|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

eCipherGate

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

eCipherGate(イーサイファーゲート)はデータベースシステムに対する総合セキュリティーシステムです。
データベース・アプリケーション間のミドルウェアとしてデータの暗号化・復号化とアクセス制御を
自動的に行います。

[特徴]

eCipherGate(イーサイファーゲート)はアプリケーションとデータベースの間に入り、
やり取りされるデータを自動的に暗号化/復号化するミドルウェアです。

■ ODBC、JDBCと同様のインターフェース
 アプリケーションとのインタフェースはODBC、JDBCと同じです。

■ 軍事レベルの暗号強度
 DES、AESよりも暗号強度が高く、暗号化/復号化速度が速い独自暗号化エンジンを採用。

■ ユーザごとのアクセス権限を設定可能
 アプリケーションのユーザ毎にアクセスできるデータを行:列単位で管理可能

■ 安価な導入コスト
 関数暗号と比較すると導入コストは1/3でデータベースの暗号化が実現可能

■ データベースとの通信も暗号化
 アプリケーションサーバとデータベースサーバの間の通信はSSLにて暗号化