フォーミュラ24

全6戦で行われるフォーミュラカーによる24時間耐久レースとして、2025年に新たに設立されたモータースポーツのカテゴリ。
また、2025年のF1第10戦と第11戦で行われたF1の決勝レースを予選とし、翌週のグランプリ決勝の順位を争う予選方式を採用したF1のシティトライアル・グランプリのサポートレース的存在でもある。
F24とも呼ばれる。

決勝は土曜日の午後7時から、翌日日曜日の午後7時と、ルマンとは異なる開始時間で開催されることが特徴。
前身がF1レーサーであった者や、現役のル・マン24時間シリーズのレーサーなどが多い。

マシンの特徴

使用マシンは、オープンホイールのフォーミュラカーだが、他のカテゴリのように極限まで軽量化されたものではなく、その真逆で鈍重であり、耐久力の高い設計になっている。
エンジン回転数は8000〜14000RPM、最高出力は1200馬力までと定められている。また、このカテゴリには3つのレギュレーションがあり、下から『F3クラス』、『F2クラス』、『F1クラス』と別れているステップアップ方式を採用、最上級のF1クラスのドライバーが総合優勝を狙う。
F1と違って、動力エネルギー回生システム(KERS)を装備しないのが特徴。

2025カレンダー一覧

開幕戦:アマルフィアGP(Formula24 in Amarfiean country road GP) 決勝日:3月22〜23日
第2戦:シナダGP(Super endurance of formula in Cinada GP) 決勝日:4月19〜20日
第3戦:バリアンテGP(Ifreas forestway endurance formula GP) 決勝日:5月17〜18日
第4戦:エストラルGP(Endurance of formula in Sault ward GP) 決勝日:6月21〜22日
第5戦:レラントンフGP(Airportring super speed endurance of formula in Cyropulco seaside way GP) 決勝日:7月19〜20日
最終戦:エストバニアGP(Sprit of super formula endurance in Zandboout GP) 決勝日:8月23〜24日

コンストラクタ及びドライバー一覧


F1クラス


Formula LeMans CAMS(フォーミュラ・ルマン・CAMS) (CSR)
No.1:アンソニー・バルビデリ(Anthony Barvidelli)(EST)*GP2とキャリアを梯子
No.2:カルロス・フィッティパルディ(Carlos Fittipardi)(ESV)

Tes Lineoum aoul Formeur Du Mans (テ・リノーム・オール・フォーミュラ・ルマン)(LEL)
No.3:セバスチャン・カラム(Sebastian Karam)(WRL)
No.4:ヨースト・アルバリバッツァ(Yoast Arvarivazza)(HER)

Parkmaden Endurance F24 Racing (パルクメイデン・エンデュランス・フォーミュラ24レーシング)(CSR)
No.5:ルドラ・オンスェス(Ledullac Tuonxesh)(CSR)
No.6:ジョージ・リスター(George Lister)(ESR)*第4戦スポット参戦

Piciet Francos LMF (ピシェ・フランコスLMF)(VIN)
No.8:ケルベ・クルーニー(Qerbe Crouney)(LEL)*GP2とキャリアを梯子
No.9:ペドロ・グルイヤール(Pedro Grouillard)(LEL)*開幕戦スポット参戦

(以下、編集中)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。