|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

沙菜詳細

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シナリオ案(本編)


ひょんなことから、自分が魔法生命体だということを知ってしまう沙菜。
皆と違うことを知り、また自分が捨てられたと思い傷つく。
渉をすべてだと信じ込み、過剰なほどの執着を見せるが、拒絶されてしまう。

段々と情緒不安定となり、皆を避けるようになったある日、沙菜が何者かにさらわれる。

渉達は沙菜を探しあて、氷月の力もあり無事取り戻すことが出来た。
ここで沙菜「沙菜は大事な仲間で…」みたいなことを言い、解決。
(ここでむちゅーなのかな?かな?)

……

沙菜は渉と共に大学へ受験することを決意。
その結果渉は受かったが、沙菜は元々知能が低かったこともあり落ちてしまう。
そしてまた落ち込む沙菜。
しかしそこで渉が沙菜にプロポーズ。沙菜は渉に永久就職が決まり、めでたしめでたし。


他設定(ideaで明かされる)



機関の中でも下っぱの位置にいた氷月が作った魔法生命体、沙菜。

沙菜にはコミュ力・感情表現の能力が欠落していた。
初めのうちは人目につかないよう隠していたが、一生そういうわけにもいかない。
そこで氷月は沙菜に人間としてのある程度の知識を沙菜に与え、施設に入れた。
人と共に生活することによって、人間としての感情が芽生えるのではないかと考えたのだ。
氷月はその施設に直属している学校の教師となり、沙菜を見守ることにした。
(実際にその施設・学校を見るまで、その廃れた環境のことは知らなかった)

氷月が機関を離れて教師になった理由は、それだけではない。

――研究機関の中に、氷月に熱狂手的な想いをよせる男※がいた。
その想いは純粋ながら狂気であった。盗聴盗撮その他諸々、氷月は精神的に参ってしまっていた。
成長していく沙菜を見た氷月は、沙菜と共に機関を離れて遠くへ逃げることを決意。
一言も残さず、氷月は機関から抜け出した。

(※氷月が抵抗できないくらいに権力の強い人間)


本編ねたばらし


沙菜を連れ去った犯人の正体は、機関で氷月に想いを寄せていた男であった。
氷月がある日突然消え、男は手がかりを必死になって探していた。
そして見つけた。氷月が作成した、沙菜に関する資料を。

氷月は魔法の力によって機関にいたときと姿を変えていた。
そのため氷月を見つけることは出来なかったが、沙菜らしき人物を探し当てることに成功した。
まずは調査を重ねた。そしてそれが沙菜だという確信を掴む。

彼は沙菜を捕らえた。氷月に関する情報を得ようとしたのだ。
しかしそこで渉達にぶっ飛ばされ、男は意味深なことを言い残し逃げ出す。

メニュー






設定資料


素材


シナリオ

  • プロット
  • 共通ルート


更新履歴

取得中です。