※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初心者の館

初心者向けの基本的な事のページです
基本的なことについての説明

熟練度

レベル。
それ以下でもそれ以上でもない・・・・と言うことはなく、攻撃時に与えるダメージに影響すると言われている。
熟練度が高いと与えるダメージ量が増加する
熟練度が低い人が熟練度が高い人に挑んだ場合に出る『青い炎』というのは「最初のターンのみ、命中回避が増加する」というもの。いわばラッキーアタック。
どのぐらいの補正が入るのかといった詳細は知らん
ほかに熟練度が10上がるごとに特性がLv1分増える

直感

オールレンジでの回避率に影響する。
索敵の成功率にも影響。
索敵が失敗すると与えるダメージが大幅に低下するんであった方が良い。
NT武器の命中率や切り払い率にも関係しているらしいが詳細は知らん
切り払いはNTレベルのほうが大きく影響してるのでそっちを重視しよう

操縦

オールレンジでの命中率に影響する。
また、この値が「移動力」に関係する。
このゲームは移動力がかなり重要だから上げておいて損はなし
100毎に移動力が1増加する。よってきりのいいところまで上げてるランカーが多いのはそのためであったりもします。

寄付について

寄付は秒単位で0~4まで動いているらしいが詳細は不明
最初に1回寄付をしてみて時計見ながらタイミングを計るとちょっとだけ上手くいくかも

戦術

戦術はかなり大事です
移動系攻撃系ともに特になしは駄目です必ず戦術を入れましょう
団体戦術も重要です。できるだけ設定しましょう。

優勝戦などにおける損傷について

優勝戦やトーナメントなどではある一定の条件で機体が損傷する(=耐久、EN、運動性、装甲、索敵のうちどれかひとつがランダムで1下がる)ことがあります。
細かい算出式は知らないけれど運動性が高く装甲が低い機体ほど傷が付きやすい傾向があります。
また、優勝戦では自分の機体の苦手な地形であると損傷することがあります。
この損傷は直すことができないのでできるだけ優勝戦を挑むときは仮想空間で挑む(仮想空間では損傷しない)か、不壊仕様カスタム(運動性と装甲の値を同じにする。ただし、格納庫画面で表示されるときの値であることに注意)して損傷を防ごう。
損傷した機体の価値はかなり下がるので気をつけようぜ

以下他のHPからの引用です

特性

特性について
色々有って何を付けたら良いか悩みます…が、戦闘に大きく影響する項目ですから、有用な物だけでも覚えておきましょうね。

特性はフラナガン機関の特性開発室でポイントと名声を支払って身に付けることが可能です。特性を外す時も同様にポイントと名声を支払うことで可能です。
特性は「1+熟練度/10(切捨て)」Lvまでつけることが可能です。
ちなみに名前の横の★は私の個人的な評価Lvです、ただし使う目的、環境によっては差が出てくるでしょうから目安くらいで見てくださいね。


豪胆 ★
  地上適正アップ 宇宙適正ダウン

おおらか ★
  水中適正アップ 空中適正ダウン
  L3以上でテンション変化確率60%、変化量Lv/3UP

冷酷 ★
  宇宙適正アップ 地上適正ダウン

さわやか ★
  空中適正アップ 水中適正ダウン

短気 ★+
  近距離命中率アップ、中距離回避ダウン (±元値のLv/20倍)
  L3以上でテンション変化確率60%、変化量Lv/3UP

熱血 ★
  近距離回避アップ、中距離命中率ダウン (±元値のLv/20倍)
  L3以上でテンション変化60%、変化量Lv/5DOWN
  Lv5以上で、ランダムにテンションがLv/5上昇

中途半端 ★+
  中距離命中率アップ、遠距離回避ダウン (±元値のLv/20倍)

凡庸 ★
  中距離回避アップ、遠距離命中率ダウン (±元値のLv/20倍)
  L3以上でテンション変化確率80%、変化量Lv/3UP

沈着 ★
  遠距離命中率アップ、近距離回避ダウン (±元値のLv/20倍)
  L3以上でテンション変化確率80%、変化量Lv/3UP

策士 ★
  遠距離回避アップ、近距離命中率ダウン (±元値のLv/20倍)
  L3以上でテンション変化60%、変化量Lv/5DOWN

※手が早い ★
  「格闘」の発生確率アップ (Lv5、10の二段階らしいです。)

※機転が利く ★
  「連続射撃」の発生確率アップ (Lv5、10の二段階らしいです。)
  L3以上でテンション変化60%、変化量Lv/5DOWN

※冷静 ★
  「精密射撃」の発生確率アップ (Lv5、10の二段階らしいです。)
  L3以上でテンション変化確率60%、変化量Lv/3UP

自惚れ屋 ★
  「挑発」の発生確率アップ
  L3以上でテンション変化60%、変化量Lv/5DOWN

一途 ★
  「集中」の発生確率アップ
  L3以上でテンション変化80%、変化量Lv/5DOWN

暴走ぎみ ★
  6増加毎にスキル「特攻」の距離延長(初期は近距離のみ)
  L3以上でテンション変化確率60%、変化量Lv/3UP

しぶとい ★
  6増加毎にスキル「回復」の距離延長(初期は遠距離のみ)
  L3以上でテンション変化確率80%、変化量Lv/3UP

執念深い ★
  「反撃」の発生確率アップ
  L3以上でテンション変化確率60%、変化量Lv/3UP

気前が良い ★
  団体戦時のサポーター能力(補給物資)アップ(ENの補給量に+LV×2、残弾の補給量に+LV/5)
  L3以上で変化80%、変化量Lv/5DOWN

倹約家 ★
  団体戦時のサポーター能力(EN回復)アップ

ごうつくばり ★★★
  バイオセンサー装備時の戦果が増加 トーナメントの獲得名声減少
  L3以上でテンション変化60%、変化量Lv/5DOWN

新しものずき ★
  「Iフィールド」消費EN減

おとぼけ ★
  「拡散ビーム」「大型投光機」消費EN減
  L3以上でテンション変化確率60%、変化量Lv/3UP

頑丈 ★★
  「シールド防御」発動確率アップ
  L3以上でテンション変化60%、変化量Lv/5DOWN

ずうずうしい ★
  寄付時の名声、または優勝戦勝利時の名声の上昇幅が増加 戦果入手量が減少 (バイオセンサー装備時のみ)※非装備時の場合、効果なし
  L3以上でテンション変化80%、変化量Lv/5DOWN

器用 ★
  整備費減少
  L3以上でテンション変化確率60%、変化量Lv/3UP

攻撃的 ★★★
  「攻撃重視」補正アップ
  L3以上でテンション変化60%、変化量Lv/5DOWN

逃げ腰 ★★★
  「回避重視」補正アップ

イタズラ好き ★★★
  「撹乱重視」補正アップ

真面目 ★★
  「操縦重視」補正アップ
  L3以上でテンション変化60%、変化量Lv/5DOWN

けちんぼ ★
  機体損傷率増加 ただし、まれに損傷回復
  L3以上でテンション変化確率80%、変化量Lv/3UP

ナルシスト ★★★
  訓練・強化成功率アップ
  L3以上でテンション変化80%、変化量Lv/5DOWN

人間嫌い ★★★+★★★★★★★
  オーバーカスタマイズ成功確率増加
  L3以上でテンション変化60%、変化量Lv/5DOWN

運が悪い ★
  チーム戦、誤射増加 「けちんぼ」の回復効果減少、訓練・強化成功率ダウン 通常カスタマイズが稀に失敗する
  L3以上でテンション変化確率80%、変化量Lv/2UP

お笑い ★
  OT必殺技「麻痺」の発動率上昇
  Lv5以上で、ランダムに相手のテンションがLv/5減少
   下の効果追加で ↑これは消えたのかな?未確認です。
  L3以上でテンション変化60%、変化量Lv/5DOWN

おっちょこちょい ★★+
  チーム戦、誤射増加
  L3以上でテンション変化確率80%、変化量Lv/2UP

注意深い ★+
  索敵成功率アップ
  L3以上でテンション変化60%、変化量Lv/5DOWN

手が早い、機転がきく、冷静はそれぞれLv5で25%、Lv10で33%の確率でそれぞれに対応するスキルを発動させる

虹裏仕様の特性についてはメニューのMST@双葉欄のデータを参照してください

オススメ武器


・ガトリングシールド
シールド効果、近、中距離の射程を持ち合わしており尚且つ安定した威力と弾数が魅力
相手と撃ち合いになれば上記の効果で有利なのは間違いなし
ただ実弾なのでにシールドに防がれたり、フェイズシフトに無力なのが欠点

・ビームライフル
何をいまさら感が漂う武器だが、侮るべからず
射程20~60と広く、威力や弾数も平均をちゃんと保っている
消費ENが20なのでENが400ある機体で使えば弾切れまで間髪いれずに発射可能
ビーム兵器入門にどうぞ

・大型ビームサーベル
射程0~30という近距離全域をほぼカバーし、威力90という有能武器
近距離で何を装備すればいいか迷ったら取りあえずこれ装備しましょう
消費EN30なところが嫌になってきたら初心者脱出。他の武器を探してみよう

・バズーカ
威力が高く、中距離全域をほぼカバーする有能武器
中距離で何を装備すればいいか迷ったらこれで
より高威力を目指すなら大型バズーカ。シールドに困ったらビームバズーカ
弾数が不安に思ったらマシンガン系などの武器に転職しよう

・ビームカノン
威力が高い割に消費ENが低い有能遠距離武器
遠距離と言えばスナイパーライフルと思って装備したら10回しか撃てなかった!
そんな経験をした方はビームカノンを装備しましょう
ただし、射程が50~なので完全な遠距離専用ではないので注意して

・ビームランチャー
ビームカノンの上位武器と思ってもらうと分かり易い
攻撃力160とまさに強力。ENが尽きてもチャージしてくれるのでバカスカ撃てるのが素晴らしい
射程が遠距離なので近、中距離相手には射程外で攻撃できるのがもはや犯罪的。
ちくしょう反則だ!って人はビームバリアで無効にしてしまえ!
重いのが難点で重量に余裕が無いと装備すら出来ないのが辛い

・グレネードランチャー
地味だが攻撃力105だったり隠れた威力。弾数も12発と短期決戦にはもってこいだ
重量が4と軽くビームバリアなどと併用することも簡単で便利
射程が16-30と独特であるのも良い感じ

・プラズマリーダー
広射程、シールド無効、低ENと何この便利武器
威力も60であるが性能を考えれば優秀
ビームバリア系は勿論、PS装甲でも弾けないので厨装備な相手にはこいつでもお見舞いしてやろう

・ビームナギナタ
シールド効果と攻撃力80もあり殴り合いでは最強クラス
おまけに弾数は99で弾切れの心配は無いがEN消費が20と連戦には少々不安も
シールド以外の効果で弾かれることは無いのでPS、ビームバリア系を装備した相手にも安定して使える

・サブロックガン
威力95で射程20~55。弾数15……どのへんがオススメやねん
という突っ込みするのはちょっと待って下さい
実はこの武器、水中で攻撃力が上がるんですよ。取りあえず戦場が水中ならこれ装備しといて損はないかと

・ビームバズーカ
攻撃力140とランチャーに劣るものの軽さは半分で重量が低い機体にも装備可能
ランチャーと違い中距離射程なので中距離特化の人向き
ENチャージもあるのでENが低い機体でも安心して相手をぶっ壊して差し上げることが可能ですわよ

・マゼラ・トップ砲
実弾なのでENを気にせず攻撃力80をお見舞いできる
ビームカノンの実弾版と解釈すれば問題ない
弾数は20あるので簡単に弾切れにはならず中、遠距離射程とビーム系のライバルは多いがEN消費の装備(バリアなど)と相性は抜群

・クロー(小)
射程は短いが逆にその短さを利用することで真価が発揮される。またシールド無効が付いているのでナギナタに対しても強い
純クローは重くEN消費も大きいのでこちらを使うのが基本

・ハイパーハンマー
威力が凄まじく、移動力勝ちが決まればこれほど脅威なものはない近距離兵器
操縦、運動狂が持った時には…勘弁してください

・ビームマシンガン
某つまらない方のACではジェネレータから火を吹く武器として有名だがMSTでは違う
射程20~55をカバーし、弾数が60、しかもENチャージがある癖に消費ENは1というイカサマ武器
ビームバリア系やフェイズシフトと相性抜群。威力55ってのが唯一の欠点?

・ライフル
なぜ……いまそんな武器を? と思ったお前! ……失礼、あなた!
この子の射程を見てやって下さい。まぁすごい、40~90ですって
しかも威力100とか「ははっ!とんだところに名銃がいたもんだ!」
まぁ弾数10発なんですけどね(泣)

・有線メガ粒子砲
人によってはこの武器の名前を見るだけで吐き気を催すでしょう
威力140。この時点で強いです。しかしこれで終わりじゃない
なんとNTだと威力が上がるんです。ただでさえ140なのにですよ?
NTレベルが最大だと2倍近く高くなります。死ねます
しかしサイコミュ兵器なのでオールド以外は切り払いが可能でビームバリア系でも無効化できます
まぁ威力の点においては通常武器の中では最強でしょう

※武器について
最終的な攻撃力は「武器の威力×~~」といった単純なものではありません
つまり、武器の威力が倍なら単純に与えるダメージも倍……にはならないんです
武器の威力は高ければいいというものではなく
自分の得意な距離と武器の射程、攻撃回数、効果などの要因も選択時には考慮しましょう
勿論、威力が高いに越したことはありませんが
10や20の威力を求めて他の要素を犠牲にするのは賢い選択ではないと覚えておきましょう


勝ち指南

なかなか相手に勝てない。そんなあなたに勝つためのコツを伝授
覚えておいて貰いたいのが優勝戦で負けた場合はそのまま再挑戦をしても効率が悪く運要素に賭ける勝負なので良くありません
ちゃんと攻略方法はあるので調整さえしっかりすればどんな相手にも有利に戦闘を運べます
まず勝つためには負ける原因を探りましょう、負ける要因の多くは性能やステータスの数値の差を除くと以下

射程に入り込めない 戦術負け

射程について
これは移動力が相手より低いため潜り込めないケースと足止めで射程に持ち込めない2つのケースがあります
移動力は操縦の1/100+運動性の1/6+1が基本の移動力となります
強化スラスターを装備することでさらに+10できるので見過ごせません
相手に移動力が勝っていても武器の射程が被っていると相手から攻撃を食らうので殴り合いを選ぶか射程外レイプを選ぶかは好みで
足止めで持ち込めない場合……戦術を相手を捕捉~にする→同射程で有利に戦う
ダミーバルーンを装備する→足止め無効化……対抗策はこんな感じです。
捕捉の戦術にすると移動力が0.3倍になるので注意、バルーンは1/6で索敵失敗、1/20のENを消費する、偵察装置とEWACで無効化されてしまうので注意
足止めは防がなくても相手と同じ射程の武器を装備することで射程が被るので確実に殴り合いに持ち込めるため武器の選択も非常に重要です
また機雷を装備することで相手を"確実"に足止めできるため戦術と掛け合わせて射程外レイプが容易になります
しかし機雷は1/20のEN消費と1/10で0から機体の1/5の耐久をランダムで食らうことから非常に使いづらいのが欠点です

戦術について
戦術による補正

  • 移動系戦術
		命中	回避	攻撃	防御	移動力
特になし		1.0	1.0	1.0	1.0	0.1
敵を足止めする	0.8	1.2	0.8	0.8	0.3
移動を意識する	1.0	1.0	1.0	1.0	1.0
敵を捕捉し移動	1.2	0.8	1.2	1.2	0.5


  • 攻撃系戦術
		命中	回避	攻撃	防御
特になし		0.4	0.4	1.0	1.0
攻撃重視		1.1	0.8	1.3	0.8
回避重視		0.9	1.3	0.8	1.4
撹乱重視		1.3	1.2	0.9	0.8
操縦重視		1.0	1.0	1.0	1.0

これらを掛け合わせた値が最終的な戦術補正値となる。
戦術負けしている場合は更に

		命中	回避	攻撃	防御
		0.4	0.4	1.0	0.5
の補正が掛かる。

見てわかる通り戦術負けの補正は無視できない
射程に入っているにも関わらず攻撃が当たらない場合は戦術を見直そう