ナーカルス島沖大震災


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2031年3月11日午後3時11分、シナダ諸島国ナーカルス島の東北東およそ3km沖合い深さ約7kmで発生した、マグニチュード9クラスの巨大地震。
正確な地震規模はマグニチュード9.3、都市部での最大震度は10.1、この地震で発生した津波の高さは35mを超えたとも言われている。
震源地が浅く、かつ都市部に近かったため、建物やインフラなど全ての都市機能が壊滅的な被害を受け、犠牲者の数は5万人を超えるという、世界的に見ても観測史上最悪の地震被害となった。

地震の兆候と背景


震源地のナーカルス島の東北東沖合い約3km地点には、ユーロアジアプレートと北極大陸プレートが沈み込む海溝があり、十数年前からの観測で強い摩擦エネルギーが生じていたことが分かっており、『20年以内にマグニチュード9クラスの地震が起こる確率は70%』と予測されていた。
地震の発生する数年前から、同じプレートの境界のマントル対流部分を震源とするマグニチュード3クラスの地震が既に発生しており、これが今回の地震につながるという予測はされていなかったと言われており、専門家の誤認がこの地震での想定外の被害を招いたとされている。

(以下編集中)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。