TFX200-800ER

セシリアが2006年に初めてロールアウトした次世代超音速旅客機であるTFX200の外観を継承しつつ、現代の航空界の最新鋭技術を投入したQSST(低騒音超音速旅客機)
4つの吸気口からラジエーターとエアクリーナーへ送り込まれた空気は、独自形状のバイパスを通り、エンジン後方の加速器を通し空気が圧縮され、消音装置が取り付けられた8つのジェットエンジンにより低騒音ながらパワフルな離陸,飛行性能を持つだけでなく、減速用のアフターバーナーである『スラストリバースバーナー(航空用語では『フォワードバーナー』)』が搭載されていて、短距離での着陸も実現している。
また、エンジンはすべてコンピュータ制御によって作動しているため、従来では実現が難しかった超低燃費飛行に成功している。
その成果は、セシリア国際空港からアマルフィアのオーバランス空軍基地までのおよそ1万200kmを無給油,無着陸で実現したことで、超音速旅客機の常識を覆す結果になった。
最新機のTFX200-800ERは、『Seagull(日本語で『カモメ』)』という愛称が付けられた。
また、デザインは、アルバース航空専門短大の航空デザイン課の学生が卒論として基本空力設計を手掛け、それを更にその後輩がその設計図を元に一から独自設計を行ったものが正式採用されたものである。

外観


スペック
名前:TFX200-800ER[Seagull]
大きさ:102.1m
重さ:86.25t
最大離陸重量:120.22t
最大推力:106.91t
最大航続距離:約10,200km
最大巡航高度:62,000ft(但し、営業最大高度は42,000ft)
最大巡航速度:Mach3.2(但し、営業最大速度はMach2.5)
操縦方式:フライ・バイ・ワイヤー方式(操縦桿,スロットル操作一体型)
計器類:ヘッドアップディスプレイ、プライマリフライトディスプレイ、EICAS(アイキャス)、スロットルコントロール監視システム、VVSデバイス、音声認識入力システム、ATC管制区域自動認知システム、リアルタイムGPSデバイス、フルオートパイロットシステム(但し、無線操作ではない)
操縦翼面機構:ラダー、エルロン、エレベーター、フラップ、フラッペロン(フラップ+エルロン)、スポイラ
使用燃料:人工灯油(工業廃棄物由来、内、NOx30%含有)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。