都営エアポートシャトル脱線事故


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2014年6月13日、午前10時45分頃に発生した、セシリアシティ国際空港行きのエアポートシャトル336号・CT4030系車両の脱線横転事故。
乗客およそ2000人のうち、600人近くが重軽傷を負う大事故にもかかわらず、死者はゼロであった。

事故の背景

空見台発のAS336N-1036K-C4030(総合運転指令所の識別番号)が、何の前触れもなく、第2信号場付近を通過中に先頭車両の左後方台車の車輪が破損し、時速230kmで走行中に右側に横転、脱線した。
すべての車両が横転しており、都内やセシリア国内だけでなく、世界の鉄道業界に大きな衝撃が走った。
後方を走行していたAS337N-1039K-C4030のシステムが異常を早急に感知し緊急停車、以降の列車や対向列車もすべて問題なく停車したため、大きな被害には至らなかった。
その後の調査で、車両自体に問題はなかったが、保線体制に甘さが見られ、鉄道省が「管理不足」として都営鉄道を提訴、2015年4月22日に、負傷者とその親族に賠償金を支払う形で和解となった。
事故以降は保線体制の大幅強化を図るため、エアポートシャトル専門の特別保線団体『エモーショナルエクスプレス』が設立されている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。