※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

-

スタークジェガン(特務仕様)(Stark Jegan Special Ops)

コスト:450  耐久力:600  盾:×  変形:×  サイズ:M  DP:名無しのベテラン  型式:RGM-89S
ブースト速度: C (パージ時: B )  ブースト持続: C (パージ時: B )

名称 弾数 威力 備孝
射撃 ハイパーバズーカ 8 110 高性能のバズーカ。非常に使いやすい。
射撃2 ビームライフル 5 90 予備の射撃武装。低コストレベルの性能。
CS ハイパーバズーカ(散弾) - 5(20Hit100) 発射直後に20発の散弾を撒く。攻撃範囲が広い。
サブ射撃 3連装ミサイルポッド(拡散弾) 3 70(2Hit119) 3発の拡散弾ミサイルを3連射。超広範囲。
特殊射撃 3連装ミサイルポッド(炸裂弾) 3 80(2Hit144) 3発の炸裂弾ミサイルを3連射。判定が残る。
通常格闘 ビームサーベル - 211 2段斬りからブースト突撃斬り。隙はデカイが高性能。
前格闘 突進斬り - 120 サーベルを振りかぶって突撃。踏み込みが良い。
横格闘 2段斬り - 156 両手持ち袈裟斬りから払いの2段。出は遅いが広範囲。
特殊格闘 アーマーパージ - 180 増加パーツを解除しつつ突撃。シールド判定あり。

【更新履歴】

なし

全体的に:


スタークジェガンの核ミサイルを外し、援護型に換装した足の速いジェガン。
援護機体の特性を持ちつつ格闘の性能が良いという、高次元でバランスの取れた機体。
コスト450帯の中では鈍足だが、パージをすることで機動力が上がる点も見逃せない。
元の機体とは似ても似つかない、完全な別機体としてみて良いだろう。
援護機体にしては射程が短いため、遠距離よりは中距離、格闘を活かした近距離での戦いが主になる。
ちなみに格闘モーションは全て両手持ちで、突撃するモーションが多いのが特徴。

基本戦術:

スタークジェガンとは全く性能の違う機体。
あちらは格闘の存在すらないが、こっちはある上に性能が高い。
武装も誘導性の高いバズーカと超広範囲の嫌がらせが可能なCS、サブ射撃を持つため、
遠距離ではチクチク削られ、近距離では切り伏せられたりと、ウザさに関しては一流。
特に対ファンネル持ち機体に強く、僚機にいると安心できるだろう。
ただ、嫌がらせは出来るものの、遠距離での火力はかなり低い。
基本的に中~近距離で立ち回る必要があるため、回避技術は必要になってくる。
パージをすることで援護能力はなくなるものの、結構強いジェガンとして運用が可能。
コスト280のジェガンより強いため、機動力が必要な場合はパージしよう。


武装:


《メイン射撃》 ハイパーバズーカ

[威力:110(90(弾頭)+20(爆風))][弾数:8][リロード:6秒][補正:100%(弾頭)+45%(爆風)][ダウン値:2(弾頭)+1(爆風)]
スタークジェガンとほぼ同性能のバズーカ。ダウン属性。
実弾兵器のため、相殺されやすいものの、1撃で相手をダウンさせられるのは魅力。
リロードはコスト420のスタークジェガンよりは遅いが、
全体的に見れば早めなため、ガンガン使っていこう。全弾打ち切りでリロード。

《メイン射撃2》ビームライフル

[威力:90][弾数:5][リロード:5秒][補正:50%][ダウン値:2]
コスト280の射撃と同性能。
アーマーパージ時にバズーカを捨ててしまうため、この武装へと自動で変更される。
低コストレベルの射撃なので、同コスト帯と比べて射撃戦は不利になるだろう。

《チャージショット》 ハイパーバズーカ(散弾)

[威力:5(20Hitで100)][補正:100%][ダウン値:0.25][チャージ時間:4秒]
バズーカから20発の散弾を発射。8Hitでよろけを誘発させ、全弾Hitで強制ダウン。
ほぼ密着状態でないと全弾Hitしない上、あまり威力は高くない。
1発1発の威力は非常に低いが、その範囲の広さは驚異的で、近~中距離で全弾避けることは難しい。
瀕死の相手に対しての削りや、牽制として重宝するだろう。
また、本武装はファンネルに対して攻撃判定を持っており、
命中させると強制的にファンネルを帰還させるという素晴らしい特徴がある。
ファンネル持ち機体にはガンガンぶっ放していき、ファンネルに対して牽制をしよう。
ただし、チャージは長く、射程も最大で中距離あたりと短め。
また、その範囲の広さゆえ味方を簡単に巻き込んでしまうため、注意しよう。

《サブ射撃》 3連装ミサイルポッド(炸裂弾)

[威力:80(60(弾頭)+20(爆風))(2Hitで144)][弾数:3][リロード:7秒][補正:100%(弾頭)+80%(爆風)][ダウン値:2(弾頭)+0.5(爆風)]
右肩から誘導性の高い3発のミサイルを連続して発射する。
弾頭直撃時2Hitで強制ダウンで、1発の威力は高い。ダウン属性。
また直撃後、爆風が発生し、それにもよろけ判定+ダメージがある。
加えて一時的に(1~2秒程度ではあるが)その爆炎が残留するため、
それに触れた敵にもダメージ+よろけを発生させる。
全弾打ち切りでリロード。特殊射撃よりは早い。

《特殊射撃》 3連装ミサイルポッド(拡散弾)

[威力:70(弾頭)(2Hitで119)/2(散弾)(20Hitで40)][弾数:3][リロード:10秒][補正:70%(弾頭)/100%(散弾)][ダウン値:3(弾頭)/0.25(散弾)]
左肩から誘導性の高い3発のミサイルを連続して発射する。
このミサイルは一定距離を飛ばすと10発の散弾を自動で発射する。
弾頭直撃時は2Hitで強制ダウンで、1発の威力はそこそこ。ダウン属性。
散弾は3発の弾からそれぞれ発射されるため、非常に広範囲の攻撃となる。
10Hitでよろけを誘発させ、20Hitで強制ダウン。
威力はバルカン以下で、全弾当たってもダメージは低いが、これまたファンネルに対して攻撃判定を持つ。
ダメージを求めるなら近~中距離での使用を、援護や嫌がらせの場合は中~遠距離で使おう。
硬直はサブ射撃に比べると大きめ。硬直を取られないように。
全弾打ち切りでリロード。その性能ゆえにかなり長め。
また、散弾自体の射程は短めのため、遠距離で撃った場合かすりもしない可能性があるので注意。

《N格闘》

袈裟斬り>横払い>突進斬り
サーベルを両手で持ち、袈裟斬りから横薙ぎ払いに繋いだ後、ブーストで突進して胴を切り払う。
3段目は多段Hitするが、強制ダウンまではいかない。
誘導性、踏み込みともに高水準。
ダメージはそこまで伸びないが、援護機でこの性能はかなりの利点だろう。
ただし外した際の隙は非常に大きい。特に3段目を空ぶると凄まじい隙を晒すため、
外した際にはせめて1段止めをし、被害を最小限にしたいところだ。

派生 累計ダメ 単発ダメ BZCダメ CSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
1段目 50 50 113 98 1 96% 96% よろけ
┗2段目 98 50 160 134 1 92% 96% よろけ
 ┗3段目 144 50 - 155 0.3 69% 75% ダウン
  ┗4段目 179 50 - 189 0.3 52% 75% ダウン
   ┗5段目 215 70 226 224 0.3 21% 40% ダウン

《前格闘》

突進斬り
サーベルを持ち、左腕でコクピットをガードしながら突進し、袈裟に切り払う。
出が非常に早く、攻撃判定が広いため引っ掛けやすい特徴を持つ。
特にジェガンから見て右側に大きく判定が持続するため、判定が強い。
外した際の隙は大きく、威力も低めだが、それを帳消しにするだけの性能は持っている。

派生 累計ダメ 単発ダメ BZCダメ CSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
1段目 120 120 146 136 1 40% 40% ダウン

《横格闘》

袈裟斬り>斬り返し
大きく振りかぶって袈裟に切りつけた後、返す刀でなぎ払って吹き飛ばす。
1段目の出が遅めだが、リーチが長いため巻き込みやすい格闘。
誘導や迂回はそこそこで、威力は低めだが、その巻き込み性能のお陰でぶっぱに強い。
判定の強い格闘には勝てないため、ぶっぱのしすぎには注意しよう。

派生 累計ダメ 単発ダメ BZCダメ CSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
1段目 50 50 113 98 1 96% 96% よろけ
┗2段目 156 110 181 168 1 38% 40% ダウン

《特殊格闘》

アーマーパージ>突進突き
装着してる増加装甲をその場でパージする。
パージ時に増加装甲を前面に押し出し、正面からの攻撃を1撃だけ防いでくれるので、緊急回避に使えなくも無い。
多段Hitする攻撃は1Hit目を防ぐだけで貫通される。(ゲロビ照射、格闘等)
パージ後は格闘を追加入力をするとサーベルを両手で持って突進突き。多段Hitし、強制ダウン。
凄まじい誘導性、突進速度、その伸びから、ぶっぱなしや着地取りとしてかなり優秀な格闘。
しかし1度しか使えず、パージをしてしまうと援護武装が全て外れてしまうため、使いどころは考えよう。

派生 累計ダメ 単発ダメ BZCダメ CSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
1段目 - - - - - - - -
┗格闘派生 180 180 - ??? 5 - - ダウン



意見・要望をどぞ。

名前:
コメント: