グランゼラム市

グランゼラム市

ガエリア府の府庁所在地の港町。
国内の港町としては最も発達している。
2004年までは治安の悪さに定評が付いていたが、現在ではあまり目立った凶悪事件は起こっておらず、いたって安定した治安に回復している。

市章


(準備中)

市内で起こった有名な事件

ここでは、過去にグランゼラム市内で起こった最も有名な事件の一部を紹介する。

市長選妨害大量殺伐事件(1978年)

当時の市長候補としてスピーチを行っていたヨルグ・マッツェンルーダン氏と、その関係者が襲撃され26人全員が死亡した事件。
犯人はその数時間後、逃走中に射殺されている。

武器店誤射殺事件(1995年)

とある護身用武器店(プライベート保護のため、店名伏)でライフルを試し打ちしていた客が、弾丸の充填中に謝って発砲し、店員一人を射殺した事件。
本人は事件を認めると同時に「殺すつもりはなかった」と語っている。
これにより犯人は、不可抗力殺人罪で懲役140年の禁固刑となり、現在も服役中である。

無差別大量殺球事件(1994年)

武装した男が突如発砲、街中にいたカービィを次々と射殺していった。
これにより、市内にいたカービィの3分の2が殺害され、『弱者のみを狙った、極めて残忍かつ卑劣な事件である』と、市制が始まって以来過去最悪の殺人事件となった。
その後、犯人は逮捕、公開処刑の様子が全国に衛生中継された。

グランゼラム市警察署長誘拐殺人事件(2003年)

武装集団が突然市警察に押し入り、署長がマリーナベイ地区の倉庫に誘拐され、惨殺された事件。
身代金3億APを要求し、身代金を持ち込んだ巡査長の目の前で殺害、巡査長も同時に射殺される悲惨な結末を迎えた。
二人の亡骸はそれぞればらばらにされた上で市警察と署長夫人に拳銃と共に送りつけられたことで、何らかの逆恨みを持って犯行に及んだ可能性があると見て捜査が続いている。
しかし、事件から20年以上たった現在でも有力な手がかりや証拠は見つからず、犯人の逮捕にも至っていない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。