ピンスリエ・セラム

ピンスリエ・セラム


  • 1962年に設立されたセシリアのF1空力メーカー兼自動車製造会社「セラム重工(現・東洋セラムの一部)」の設立者
  • もともと農耕機を製造していた町工場の株式を譲渡され、大企業に発展させる偉業を成し遂げた。
  • 1975年に初めてF1に参戦が決定して以来、自身が空力開発を務める。
  • 1996年11月26日に、チーム代表を退役、2001年6月19日に老衰のため死去、享年86歳

名前:ピンスリエ・セラム(ピンズライエット・ツェーラム) -Pinzliet Ceram-
出身:セシリア諸島国 敦丹県 シュルト郡 四嘉谷町 北原6-5
生地:バリアンテ公国 オルトラス県 ビレ市 テーテ20-5-3
生:1915年1月13日
没:2001年6月19日


生い立ち


もともとバリアンテの富豪であった彼の両親が子供に恵まれすぎたため、12歳のときに口減らしとして養子に出された。
セシリア人の家庭に引き取られた彼は、何一つ不自由することなく生活していた。
国籍はセシリアだが、生まれた場所はバリアンテだということを忘れてはならない。
そんな彼の人生を大きく変える出来事があった。

成績優秀だったが、高校に入らず、自由気ままにフリーター生活をし資金繰りをしていた彼に、突如仕事が舞い込む。
それは、「町工場の再編」という大仕事だった。
時は1949年、世界は大戦争時代にあり、物価が高騰、生活するのもままならない時代であった。
そんな中、困難な課題をいくつも抱え、やがてたどり着く「企業破産」という運命の道を辿っている町工場の総責任者を任された。

数々の波乱を乗り越え、1958年、遂に終戦を迎える。
今まで何も成す術のなかったこの町工場が、セラムを中心に動き始めたのもこの時期。


破産寸前の町工場から世界的大企業へ


彼らが本格的に動き始めたのは、翌年1959年のこと。
落ち込んでいた売上は戦時中に家具などを製造、販売していたことで難を逃れたが、それだけでは生計を立てられずにいた。
戦争も終わり、復興期へと突入していく中、まず需要の高い輸送車両を開発、量産する。
これがあたり、大赤字だった工場も、5年後には黒字に転換した。
79148APという巨額の赤字を抱えながら生きながらえてきたこの工場も、今では少しずつ回復してきている。
そんな中、さまざまなキャンペーンを行い、1960年代初頭には膨大な利益を得、1962年、遂に大企業へと転換するチャンスを掴んだ。
「株式会社セラム重工」の誕生である。
この社名は設立者であるピンスリエの名を取ったのは言うまでもない。


業務提携でF1へ…


新興会社は設立された。
資金も十分にある。
しかし、問題なのは知名度だった。
無名の町工場から大企業に成り上がったセラム重工だが、知名度は無いに等しい状態。
何か新しい風が吹かないかと、セラムたちは悩んでいた。
そんな中、こんなうわさを耳にする。

『フォーミュラ1・世界選手権』

戦前から続き、世界中をまたにかけるエンターテインメント、そしてビジネスとして成り立つモータースポーツの最高峰カテゴリーだ。
「知名度を上げるにはこれしかない!」
セラムたちは意気揚々と空力開発者として参戦を表明する。

しかし、空力開発と一口に言っても、どのようなことをすれば良いのか、分からなかった。
そこでセラムは、F1とは一体何かを探るべく、F1生誕の地、レラントンフへ飛んだ。

(以下編集中)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。