EM-05

セシリアの3大企業『株式会社トライボルタコンピュータ』の一企業『トライボルタ・エンフォースメント財団』が製造していた試作版カービィ型兵器。
名前の由来は『 E nforcement M anufacture No. 05 』から来ている。
製造工場の爆発事故によって配線がショートしていて、視界情報以外は右目でしか取得できない。
もともとはシナダ諸島国の内戦に終止符を打つことが目的で開発されていたらしいが、その真偽はいまだ謎のベールに包まれている。
開発プロジェクトチームは『チーム・アルシオーネ』と呼ばれていたことから、この機の愛称も『アルシオーネ』とされたというらしい。
現代の殆どの動力源や発電方法などで知られる原子力方式は採用しておらず、自らが発生した熱を自らが回収して動力源にする『自己発熱エネルギー回生システム』を採用、軍事目的に開発されながら、地球環境にやさしいハイブリッド設計となっている。

機体データ


外観
※画像は開発当時のものです

プロジェクトのバージョン:Alcyone Ver0.0.1
開発言語:Exhibition Script Ver3.6.1
全高:26cm
全幅:10.2cm
全重:23.6kg
ハードウェア情報:Labazzi PN3-GL1
HDD記憶容量:680テラバイト
感情システムのバージョン:ESLB2PP-UM51 Ver1.4
音声システム:Virtual Voice System Ver0.8
原動機:MVCR1016型自己発熱エネルギー回生式ハイブリッドエンジン
製造ロット番号:BSS081931
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。