オーバランスサーキット

1983年に登場した、当時F1史上最北端のサーキットとして有名だった。
コースはさまざまな改修をされていて、初開催から現在まで、F1開催のために必要な『グレード1』の基準を常にクリアしている。
F1サーキットの中では一番環境の良いサーキットでもある。

詳細


名前:オーバランスサーキット
正式名称:アウトドローモ・ド・ヌーヴェル・オーバランス(Autodoromo do neuvlle Aubarrance)
全長:4303.6m
全幅:18.0m
高低差:22.3m

現在では大きな改修もないが、登場した当時は現在のようなテクニカルなレイアウトではなく、超高速サーキットとして名を馳せていた。
1994年に予選中に起こったM.ローランドの死亡事故を機に大改修が成され、現在のレイアウトになっている。

旧コース


過去のグランプリ勝者(編集中)


1982年(初開催):T.リスター-Thomas Lister-
1983年:J-H.トルカシュライフェ-Jan Heimar Torcascheleife-
1985年:Q.ラゥド-Qhanzer Lewd-
1986年:C.ガルト-Caneles Garto-
1989年:J-H.トルカシュライフェ-Jan Heimar TOrcascheleife-
1990年:T.ドッペンガルマー-Tregghantest Doppengalmar-
1991年:J-H.トルカシュライフェ-Jan Heimar Torcascheleife-
1992年:Q.ラゥド-Qhanzer Lewd-
1993年:Q.ラゥド-Qhanzer Lewd-
1994年:J-H.トルカシュライフェ-Jan Himar Torcascheleife-
1995年:M.アンダーソン-Michael Andersson-
1996年:C.ガルト-Caneles Garto-
1998年:B.カラム-Branc Karam-
1999年:M.アンダーソン-Michael Andersson-
2003年:B.カラム-Branc Karam-
2004年:G-F.アルバース-Gilles Fregmidor Albers-
2005年:B.カラム-Branc Karam-
2006年:S-W.マクファーソン-Stephane Williams McPherson-
2007年:C.フィッティパルディ-Carlos Fittipardi-
2008年:I.サッカネン-Inof Sakkanen-
2009年:M.アンダーソン-Michael Andersson-
2010年:M.アンダーソン-Michael Andersson-
2011年:B.カラム-Branc Karam-
2012年:B.カラム-Branc Karam-
2017年:M.アンダーソン-Michael Andersson-
2018年:D.クルーズ-David Cruise-
2019年:C.ジェラルド-Christian Gerald-
2020年:K.ウルフ-Koenig Ourph-
2021年:K.ウルフ-Koenig Ourph-
2022年:R-W.トルカシュライフェ-Rotilles Werch Torcascheleife-
2023年:E.ヴィルドハイム-Enriqe Wirdheim-
2025年:K.ウルフ-Koenig Ourph-
2026年:T.ワイエス-Tony Wyeth-
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。