フィルデンセントバーク症候群

1994年に、カルテローフ連邦の医学者、リーン・フィルデンセントバーク(Lean Phildencentburc)博士によって発見された血液病。
通常の人よりも赤血球含有量が多いが、血漿体や白血球の含有量が極端に少なく、克服することはほぼ不可能に近く、現代の医療技術でも完治は無理であるため『不治の病』と恐れられている。
発生率は26億分の1と、きわめて低確立である。

主な症状


初期症状:何もしていない状態でも体が火照る。
鉄分の接種を控えた上で赤血球のみを抜く軽い手術をすれば完治する。

中期症状:通常よりも赤血球が多く生産され、軽い酸欠状態になることもある。
これも赤血球のみを抜く手術をすれば一応完治するが、鉄分の接種をやめなければ再発のリスクもある。

後期症状:通常よりも大量に赤血球が生産され、常に酸欠状態になる。
血管への負担も大きくなり、内出血を起こして死亡するケースも多く、血抜き手術をしても完治はしなくなる。

末期症状:大量に赤血球が生産され続け、白血球や血漿体の割合が極端に少ない状態になり、重度の酸欠状態のため、酸素マスクを常に身につけなければならない。
最終的には血液の許容量が限界を越え、死に至る。
重度の内出血、吐血、血涙など、様々な死因が存在している。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。