ペドロ・グルイヤール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レラントンフの小さな農村「リコナイ村」出身のレーシングドライバー。
同郷の元F1ドライバーであるマイケル・アンダーソンに憧れ、6歳でレースキャリアを始めた若手ドライバー。
F1の直下カテゴリーであるGP2でF1へのステップアップの準備を整えている2025年シーズンの開幕6連戦こそ入賞できていないが、そのパフォーマンスは目を見張るほど高く、ファンも多い。
地元の英雄、マイケル・アンダーソンに続き、F1界における強力なドライバーの一人になれるか注目が集まっている。

プロフィール


※2029年F1開幕戦・ビスタトロニアGPの金曜フォトセッションより抜粋

名前:ペドロ・グルイヤール(Pedro Joahim Grouillard)

生年月日:2003年5月26日
性別:男(雄)
種別:オストライン(遮光眼カービィ)
出身地:レラントンフ共和国北フィエストリア州リコナイ村
現住所:レラントンフ共和国ヤルト州パストカレム町

エピソード

レースキャリア

6歳(2009年):ガラマスカルカート選手権からキャリア開始(チーム・スプリット)
13歳(2016年):才能を買われ、レラントンフGT選手権(LGTC)に最年少デビュー
16歳(2019年):同郷の先輩、マイケル・アンダーソンの事故で、シーズン終了後にキャリア自粛
18歳(2021年):キャリア再開、ルマン24時間シリーズのLMP1クラスに参戦、総合5位(東セラ)
21歳(2024年):ルマン24時間シリーズのLMP1クラスに参戦、総合優勝(東セラ)
22歳(2025年):フォーミュラに転向、GP2参戦、総合15位(オスト・アンダーソン)
23歳(2026年):GP2参戦、総合優勝(オスト・アンダーソン),F1第4戦・レラントンフGPにスポット参戦でF1デビューレースウィン(トロフィー返還,記録抹消を申請したため、デビューレースウィナーの記録には残らず)
24歳(2027年):テストドライバーとしてF1デビュー(RMロックフォート)、GP2終盤戦に、ジル・デ・ピッツァーリの代役として緊急参戦(パルクメイデン)
25歳(2028年):F1フル参戦デビュー(RMロックフォート)総合6位、最高位2位表彰台(第3戦・エストラルGP)獲得
26歳(2029年):F1参戦(アンダーソン)第3戦・アマルフィアGPにて初勝利、4勝を記録、ランキング6位
27歳(2030年):F1参戦(アンダーソン)8勝を挙げタイトル争いに加わるもランキング2位
28歳(2031年):F1参戦(セラム)2020年代最強の名門へ移籍し、初タイトルをねらう。

トリビア

  • 出身地はGP2が開催されるリコナイ村だが、現住所は閑散とした田舎町、パストカレム(Pasteucareoumn)の郊外
  • はじめはレースに興味がなく、もともとは農家を志していた
  • 小学校時代のあだ名が「ペドグル」(『F1ぐらんぷりあ〜の』での名前表記はこれに由来する)
  • 高校時代は自身のレーシングキャリアの影響もあり、目を見張るような劣等生だった
  • セシリアのモータースポーツ用品製造会社の『レーベングループ(Röwen Group Co.,Ltd)』は、彼のレースキャリア開始時からずっとタイトルスポンサーとして支援している
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。