※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi

原発情報

文部科学省から配布されているデータをグラフ化しているサイト(空気中、水道、雨)
文部科学省のサイト及びヤフーミラー
だいたい 20~50 nSv/h(nGy/h)、0.020~0.050 μSv/h(μGy/h)が普通の放射線量らしいです。

3日後までのの放射性物質拡散予測



全てPDF。12 日~20 日の期間に放出されたと推定される放射線物質の
・大気中で拡散された放射線物質
・防備状態(屋外)において1歳児が受け得た対全身放射線量
・無防備状態(屋外)において1歳児の甲状腺が受け得た放射線量 
などのシミュレーションへのリンクが貼ってある。 

#imagehttp
://www.zamg.ac.at/pict/aktuell/20110325_fuku_I-131.gif,http://www.zamg.ac.at/pict/aktuell/20110325_fuku_I-131.gif,width=400)

ベクレル(Bq)・・・人の身体の中には約7000ベクレルの放射能がありますが、これは、1秒間に約7000
個の原子が壊れ、放射線を出すことを表しているものです。
シーベルト(Sv)・・・これは放射線の量を表す単位で、人の身体が放射線によってどれだけ影響を受けるかを表す単位です。
フ━━━( ´_ゝ`)━━━ン!!勉強になりました。
これくらい情報量あればいいかな

飲食物の摂取制限の指標がP23,24(食べようか食べまいか悩み始める数値と書いてあります。)
付属資料として、被ばくを低減するための簡便な防護対策がP93~95。
地下シェルターって効果高いんだな。
でもやっぱり遠くに行くのがもっとも効果的と書かれてます。

  • 元日立の技術者・田中三彦&元東芝の技術者による解説 3/26



23日の放射性物質拡散予測

24日の放射性物質拡散予測




他にもあるかな


カテゴリ: [メモ] - &trackback- 2011年03月21日 23:38:30

#blognavi