クリスチアーノ・ドーガン

タンフォード共和国出身の元レーシングドライバー。
地元国内レースやF3000、F1000などのフォーミュラカテゴリーでは強さを見せた。
F1では未来の世界王者と言われた果敢な走りからファンを沸かせたが、トラブルなどに巻き込まれて落としたレースも多く、苦労人の愛称で親しまれてきた。
引退後は解説者などとして活躍中。

プロフィール


名前:クリスチアーノ・ドーガン(Christiano Daulgan)

生年月日:1974年4月22日
年齢:51
性別:男
種別:出身地:タンフォード共和国オスアル県クニット市

エピソード


(準備中)

レーシングキャリア


1982年:レーシングカートからデビュー、初年度王者に
1986年:フォーミュラ1000に参戦。
1988年:国際F2参戦、ランキング3位
1990年:F3000(国際F2)参戦、シリーズチャンピオンに
1991年:ルマン24時間耐久レース参戦、リタイア
1992年:CART(インディカーシリーズ)参戦(ZanettiFrado・プルメイラ)ランキング5位
1993年:F1デビュー(ガルマンズ→サウザー)同年初勝利から2連勝を挙げ話題に
1994年:F1参戦(サウザー)3勝を挙げ、ランキング6位
1995年:F1参戦(サウザー)最高位6位、ランキング7位
1996年:F1参戦(セラム)8勝を挙げ、移籍初年度で念願の世界王者に
1997年:F1参戦(セラム)終盤戦のシュリフコスカGPで大クラッシュ、胸部骨折、肺挫傷で生死が危ぶまれるも奇跡的に回復
    シーズンを途中離脱も3勝を挙げ、ランキング3位
1998年:F1参戦(セラム)前年同様3勝も、ランキングは5位
1999年:F1参戦(ツェントルージュ)未勝利、未入賞ながら、一時はトップを走る健闘を見せ話題に
2000年:F1参戦(ツェントルージュ)2勝を上げ、同年最終戦で引退を宣言、ランキング8位
2001年:インディカーシリーズ参戦(タイハード)ランキング2位
2005年:インディカーシリーズ参戦(KMG・ダラック)ランキング3位
2006年:レースドライバーから引退を発表、インディカーシリーズ参戦(KMG・ダラック)ランキング4位

トリビア


(準備中)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。