※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チャーリーとチョコレート工場 (Charlie and the Chocolate Factory)

  • 公開年: 2005年
  • 時間: 115分
  • 制作国: アメリカ / イギリス
  • 監督: ティム・バートン (Tim Burton)
  • 原作: ロアルド・ダール (Roald Dahl)
  • 脚本: ジョン・オーガスト (John August)
  • 音楽: ダニー・エルフマン? (Danny Elfman)

Memorable Quotes (主な引用)


Willy Wonka: [bangs into his elevator] I've got to be more careful where I park this thing.

ウィリー・ウォンカ: (エレベーターにぶつかって) どこに止めるかもっと気をつけなくちゃだね。

Grandma Georgina: [the glass elevator crashes through Charlie's house] I think someone's at the door!

ジョージナおばあちゃん: (ガラスのエレベーターは、チャーリーの家に突進して) 誰かが入口にいるみたいよ!

Mrs. Beauregarde: What do you use Hair Cream for?
Willy Wonka: To lock in moisture.
[primps hair]

ボーレガード夫人: 何のためにヘアクリームを?
ウィリー・ウォンカ: 湿気を閉じ込めるためさ。
(髪を整える)

Narrator: Indeed, that very night, the impossible had already been set in motion.

ナレーター: 本当に、まさしくその夜、不可能なものはすでに動きはじめていたのです。

Veruca Salt: Daddy! I want a flying glass elevator! Get me a flying glass elevator!

ヴェルーカ・ソルト: パパ! 飛んでいるガラスのエレベーターが欲しいの! 飛んでいるガラスのエレベーターちょうだい!

Charlie Bucket: [on chocolate river, deep in factory, passing an open door in which Oompa-Loompas are whipping a cow] Whipped cream.
Willy Wonka: Exactly!
Veruca Salt: That doesn't make any sense.
Willy Wonka: For your information, little girl, whipped cream isn't whipped cream at all unless it's been whipped with whips. Everybody knows that.

チャーリー・バケット: (チョコレートの川で工場内部を移動し、ウンパ・ルンパが牛を鞭打っているドアの前を通ったとき) ホイップクリームだ。
ウィリー・ウォンカ: その通りさ!
ヴェルーカ・ソルト: 意味ないじゃない。
ウィリー・ウォンカ: 教えましょう、お譲ちゃん、ホイップクリームは鞭で打たれなきゃホイップクリームにならないんだよ。みんな知ってるさ。

Willy Wonka: The best kind of prize is a *sur*prise!

ウィリー・ウォンカ: 最高の賞は、「おどろいたで賞」さ!

Dr. Wonka: All these years, and you haven't flossed.
Willy Wonka: Not once.

ドクター・ウォンカ: 何年もフロスしてないな。
ウィリー・ウォンカ: 一度も。

Willy Wonka: Let's put him in the taffy puller.
Mr. Teavee: The taffy puller?
Willy Wonka: Hey! That was my idea.

ウィリー・ウォンカ: あめ伸ばし機を使いましょう。
ティーヴィー氏: あめ伸ばし機だって?
ウィリー・ウォンカ: おい! 私のアイデアなんだけど。

Violet Beauregarde: What's so funny?
Willy Wonka: It must be from all those dog-gone cocoa beans. By the way, did you know that chocolate releases endorphins, which give one the feeling of being in love.
Mrs. Beauregarde: [flirtily] You don't say?

バイオレット・ボーレガード: 何がそんなにおかしいの?
ウィリー・ウォンカ: カカオ豆の効果さ。ところで、知ってるかな? チョコレートを食べるとエンドルフィンが放出されて恋している気分になれるんだよ。
ボーレガード夫人: (色目をつかって)本当に?

[Willy Wonka claps enthusiastically as his special musical showpiece goes up in flames]
Willy Wonka: Ha ha ha, wasn't that just magnificent? I thought it was getting a little dodgy in the middle part, but that finale... Wow!

(特別な音楽の展示が炎上、ウィリー・ウォンカが熱心に拍手)
ウィリー・ウォンカ: ははは、すごかったでしょ? 中間部は危なっかしかったと思ったけど、フィナーレは...ワオ!

Willy Wonka: Welcome, children, to my factory and these people behind you must be your par... par... par...
Mr. Salt: Parents?
Willy Wonka: Yeah! Moms and dads!
[expression darkens]
Willy Wonka: Dad? Papa?

ウィリー・ウォンカ: 私の工場へようこそ、子どもたち、そして後ろにいるのはあなたがたのり...り...
ソルト氏: 両親?
ウィリー・ウォンカ: そう! おかあさんとおとうさん!
(表情が暗くなる)
ウィリー・ウォンカ: おとうさん? パパ?

Dr. Wonka: Lollipops. Ought to be called cavities on a stick!

ドクター・ウォンカ: 棒キャンディー。またの名を棒付き虫歯の素!

Willy Wonka: [hiding behind a newspaper while Charlie shines his shoes] Too bad about that chocolate guy. Walter... er, Waldo...
Charlie Bucket: Willy Wonka.
Willy Wonka: Right, him. Did you ever meet him?
Charlie Bucket: I met him. I thought he was great at first. Then he didn't turn out that nice. And he has a funny haircut.
Willy Wonka: [throwing the newspaper down] I do not!

ウィリー・ウォンカ: (チャーリーが靴を磨いてる間、新聞で顔を隠し)チョコレート作ってるやつがが調子悪いみたいね。ウォルター...、えー、ウォルド...
チャーリー・バケット: ウィリー・ウォンカ。
ウィリー・ウォンカ: そう、そいつ。会ったことあるの?
チャーリー・バケット: 会いましたよ。最初は偉大な人だとと思ってました。でも彼はそんなに素晴らしくはなかった。髪型もおかしいし。
ウィリー・ウォンカ: (新聞を投げ落として)違う!

Willy Wonka: Uh, you really shouldn't mumble, because I can't understand a word you're saying.

ウィリー・ウォンカ: あー、本当にブツブツ言わないでくれる? 君の言ってることが分からないよ。

Grandpa Joe: [upon being told that the elevator was going to burst through the roof of the factory] But this elevator is made of glass. It will shatter into a million pieces!
Willy Wonka: [giggles]

ジョーおじいちゃん: (エレベーターが工場の天井を突き抜けようとしていることを聞かされて) でもこのエレベーターはガラスでできてるんですよ!
ウィリー・ウォンカ: (くすくす笑う)

Grandpa Joe: I used to work at that factory.
Charlie Bucket: You did?
Grandma Josephine: He did.
Grandpa George: He did.
Grandma Georgina: I like grapes.

ジョーおじいちゃん: わしは、その工場で働いてたんじゃ。
チャーリーバケット: そうなの?
ジョセフィーンおばあちゃん: そうよ。
ジョージおじいちゃん: そうさ。
ジョージナおばあちゃん: 私はブドウが好きよ。

Dr. Wonka: Do you have an appointment?
Charlie Bucket: No, but he's overdue.

ドクター・ウォンカ: 予約は?
チャーリー・バケット: いえ、でも彼を。

Grandpa George: You don't know what we're talking about.
Grandma Georgina: [after a moment] Dragonflies?

ジョーおじいちゃんジ: 何について話しているかわかっとらんじゃろ。
ジョージナおばあちゃん: (少しして) トンボでしょ?

Willy Wonka: It has to be really big, 'cause you know how you can film an ordinary-sized man and he comes out looking this big. Same basic principle.

ウィリー・ウォンカ: 本当に大きくしなくちゃいけないんだ。なぜなら普通の男性を撮影するとその人はこの大きさに見えるから。同じ原理さ。

Mike Teavee: Just put me back in the other way.
Willy Wonka: There is no other way. It's television not telephone, quite a difference.

マイク・ティーヴィー: 他の手で送り返せばいいんだよ。
ウィリー・ウォンカ: 他の手なんてないさ。、電波であって電話じゃない、まったく違うんだよ。

Mrs. Gloop: Where does that pipe go?
Willy Wonka: That pipe happens to go to the room where I make the most delicious kind of strawberry-flavoured chocolate-coated fudge.
Mrs. Gloop: Then he will be turned into strawberry-flavoured chocolate-coated fudge? They'll be selling him by the pound all over the world?
Willy Wonka: No, I wouldn't allow it. The taste would be terrible. Can you imagine Augustus-flavoured chocolate-coated Gloop? Ew. No one would buy it.

グループ夫人: パイプはどこに行くんですか?
ウィリー・ウォンカ: そのパイプは、イチゴ味のチョコレートコートのファッジで一番おいしい種類を作る部屋に行きますね。
グループ夫人: では、彼はイチゴ味のチョコレートコートのファッジになっちゃうの? 世界中で、1ポンドいくらで売られちゃうって言うの?
ウィリー・ウォンカ: いや、そんなの許しませんよ。ひどい味じゃないですか。オーガスタス味のチョコレートコートのグループなんて想像できる? うぅ。誰もそんなの買わないさ。

Mr. Bucket: Your mum and I thought, maybe you'd like to open your birthday present tonight.
Charlie Bucket: Maybe we should wait until morning.
Grandpa George: Like hell.
Grandpa Joe: All together we're 381 years old. We don't wait.

バケット氏: おかあさんとお父さんは思ったんだけど、今夜バースデープレゼントを開けるってのはどうかな。
チャーリー・バケット: やっぱり朝まで待たなきゃだよ。
ジョージおじいちゃん: ひどいな。
ジョーおじいちゃん: わしらは全員で381才じゃ。待てんよ。

Grandpa George: There's plenty of money out there. They print more of it every day. But that ticket? There are only five of them in the world, and that's all there's ever going to be. Only a dummy would give this up for something as common as money. Are you a dummy?

ジョージおじいちゃん: たくさんのお金が、あっちにゃあるんだ。毎日、たくさん印刷される。でもそのチケットは? 世界にたった5枚だけ、そして、そこにあるので全部じゃ。バカだけが、ありふれたお金のために、そいつを手放すんじゃ。お前はバカか?

(Quoted by IMDb)