なサーベルを腰に構え、一直線に突き出す。1発で強制ダウン。
N格闘に比べ、呼び動作が分かりにくく、踏込みがあり動作も突きのため、正面に対して非常に射程が長い。
軸があってしまうと、ガード以外では回避不能なので注意しよう。
正面にさえいなければ余裕で回避可能。

派生 累計ダメ 単発ダメ BRCダメ CSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
1段目 240 240 - - 5 - - ダウン

《横格闘》

なぎ払い
巨大なサーベルを横に一閃。ダウン属性だが、強制ダウンまではいかない。
範囲が非常に広く、出が早いため、機体正面にいると回避はかなり困難。
加えて、強制ダウンではなく、上空へ吹き飛ばされるダウンのため、各種射撃での追撃をされる場合がある。
その場合のダメージは300を超えてしまうため、一番危険な格闘。
正面にてガードする場合も、横からサーベルがくるためにガードがかなりしづらい。
クィンマンサの正面に立ってはいけない一番の理由である格闘だ。

派生 累計ダメ 単発ダメ BRCダメ CSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
1段目 220 220 - - 2 60% 60% ダウン

《特殊格闘》

スライディング
その巨体で豪快なスライディングで突っ込む。多段Hitし、強制ダウン。
威力はサーベルを用いた格闘よりは幾分低めだが、非常に長い距離を突っ込んでくるため、
中距離だろうと油断は禁物。
体ごと突っ込んでくるため、攻撃範囲が非常に広いのも厄介だ。
これも正面にいた場合は素直にガードするべき。

派生 累計ダメ 単発ダメ BRCダメ CSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
1段目 160 160 - - 5 - - ダウン


意見・要望をどぞ。

名前:
コメント: