※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

-

クシャトリヤ(Kshatriya)

コスト:560  耐久力:660  盾:○  変形:×  サイズ:L  DP:マリーダ・クルス  型式:NZ-666
ブースト速度: B   ブースト持続: A+

名称 弾数 威力 備孝
射撃 バインダー部メガ粒子砲 8 100 バインダーからビーム。銃口補正が良い。
CS 胸部拡散メガ粒子砲 - 50(4Hit170) 胸部から10本のビーム照射。高威力、広範囲。
サブ射撃 ファンネル射出 20 40 最高性能を誇るファンネル。使い勝手が良い。
特殊射撃 ファンネル一斉射出 20 40(5Hit134) ファンネルを全機射出。精度は甘い。
通常格闘 ビームサーベル - 209 流れるような3段斬り。2段目の後に特格派生可。
前格闘 燕返し - 146 振り下ろしから飛び上がりつつ切り抜けの素早い2段。
横格闘 上昇回転斬り - 163 払いからジャンプしつつ回転斬り。低威力。
特殊格闘 ブースト逆噴射 - 200 ブーストを正面に展開。格闘カウンター。

【更新履歴】

08/05/14:CSの仕様を変更

全体的に


パールホワイトに包まれた神々しいフォルムを持つ、元祖ファンネル持ち機体。
リロード速度、弾数共に最高性能のファンネルを持つ。
機動力も抜群で、ファンネルを用いた射撃戦では他の追随を許さない。
反面、メイン射撃と格闘全般の威力に難があり、決定打に欠ける面がある。

基本戦術


本機体を使うのならば、リロード速度良し、弾数多いと素晴らしい性能のファンネルを存分に活用し、
中距離での射撃戦を制していく事から始まる。
その射撃網は非常に厚く、機動力の低い機体にとってはかなりの脅威になる事だろう。
格闘性能も全般的に隙がなく、よく動く(特に縦によく動く)ため、カット耐性が高い。しかし火力が足りていないのが玉にキズ。
加えてメイン射撃が貧弱なため、コスト560にしては決定打に欠けるのが問題だ。
常時ファンネルを飛ばせるために非常にウザいことこの上ない機体ではあるが、
火力不足がたたり、気付けば劣勢になっていることも。
また、耐久力も低めのため、乱戦には弱い点に注意。
得意な間合いでコツコツと少しずつダメージを重ねて行くことが重要になるだろう。

武装


《メイン射撃》 腕部ビームガン

[威力:95][弾数:8][リロード:5.8秒][補正:50%][ダウン値:2]
腕からビームを発射。相手に近い腕から発射するため、射角が広めで振り向き撃ちになりにくい利点がある。
弾数こそ多いが、威力が高コストにしては低く、リロード時間も長めのため、無駄撃ちはあまり出来ない。
大切に使っていこう。

《チャージショット》一斉発射

[威力:腕部ビームガン:60/ファンネル:40(5Hitで170))][補正:80%][ダウン値:1][チャージ時間:2秒]
ファンネルを3基展開し、腕部ビームガンを両方から撃つと同時に、ファンネルからも射撃する。ダウン属性。
3機のファンネルを一旦停滞させてから発射のため、出が非常に遅いという問題点がある。
ファンネルを8基以上相手に向けて射出していると、その分だけ射撃する本数が低くなる点に注意。
全射出中はダウン属性の腕部ビームガンを発射するだけとなる。
ダウン値が1発につき1のため、ファンネルが3基残っていれば強制ダウンを奪える。
また、事前に3基停滞させておく事により、停滞させる手順が省略されるため、CSが高速化する。
威力は高く、誘導性もかなり高いため、着地取りとしてそこそこ強い。

《マルチチャージショット》両腕ビームガン3連射

[威力:50(3Hitで136))][補正:90%(3Hitで73%)][ダウン値:1(3Hitで3)][チャージ時間:2秒]
両腕を各敵機体へと向け、ビームガンをそれぞれ3連射する。ダウン属性。
マルチチャージショットにしては出がかなり早い上、1発ごとに誘導と銃口補正が付く。
加えて1発当たるだけでもダウンを奪えるため、非常に高性能。
威力こそ低めではあるが、格闘をカットしに来た相手に対してマルチで返す等の使い方が可能。
無論着地取りとしても使いやすい性能である。

《サブ射撃》ファンネル射出

[威力:40][弾数:20][リロード:2.2秒][補正:80%][ダウン値:1]
背面部スカート裏よりファンネルを射出する。長押しで連続射出が可能で、最大10基射出ができる。
ニュートラル入力で自機の周りに停滞させ、十字キー+サブ射撃入力で、敵に大して8方向に射出方向を設定できる。
停滞時には、特殊射撃入力でファンネルが射撃を行う。
リロード時間、弾数共に全機体中最高の性能を持つ。
非常に使い勝手がよく、乱用しない限り弾切れも発生しないため、
常時ファンネルを踏まえた射撃が行える。中距離での圧倒的強さを誇るキュベレイの生命線。

《特殊射撃》ファンネル一斉射出

[威力:40(5Hitで134)][弾数:20][リロード:2.2秒][補正:80%][ダウン値:1(5Hitで5)]
待機中のファンネル全てを一斉に射出する。
ニュートラル入力で自機の周りに停滞させ、十字キー+特殊射撃入力で、敵にまとめて射出する。
敵に対して一斉射出した場合、ファンネルの射撃精度は1基づつの射出よりは落ちる。


《N格闘》

袈裟斬り>回転袈裟斬り>胴抜き
右手のサーベルにて袈裟に斬り、その勢いを持って一回転しつつもう一度袈裟斬り、
最後に左手のサーベルで胴を抜いてダウンさせる。
よく動く上に動作が短く、誘導性や踏み込みも良しと性能は高い。
威力は高コストにしてはかなり低めになっているため、火力不足なのが唯一の欠点か。
また、2段目から特殊格闘に派生が可能。威力が上がり、高コストらしいダメージにはなるのだが、
動作が長く、その場で回転するだけの動作になるため、カット率がグンと上がってしまう。
カットされない状況ならば派生で大ダメージを与え、それ以外ならば派生しないようにしよう。

派生 累計ダメ 単発ダメ BGCダメ CSCダメ MCSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
1段目 50 50 105 139 128 1 96% 96% よろけ
┗2段目 108 60 160 182 183 1 92% 96% よろけ
 ┣3段目 209 110 230 233 230 1 37% 40% ダウン
 ┗特派生1段目 136 30 183 203 204 0.6 83% 90% ダウン
  ┗特派生2段目 161 30 204 210 204 0.6 75% 90% ダウン
   ┗特派生3段目 184 30 223 228 223 0.6 68% 90% ダウン
    ┗特派生4段目 204 30 239 225 222 0.6 61% 90% ダウン
     ┗特派生5段目 256 85 - - - 0.6 21% 35% ダウン

《前格闘》

振り下ろし>飛び上がり切り上げ
サーベルを振りかぶって叩き付け、返す刀で飛び上がりつつ切り上げて吹き飛ばす。
誘導性、踏込みが非常によく、動作の短い高性能な格闘。
威力は低いのは欠点だが、扱いやすさからそこまで問題にはならない。
非常にカットされにくい動きをするため、混戦時の使用にも向く。

派生 累計ダメ 単発ダメ BGCダメ CSCダメ MCSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
1段目 55 55 110 144 133 1 96% 96% よろけ
┗2段目 146 95 171 181 181 1 43% 45% ダウン

《横格闘》

横払い>飛び上がり回転斬り2段
左手のサーベルで横に払い、飛び上がりながら回転斬り2段。
これまた動作が短く、カットもされにくいが威力に難のある格闘。
迂回もよくするが、多少踏込みが足らないマイナス面がある。
横格闘範囲に入っていれば問題はないが。

派生 累計ダメ 単発ダメ BGCダメ CSCダメ MCSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
1段目 55 55 110 144 133 1 96% 96% ダウン
┗2段目 122 70 174 176 169 0.5 58% 60% ダウン
 ┗3段目 163 70 183 191 193 0.5 35% 60% ダウン

《特殊格闘》

回転乱舞5段
その場で回転しつつ2度連続して斬りつけ、次に軽く飛び上がりながら回転斬り2段。
トドメに着地と同時に両手でX字にしつつ相手の脳天に叩き付けを行う。
誘導が全くなく、その場で格闘を始めるため、密着以外ではほぼHitしない。
そのため非常に使いにくい格闘なのだが、判定がかなり強いため、カウンターとして強烈。
威力も高めで、出が非常に早い。
また、全方位に攻撃判定が発生するため、相手の僚機を巻き込むことも。
その場から動かない上に動作時間が長めのため、カットには気をつけよう。

派生 累計ダメ 単発ダメ BGCダメ CSCダメ MCSCダメ ダウン値 累計補整率 単発補正率 属性
1段目 50 50 101 142 123 0.6 90% 90% よろけ
 ┗2段目 95 50 141 170 161 0.6 81% 90% よろけ
  ┗3段目 136 50 178 203 196 0.6 73% 90% ダウン
   ┗4段目 173 50 211 226 227 0.6 66% 90% ダウン
    ┗5段目 226 80 236 238 236 0.6 18% 28% ダウン


意見・要望をどぞ。

名前:
コメント: