※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

種類別簡易攻略



暗殺


見つかると警戒度が上がるので、可能な限り隠密を心がけること。
屋根上の敵は落下して発見されないよう後に回す。
また、暗殺対象の周囲には護衛の武士がついている場合があるので、その場合は一人ずつおびき寄せるか気絶玉などを使う。
対象の待機場所が二階など高い場所の場合は、あえて姿を見せておびき出し、下に落としてしまうと血祀を狙いやすくなる。
尚、暗殺対象さえ倒せば終わりなので、
わざと見つかり暗殺対象を誘き寄せ警戒が解けたら飛び出して血祀というのも一つの手。
例・「わざと見つかり暗殺対象を誘き寄せる→警戒が解けるまで高い建物の屋根に隠れる
→警戒が解けたら屋根の上から対象の背後に着地(もしくは対象の真上に落下)
→護衛の者が気付いても構わず成功
侍大将は目が良いので周りに居る兵に見えない距離を保てば隠密のまま侍大将のみを誘き出せる。


全滅


数人固まっている場合があるが、姿を見せたり忍具を活用しておびき出せば血祀れる。
用心棒はあまり動かないので見つけにくいが、逆に見つけてしまえば血祀を狙うのは容易。
見つかったら慌てず距離を取り、屋根に上るなどしてやり過ごすこと。
ごく稀に中ボスも出現、
そいつを井戸に落とすと死なないで下を歩いているのが見える場合がある

  • 特記事項
貞女依頼の「派手に祀れ」、千軒町での用心棒全滅任務は、
配置人数が暗殺規定人数を超えている。
バグなのかは分からないが、一人にでも発覚すると
市中全域に発見の知らせが伝わる様子。
(暗殺対象でない商人か町娘がいる可能性も?)
結果、評価画面で「口封じ」と出ても、祀られた勢力の御蓮は下がってしまう。
隠密以外手が無いのが相当マンドクサイが、御蓮を気にする人は、発覚した時点でリトライしよう。
※追記:台詞「であえ」や法螺貝、警鐘は周囲の敵も発覚状態にしてしまう。
(「であえ」<法螺貝<警鐘の順に範囲が広い?)
おそらくその時点で姿を見られている事になる模様。


決闘


血祀可能な敵であれば、血祀って終わり。
忍者の中忍は発覚中に攻撃のスキをついて血祀る事ができないので注意。
血祀れないヤツは普通に戦うしかないが、体力が一定以下になると撤退する。
とりあえず、穴に落とせ
というか大名以外は受けるメリットなし


警護


難易度が高い任務。
回復玉や回復薬を用意すること。
投げつければ味方も回復できる。
蛮族はもとより、忍者などが相手の場合でも、
味方と戦っているなど背を見せてる敵に対して積極的に血祀を狙うべし。
キヌは背後からの血祀が遅くて味方に邪魔されやすいので、ゴウの方がやりやすい。
どうしてもキヌでやりたいなら、空中血祀の方が邪魔されにくいのでなるべくそっちを使う。(+それなりに強力な忍具を用意する)
味方を血祀るか3回斬ると裏切った事になる。
ただし、戦闘中に斬ってしまっても許される。
しかし、戦闘中でも味方を血祀ると
裏切り行為になるので注意しよう。


襲撃


難易度が高い任務。
高ランクの火薬玉を使うのが最も簡単。
牛車の進行ルートに強力な埋火を置くのも気づかれにくくて楽。
しかし、埋火は処理落ちで消える場合がある。
敵が多羅場忍軍の場合、牛車に乗ってると
砲撃などの被害で牛車がダメージを受ける。
モスのクナイは牛車に当たる。


護衛


難易度が高い任務。
基本は警護と同じだが、護衛対象が移動しているので
敵に気を取られて見失わないように。
ちなみになぜか牛車も回復玉や回復薬で修理できる。
牛車が大きいので回復は楽。
耐久力もあるので警護よりかは非常に楽。


輸送


まずは荷物を床に置いて敵の排除。
ルートさえ確保できれば無理に全滅させなくとも可。
荷物系は鍵縄を足元に掛ければ飛ぶのでジャンプ出来ない高さの塀を越せる


強奪


後ろから忍び寄って一人ずつ血祀。
ボス格がいると発覚しやすいので、
その場合は屋根の上や遠方から気絶玉を投げる。
なお、荷物を持っている武士を倒せば進行は止まる。
調合で強力な混乱玉を作り敵同士で乱闘させてる間に盗ると楽かも。
敵を殺さず見つからずに強奪する任務があるが、
気絶玉で気絶させたあと荷物を拾う時に血祀しないように注意。
手裏剣等を投げて荷物を動かすと良い。
(思いのほかふっ飛ぶので崖等への落下にも注意)


泥棒


最低でも逃げ道周辺の敵は排除すること。
荷物を担いでいる時は、壁などを上れないことを忘れないように。
米俵または金庫を複数盗む場合は、ひとつ持ち出すと
任務を続けるか聞かれるので、続行を選んで再度取りに戻ればOK。
隠密不殺の任務もあるが、
一度荷物の位置を把握してからロードし直せば潜入ルートも考えやすい。


誘拐


対象を普通に後ろから担ぐと、騒いで発覚状態になるが、
真横から or 前から担げば騒がれない。
尚、前から捕まえる時は、いきなり目の前に出るなどして「驚かせる」ことが必要。
驚いてる間に担ぐ。遅れると発覚するので素早く。
この時の驚く声には付近の敵も反応しないので、自信があればゼロKILL誘拐も可能。
なんでもいいから簡単にしたい、という人は逃亡ルートを掃除して、対象に忘却玉。


救出


見つかると危険なので、敵は全て倒してから檻を開ける。(檻の前で△ボタン)
敵を倒している間にある程度檻の位置を把握しておくとラク。
商人救出などの開始段階で救出済みの任務の場合、
敵を発見すると騒いで見つかる恐れがあるので、気絶玉を活用しつつ進むが吉。
また、移動速度が速すぎると追いついてこなくなり、見失うと消滅する場合もある。
二人以上を救出する場合でも一人を担いで歩くと丁度良い速度になる(誘拐と同じく、対象に△ボタンで担ぐ事が可能)。
金剛関など罠のあるMAPでは罠にも注意。
武士だましを食って自爆されやすい。食べられるものでも、2個目以降は食べずに懐にしまってしまうので、最初に疾風or気絶系の武士騙しを与えるのも吉。


収集


殺す必要はないが、収集品の発見に時間を要する可能性もあるので、ある程度は排除しておく。
忍法・鼻革命を使うのもアリ。
収集品が「きのこ」の場合、拾ったとき「キノコ」になることがあるのでお得。
対象と同種の素材を装備しておくと、それも取得数にカウントされるため、数によっては収集作業無しにクリアする事も可能。(尚、任務1回で送れる収集品の数は最大99個。報酬は割に合わないが…)
増強の場合、シュリケソも同一素材扱いになるらしい。
まきびそは未確認


偵察


任務の地は様々な場所。
モデルチェンジや裏庭のユニットを増やすなら、
この任務だと失敗にならないからオススメ。
死体は消えてしまうかもしれないので予めキープしておくと良いかも。
暗鬼の森では熊が出るので注意。
また、任務の説明で『光る石』のうわさが出ている場合、
マップ内をくまなく捜索すれば『魂の欠片』を入手することができる。
瓦版に『光る石』のうわさが出ていなくてもよい。
橋の下や高い場所などを探すべし。


決戦


ラスボス戦限定任務。
最初の多羅場忍者たくさんとの戦いは無視してもよい。
全滅させたい場合、キヌが投げる煙玉が邪魔なので、彼女がいる入り口付近から離れて戦うのが吉。
冑(+多羅場忍者×2)との戦いは、まともに戦うと危険なので忍具を使ってさっさと終わらせる。
なお、上手く隠れて冑を通常状態に戻せば血祀することもできる(気絶or忘却させる方が楽だが)。
ラスボスの我無乱は攻撃力が高いため、腕に覚えがある人以外は回復薬を多めに持っていこう。


任務別獲得肩書き


0~29 30~59 60~79 80~89 90~100
米関係 米好き 米忍者 米頭 米大将 米将軍
金・強奪関係 守銭奴 こそ泥 強奪職人 強奪鬼
殺害関係 虫も殺せぬ男 通り魔 暗殺者 始末屋 人間兵器
誘拐 小悪党 ひとさらい 誘拐魔 さらい上手 神隠し
救出 無力漢 人助け 救出野郎 救いん坊
凡用1 雑用係 過失 便利屋 仕事人 敏腕
警護 弾よけ 付き人 用心棒 鉄壁 守護神
牛車護衛 牛車のフン 腰巾着 牛車案内人 牛車御用達 牛車の友
凡用2 忍モドキ 三流 中忍 上忍 忍大将
非道 餓鬼 邪道 不義 鬼畜 阿修羅
収集 節穴 収集趣味 収集家 収集名人 集め鬼
熊殺し 熊好き 熊封じ 熊狩り 熊殺し
牛車破壊 足手まとい 邪魔者 襲撃者 壊し屋 破壊神
輸送系 輸送事故 遅配 運び屋 速達 疾風