※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

探検機材(あーるしーえーいちにさんえー/RCR123A)



ウルトラファイア(UltraFire)製の充電式電池 別名LC16340
コスト面で非常に高価である、CR123Aと言う形式の3.0Vの特殊電池の充電電池版
カメラや高出力ライトに使われるが一本定価800円という尋常ではない値段であるが
坑道探険では光の届きや明るさを求め、高出力ライトが好まれるが通常電池では電力不足や形式が合わない。
平均で高出力の小型ライトはCR123Aを一本、高出力中型ライトは二本~三本を使用し、
超高出力ライトは四本~五本を使用し車の電力を上回る種類もある。
連続使用時間は1時間~8時間と差がありCR123A(800円)を毎回数本買って財布に優しくない。
そこで救世主となるのが、このRCR123A(LC16340)と言われる保護回路つきリチウム式充電電池である。
価格は一本500円~600円の範囲である。充電式であるために何度も繰り返し使用ができる。
電圧は3.0V・3.6V・3・7Vと同じ形式でも電圧の違いがあることに注意を要する。
このウルトラファイア(UltraFire)と言われる会社は高出力LEDライトを販売する会社であり、
強力な出力を維持する為、電圧が違うタイプがある。

注意点
通常日本製の高出力ライトはCR123Aの通常規格電圧3.0Vである為に
この充電電池を選ぶ場合は3.0Vを選ばないと電圧がかかりすぎ最悪故障の可能性もある。
海外製高出力ライトの場合は3.6Vを選んでも問題はない。むしろこの電圧以上で
使用しても許容量のオーバーまでは充分空きがある。
海外製超高出力ライトの場合は3.7Vを使用する事によりメーカーが表示する光量が実現できる。
(3.0VのCR123Aの電池でも使用できるが光量は劣る。)

同じメーカーより単三電池と同じ規格の高電圧電池(14500型Li-ion電池)もラインナップされている。
(海外製のライトに限る)

使用可能ライト(同社ライト・シュアファイアー・スーパーファイア等他 高出力LEDのCREE搭載
ライトなら抜群の相性を持つ。)
中華ライトと言われる中国製の過激な出力のライトはこの手の充電電池使用を考えられ作られている。



添付ファイル