ソラム・グラトリード

ウォーレリア民主公国出身のレーシングドライバー。
わずか6歳でレーシングカートを始め、驚異的な早さでキャリアのステップアップを果たす。
わずか16歳という若さでF1のリザーブドライバーとなり、2025年F1第7戦のレラントンフGPで当時のセカンドドライバーの負傷による衝撃的なF1史上最年少デビュー、同グランプリで予選PP、決勝ポールトゥフィニッシュ、ファステストラップをマークし、デビュー戦でいきなりハットトリックを成し遂げた『100年に一度の大天才』の異名を持っている。
デビューイヤーの2025年シーズンで6勝を飾り、いきなりタイトル争いに食い込んだりと、新人で、それも経験が無いにもかかわらず、ベテラン以上の豪快な走りを披露し、初年度でいきなりドライバーズランク3位を獲得、文句なしの2025F1ルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝く。

プロフィール


名前:ソラム・グラトリード(Sorums Gratrido)
年齢:16
生年月日:2009年2月17日
性別:男
国籍:ウォーレリア

エピソード


レーシングキャリア


2015年:レーシングカートからレーサーデビュー(6歳)
2020年:エストバニアF3デビュー、ドライバーズランク5位(11歳)
2022年:エストバニアF3参戦、ドライバーズタイトル獲得(13歳)
2023年:GP2最年少デビュー(14歳)
2025年:マドックスのリザーブドライバーとしてF1デビュー、第7戦・レラントンフGPで、負傷したA.グラインシンガーの代役で史上最年少デビュー、初参戦で初勝利&ハットトリック達成、ドライバーズランク3位(16歳)

トリビア


  • F1を初めてドライブした時に放った感想は「大したことない」
  • 父親はFIAの副会長、ラテナル・グラトリード(Rathenal Gratrido)氏である
  • F1マシンのドライビングスキルはコンピュータゲームで学んだ
  • ナイトレースでは滅法速いという事もあり、某コメンテーターから『エランファルム発、深夜の超音速戦闘機』という二つ名で呼ばれた
  • F1ドライバーとしては異例な、無類のインドア派で、元々は文系の学校に進学する予定だった
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。