ウォーレリア民主公国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

国名:ウォーレリア民主公国 -The democratic principality of Warrelia-
国章:

総人口:7106万3448人
国土面積:358.27平方キロメートル
言語:英語,ドイツ語
地域:1市5町8村
首都:エランファルム市
収入源:鋳鉄工業,自動車産業,航空事業
建国年:1961年
国政新年:4月1日

詳細:
もともとはエストバニア連邦の州であったが、住民による独立運動が発生し、ウォーレリア民主公国となる。
ユーロアジア大陸では一番面積の小さい内陸国である。
海に面していないのだが、全周130kmにも及ぶ巨大な湖が国の中央にあるのみである。
面積は小さいながら、エストバニアとの国境にある首都のエランファルム市をはじめとする周辺地域は、90年代後半から急成長を遂げている。
航空事業の面では、自国産の航空機はないが、全世界の20の航空会社のライフラインと、ウォーレリア唯一の自国航空会社『ザネッティ・フラド航空』による国外定期便がある。
急激な経済成長の発端となったのは、1992年にまで遡り、当時モータースポーツが全く知られていなかったこの地でF1世界選手権が初めて開催されたのがきっかけである。
F1の開催から急激な成長を遂げたウォーレリアは、今や年間400万人を超える有名な観光地になっている。
主に鋳鉄工業や道路整備の面での発達が目覚しい。

地域詳細


エランファルム市

国内のおよそ3分の1を占める首都。
市の中央には国内唯一の空港である「エランファルム国際空港(Eranfalm int'l airport)」が、郊外には「フェニックス・パーク(Phenix park)」という、初代首相のイルヴィーネ・フェニックス(Illevines Phenix)氏が建設した公園がある。
F1レーサーのソラム・グラトリードの出身地としても知られている。

カシューマル町

国内唯一の水源「カシューマル湖(Loch Kaschumar)」が町の大半を占めている。
この湖は近隣8村に渡って広がっている。
ザネッティ・フラド航空(Zanetti Frado Airlines)の本社所在地。

(以下編集中)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。