アンダーソン事故死誤報騒動

1999年10月31日に行われたF1世界選手権の最終戦の翌日1999年11月1日に、エストラルの『EBC』という放送局が世界中に向けて、当時現役F1レーサーだったマイケル・アンダーソンの事故死を伝えるニュースを放送した。
これにより、世界中から大反響が巻き起こり、アンダーソンの家族の元に多数の手紙が寄せられたと言う。
また、彼の人気が一番高かったセシリアでも、彼の事故死を伝える報道は社会現象となってしまったほどだった。
しかし、その報道がされた翌日、このニュースは誤報であり、リポーターの情報の取り違いに起因するものであると謝罪の番組を流した。
無論、これで問題が済むわけでもなく、世界中から抗議の電話が殺到する始末。
この問題報道によって、ファンとEBCの間で長年にわたる紛争が生じ、結局はどちらの収拾も付かないまま2002年シーズンのアンダーソン復帰報道で幕を下ろした。
誤報をしてしまったEBCにももちろん問題はあるが、アンダーソンが復帰すればそれで全てよしとするファンにも問題があるのではないだろうかと、非常に考えさせられる出来事であった。

(引用:CLPスポルト紙 2003年5月6日号コラム『展望』より)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。