※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チャーリーとチョコレート工場 (Charlie and the Chocolate Factory)

  • 公開年: 2005年
  • 時間: 115分
  • 制作国: アメリカ / イギリス
  • 監督: ティム・バートン (Tim Burton)
  • 原作: ロアルド・ダール (Roald Dahl)
  • 脚本: ジョン・オーガスト (John August)
  • 音楽: ダニー・エルフマン? (Danny Elfman)

Memorable Quotes (主な引用)


Mike Teavee: Who wants a beard?
Willy Wonka: Well, beatniks for one, folk singers and motorbike riders. Y'know. All those hip, jazzy, super cool, neat, keen, and groovy cats. It's in the fridge, daddy-o! Are you hip to the jive? Can you dig what I'm layin' down? I knew that you could. Slide me some skin, soul brother!

マイク・ティーヴィー: あごひげなんて誰が要るの?
ウィリー・ウォンカ: まあひとつには、ヒッピーとかフォーク歌手とかオートバイ乗りだね。そんなすべてのヒップで、派手で、すごくいかして、すてきで、強くて、いかしてるやつとかさ。冷蔵庫の中にあるよ、おじさん! それってどうでもいいことだよね? 私がしまっておいたのを見つけられる? 君ができるって知ってるよ。まあ握手しようじゃないか、兄弟!

Willy Wonka: You can't have your family hanging over you like an old, dead goose. No offense.
Grandpa George: None taken. Jerk.

ウィリー・ウォンカ: 厄介払いができるじゃないか、年とった死んだガチョウみたいな家族のね。悪気はないですよ。
ジョージおじいちゃん: 気にしちゃないさ。あほうが。

Shopkeeper: You found Wonka's last golden ticket!

店主: 君がウォンカの最後のゴールデンチケットを見つけたんだ!

Willy Wonka: And in that moment I realised; "I must find a... heir/hair".

ウィリー・ウォンカ: そしてその時に気づいたんだ、「見つけなくちゃいけない...神(髪)の後継者を」ってね。

Charlie Bucket: [after finding out he's serving Mr. Wonka] Why are you here?
Willy Wonka: I don't feel so hot.

チャーリー・バケット: (ウォンカ氏に奉仕してることが分かった後に)なぜここにいるの?
ウィリー・ウォンカ: そんなに怒ってないからね。

Welcome Puppets: Willy Wonka, Willy Wonka, the amazing chocolatier / Willy Wonka, Willy Wonka, everybody give a cheer / He's modest, clever, and so smart, he barely can restrain it / With so much generosity, there is no way to contain it, to contain it, to contain... to contain... to contain... / Willy Wonka, Willy Wonka, he's the one that you're about to meet / Willy Wonka, Willy Wonka, he's a genius who just can't be beat / The magician and the chocolate whiz / The best darn guy who ever lived / Willy Wonka, here he is!

歓迎の操り人形: ウィリー・ウォンカ、ウィリー・ウォンカ、すてきなショコラティエ / ウィリー・ウォンカ、ウィリー・ウォンカ、エールを送ろう / 謙虚で賢くとってもキレ者さ、抑えることなんてできない / こんなに気前がよけりゃ、封じ込めなんてできない / あふれる、あふれる、あふれる、あふれる / ウィリー・ウォンカ、ウィリー・ウォンカ、もうすぐ会えるさ / ウィリー・ウォンカ、ウィリー・ウォンカ、誰も超えられない天才さ / マジシャンでチョコの達人 / この世に生まれた最高の男 / ウィリー・ウォンカ、ここにあり!

Mike Teavee: Why is everything here completely pointless?
Charlie Bucket: Candy doesn't have to have a point. That's why it's candy.

マイク・ティーヴィー: なんでこんなに無意味なものばっかなんだ?
チャーリー・バケット: キャンディに意味がある必要はないよ。だからこそ、キャンディなんだ。

Willy Wonka: [sorting through a big bunch of keys] There it is. There it isn't.

ウィリー・ウォンカ: (大きな鍵の束を探しながら)これだ。これじゃない。

Charlie Bucket: But it didn't close forever, it's open right now.
Mrs. Bucket: Ah, well, sometimes when grown ups say forever they mean a very long time.
Grandpa George: Such as I feel as though I've eaten nothing but cabbage soup forever.
Mr. Bucket: Now pops...
Charlie Bucket: But there must be people working there.
Grandma Josephine: Think about it, Charlie. Have you ever seen a single person going into that factory? Or coming out of it?
Charlie Bucket: No. The gates are always closed.
Grandpa George: Exactly.
Charlie Bucket: But then, who's running the machines?
Mrs. Bucket: Nobody knows Charlie.
Mr. Bucket: It certainly is a mystery.
Charlie Bucket: Hasn't someone asked Mr Wonka?
Grandpa Joe: No-one sees him any more. He never comes out. The only thing that comes out of that place is the candy. Already packed and addressed. I'd give anything in the world just to go in one more time and see what's become of that amazing factory.

チャーリー・バケット: でも永遠に閉まってないよ、今は開いてるし。
バケット夫人: ああ、そうね、時々大人は永遠をとっても長い間って意味で言うのよ。
ジョージおじいちゃん: まるでわしが永遠にキャベツスープだけを食べてるって感じでな。
バケット氏: お父さん...
チャーリー・バケット: でもそこで働いてる人がいなくちゃだよね。
ジョセフィーンおばあちゃん: 考えてごらん、チャーリー。これまでにたったの一人でも工場に入っているのを見たことがあるかい? それから出てくる人は?
チャーリー・バケット: ううん。門はいつも閉まってるよ。
ジョージおじいちゃん: そのとおり。
チャーリー・バケット: でも誰が機械を動かしてるの?
バケット夫人: 誰も知らないのよ、チャーリー。
バケット氏: 確かにミステリーだ。
チャーリー・バケット: 誰かウォンカ氏に訊いた人はいないの?
ジョーおじいちゃん: 誰も今では彼に会ってないんじゃよ。彼は決して出てこない。出てくるのはキャンディだけ。それも既に荷造りされて宛名がつけられとる。わしもあと一度でいいからあのすばらしい工場がどうなってるか見てみたいものじゃよ。

Violet Beauregarde: [hugs Wonka] Mr.Wonka, I'm Violet Beauregarde.
Willy Wonka: [Wonka looks at her terrified as she chews her gum] Oh. I don't care.
Violet Beauregarde: Well, you should care because I'm the girl who's gonna win the special prize at the end.
Willy Wonka: Well, you do seem confident and confidence is key.

バイオレット・ボーレガード: (ウォンカに抱きついて) Mr.ウォンカ、私はバイオレット・ボーレガードです。
ウィリー・ウォンカ: (彼女がガムをかんでいるを恐ろしげに見て) ああ、気にしてないさ。
バイオレット・ボーレガード: いえ、気にすべきです。だって私が最後に特別賞を獲得するでしょうから。
ウィリー・ウォンカ: ああ、自信たっぷりなようだね。自信は鍵になるよね。

Veruca Salt: I'm Veruca Salt. It's very nice to meet you, sir.
[does a curtsy]
Willy Wonka: I always thought a verruca was a type of wart you got on the bottom of your foot. Ha.

ヴェルーカ・ソルト: ヴェルーカ・ソルトです。お会いできてとてもうれしいです。
(お辞儀をする)
ウィリー・ウォンカ: ヴェルーカって、足の底にできたイボのことだと思ってたよ、ハ!

Augustus Gloop: [Augustus steps in front of Veruca] I'm Augustus Gloop. I love your chocolate.
Willy Wonka: I can see that. So do I. I never expected to have so much in common.
[Wonka stops and turns around to Mike]
Willy Wonka: You, you're Mike Teavee. You're the little devil who cracked the system.
[looks at Charlie]
Willy Wonka: And you, you're just lucky to be here, aren't you?

オーガスタス・グループ: (オーガスタスがヴェルーカの前に出てきて)オーガスタス・グループです。僕はあなたのチョコレートが大好きです。
ウィリー・ウォンカ: 分かるよ。私もそうさ。そんな共通点があるなんて思ってなかったよ。
(ウォンカが立ち止まってマイクの方に振り向く)
ウィリー・ウォンカ: 君、君はマイク・ティーヴィーだね。システムを解読した小さな悪魔くん。
(チャーリーを見て)
ウィリー・ウォンカ: そして君、運良くここに来られた、そうだろ?

Mike Teavee: [starts stomping on a candy pumpkin, completely destroying it]
Mr. Teavee: Son, please.
Mike Teavee: Dad, he said, "Enjoy!"

マイク・ティーヴィー: (キャンディのカボチャを踏みつけはじめ、壊しまくっている)
ティーヴィー氏: 息子よ、やめなさい。
マイク・ティーヴィー: おとうさん、彼だって言ってたじゃん「楽しんで」って!

Willy Wonka: Why, I believe they're going to treat us to a little song. It is quite a special occasion, of course. They haven't had a fresh audience in many a moon.
Oompa Loompa: [Oompa Loompas sing] Augustus Gloop, Augustus Gloop, a great big greedy nincompoop / Augustus Gloop, so big and vile, so greedy, foul, and infantile...

ウィリー・ウォンカ: おや、彼らは私たちにちょっとした歌を披露してくれるんだと思うよ。もちろん、とっても特別なことさ。久しぶりの新しい観客だからね。
ウンパ・ルンパ: (ウンパ・ルンパ歌う) オーガスタス・グループ、オーガスタス・グループ、貪欲な間抜けくん / オーガスタス・グループ、オーガスタス・グループ、デカくてひどくて貪欲で幼稚で....

Charlie Bucket: Are the Oompa Loompas really joking, grandpa?
Grandpa Joe: Of course they're joking. That boy will be fine.

チャーリー・バケット: ウンパ・ルンパは、本当に冗談言ってるの、おじいちゃん?
ジョーおじいちゃん:もちろん冗談じゃよ。あの子は元気さ。

Grandpa George: The kids who are going to find the golden tickets are the ones who can afford to buy candy bars every day. Our Charlie only gets one a year. He doesn't have a chance.
Grandma Josephine: Everyone has a chance, Charlie.
Grandpa George: Mark my words. The first kid to find a golden ticket will be fat, fat, fat.
Augustus Gloop: [Augustus appears and cameras flash] I am eating the Wonka bar and I taste something that is not chocolate. Or coconut. Or walnut, or peanut butter, or caramel. Or sprinkles. So I look and I find the golden ticket.
Grandpa George: [the Bucket home sees the TV with Augustus on the screen] Told you he'd be a porker.

ジョージおじいちゃん: ゴールデンチケットを見つける子どもってのは、毎日キャンディーバーを買えるやつなんじゃ。わしらのチャーリーは、1年にたったの1つだけ。チャンスなんてないさ。
ジョセフィーンおばあちゃん: 誰にだってチャンスはあるのよ、チャーリー。
ジョージおじいちゃん: 覚えておくんじゃ。最初にゴールデンチケットを見つける子どもは、デブ、デブ、デブじゃ。
オーガスタス・グループ: (オーガスタスがカメラのフラッシュを浴びながら登場) 僕がウォンカバーを食べてたら、チョコレートじゃない何かの味がしたんだ。ココナッツでもない。クルミでも、ピーナッツバターでも、キャラメルでもない。で、見てみたらゴールデンチケットを見つけたんだ。
ジョージおじいちゃん: (バケットの家ではテレビで映ったオーガスタスを見ている) 言ったじゃろ、彼はブタじゃ。

Dr. Wonka: Why, I haven't seen bicuspids like these since...
[long pause]
Dr. Wonka: ... Willy?

ドクター・ウォンカ: あれ、こんな小臼歯を見たのは確か...
(長い間があって)
ドクター・ウォンカ: ... ウィリーか?

Willy Wonka: I'm sorry, I was just having a flashback.
Mr. Teavee: These flashbacks happen often?
Willy Wonka: Yes... increasingly... today.

ウィリー・ウォンカ: すみませんね、フラッシュバックが起こってまして。
ティーヴィー氏: フラッシュバックは、しょっちゅうあるんですか?
ウィリー・ウォンカ: はい...だんだん...今日はね。

Willy Wonka: Everything in this room is *eat*able. Even I'm *eat*able. But that is called cannibalism, my dear children, and is in fact frowned upon in most societies.

ウィリー・ウォンカ: この部屋中のものはすべては食べられるよ。私だって食べられる。でもね、それじゃ人食いって言われるんだ、親愛なる子どもたち、大抵の社会じゃひんしゅくを買っちゃうんだよ。

Mrs. Bucket: Well, nothing goes better with cabbage than cabbage.

バケット夫人: そうね、キャベツに合うのはキャベツよ。

Violet Beauregarde: Are they real people?
Willy Wonka: Of course they're real people. They're Oompa Loompas.
Mr. Salt: Oompa Loompas?
Willy Wonka: Imported. Straight from Loompaland.
Mr. Teavee: There's no such place.
Willy Wonka: What?
Mr. Teavee: Mr Wonka, I teach high school geography, and I'm here to tell you...
Willy Wonka: Well, then, you'll know all about it and oh what a terrible country it is.

バイオレット・ボーレガード: 本当の人間なの?
ウィリー・ウォンカ: もちろん、本当の人間さ。ウンパ・ルンパだよ。
ソルト氏: ウンパ・ルンパ?
ウィリー・ウォンカ: 連れてきたんだ。ルンパ・ランドからまっすぐにね。
ティーヴィー氏: そんな場所はありませんよ。
ウィリー・ウォンカ: 何ですか?
ティーヴィー氏: Mr.ウォンカ、私は高校で地理を教えてますが、そんな場所は...
ウィリー・ウォンカ: ああ、それならよくご存知でしょう、なんとも恐ろしい国だってこともね。

Willy Wonka: This is the puppet hospital and burns center. It's relatively new.

ウィリー・ウォンカ: ここは操り人形の病院で、重要な場所さ。最近できたんだ。


Grandma Georgina: You smell like peanuts. I like peanuts.
Willy Wonka: You smell like old people... and soap. I like it.

ジョージナおばあちゃん: あなたはピーナッツのようなにおいがするわ。ピーナッツ好きよ。
ウィリー・ウォンカ: あなたはお年寄り...と石鹸のにおいがするよ。私は好きさ。


Willy Wonka: Good morning, starshine... the earth says hello!

ウィリー・ウォンカ: おはよう、星明り... 地球もこんにちわって言ってるよ!

[Great Gum Machine pops out a stick of gum]
[machine dings]
Mike Teavee: You mean that's it?
Willy Wonka: Do you even know what it is?
Violet Beauregarde: It's gum.
Willy Wonka: Yeah! It's a stick of the most amazing and sensational gum in the whole universe.
[out of breath]
Willy Wonka: Know why? Know why? 'Cause this gum is a full three-course dinner all by itself.
[laughs]
Mr. Salt: Why would anyone want that?
Willy Wonka: [flipping through flash cards] It will be the end of all kitchens and all cooking. Just a little strip of Wonka's Magic Chewing Gum is all you...
[flips through cards again]
Willy Wonka: ... ever need at breakfast, lunch and dinner. This piece of gum happens to be tomato soup, roast beef and Blueberry Pie.
Grandpa Joe: It sounds great!
Veruca Salt: It sounds weird.
Violet Beauregarde: It sounds like my kind of gum.

(大きなガム・マシンから1枚のガムスティックが出てくる)
(機械がジャンジャン鳴っている)
マイク・ティーヴィー: (ガム1枚について)これだけ?
ウィリー・ウォンカ: これが何かってわかってるかい?
バイオレット・ボーレガード: ガムよ。
ウィリー・ウォンカ: そうさ! それは世界中で最も驚きでセンセーショナルなガムのスティックさ。
(息をきらせて)
ウィリー・ウォンカ: 知りたい? 知りたい? なぜなら、これはフルコースディナーの3つの料理の味がするガムだからさ。
(笑う)
ソルト氏: なぜ、誰かがそれを欲しいと?
ウィリー・ウォンカ: (フラッシュカードをめくって)全てのキッチンと料理の終わりです。ウォンカの魔法のチューイングガムたった1枚で...
(再びカードをめくって)
ウィリー・ウォンカ: ...これまでの朝食、昼食、夕食に変わります。ガムは、トマトスープ、ローストビーフ、そしてブルーベリーパイになります。
ジョーおじいちゃん: すばらしい響きじゃ!
ヴェルーカ・ソルト: 怪しい響きだわ。
バイオレット・ボーレガード: 私のためのガムって感じね。

Willy Wonka: [referring to Violet getting the gum] I'd rather you didn't. There's still one or two things that are a little...
Violet Beauregarde: I'm the World Record holder of chewing gum. I'm not afraid of anything!
[pops gum into her mouth]
Mrs. Beauregarde: How is it honey?
Violet Beauregarde: It's amazing! Tomato soup, I can feel it running down my throat!
Willy Wonka: Yeah! Spit it out!
Grandpa Joe: Young lady, I think you better...
Violet Beauregarde: It's changing... roast beef and baked potato. Crispy skin and butter!
Mrs. Beauregarde: Keep chewin' kiddo! My daughter's gonna be the first person in the world with a chewing gum meal!
Willy Wonka: Yeah. I'm just concerned about the...
Violet Beauregarde: Blueberry pie and Ice Cream!
Willy Wonka: That part.
Veruca Salt: [Veruca stares at Violet] What's happening to her nose?
[Violet keeps chewing]
[Nose starts turning purple]
Mr. Salt: You're turning blue!
Mrs. Beauregarde: Your whole nose has gone purple!
Violet Beauregarde: [touching nose] What do you mean?
Mrs. Beauregarde: Violet... you're turning Violet!
[Violet scared; turns to Wonka]
Mrs. Beauregarde: [concerned] What's happening?
Willy Wonka: Well, I told you I haven't gotten it quite right because it always goes a little funny when it gets to the dessert. It's the Bluberry Pie that doesn't... I'm terribly sorry!
[Violet turns purple]
Violet Beauregarde: Mother, what's happening to me?
[Violet continues turning purple]
Violet Beauregarde: [Violet starts growing]
Grandpa Joe: She's swelling up!
Charlie Bucket: Like a Blueberry!
[Violet continues to grow]
Willy Wonka: [to Mrs. Beauregarde] I've tried it on like twenty Oompa-Loompas and each one ended up as a Blueberry. It's just weird!
Mrs. Beauregarde: But I can't have a Blueberry as a daughter. How is she supposed to compete?
Veruca Salt: You can put her in a county fair!
[Mrs. Beauregarde looks at Veruca viciously]
[Willy laughs]

ウィリー・ウォンカ: (ガムを手にしたバイオレットに言い聞かせて) やめた方がいいよ。それにはまだ1、2の問題が...
バイオレット・ボーレガード: 私はチューイングガムの世界記録を持ってるのよ。怖いものなんてないわ!
(ガムを口に入れる)
ボーレガード夫人: どう?
バイオレット・ボーレガード: すごいわ! トマトスープよ、のどを通り抜けてるみたい!
ウィリー・ウォンカ: そうさ! 吐き出すんだ!
ジョーおじいちゃん: おじょうちゃん、やめた方が...
バイオレット・ボーレガード: 変わったわ...ローストビーフとベイクドボテトよ。パリパリした皮とバターも!
ボーレガード夫人: 噛み続けなさい! 私の娘は世界初のチューイングガム食をした人になるのよ。
ウィリー・ウォンカ: そうさ。私も関わるさ、その...
バイオレット・ボーレガード: ブルーベリーパイとアイスクリームよ!
ウィリー・ウォンカ: そこだ。
ヴェルーカ・ソルト: (ヴェルーカがバイオレットをじっと見て)鼻に何か起きてない?
(バイオレットはかみ続ける)
(鼻が紫色に変わりはじめる)
ソルト氏: 青くなってるぞ!
ボーレガード夫人: 鼻が紫色だわ!
バイオレット・ボーレガード: (鼻をさわって)どういうこと?
ボーレガード夫人: バイオレット...あなた紫色になってるわ!
(バイオレットはおびえてウォンカを見る)
ボーレガード夫人: (心配して)何が起こってるの?
ウィリー・ウォンカ: そう、ダメだってちゃんと言ったでしょ。だっていつもデザートのところでおかしくなっちゃうんだ。ブルーベリーパイのとこで...ホントごめんね!
(バイオレットが紫色に)
バイオレット・ボーレガード: ママ、私どうなっちゃうの?
(バイオレットが紫色になり続ける)
バイオレット・ボーレガード: (大きくなり始める)
ジョーおじいちゃん: ふくれあがっとるぞ!
チャーリー・バケット: ブルーベリーみたいだ!
(バイオレットが大きくなり続ける)
ウィリー・ウォンカ: (ボーレガード夫人に)20人のウンパ・ルンパに試してみたんですが、みんな最後にブルーベリーになっちゃったんですよ。ヘンでしょ!
ボーレガード夫人: でもブルーベリーを娘にはできないわ。どうやって競えばいいっていうの?
ヴェルーカ・ソルト: 品評会に出せますよ!
(ボーレガード夫人がヴェルーカをにらみつける)
(ウィリーが笑う)

Oompa Loompa: [Oompa Loompas start singing] Listen close, listen hard / The tale of Violet Beauregarde / This dreadful girl she sees no wrong / Chewing, chewing, chewing, chewing, chewing, chewing all day long / Chewing, chewing all day long / Chewing, chewing all day long / Chewing, chewing all day long / She goes on chewing till at last / Her chewing muscles grow so fast / From her face her giant chin / Sticks out just like a violin / Chewing, chewing all day long / Chewing, chewing all day long / Chewing, chewing all day long / Oompa Loompa, Oompa Loompa, Oompa Loompa, Oompa Loompa / For years and years she chews away / Her jaws get stronger every day / And with one great tremendous chew / They bite the poor girl's tongue in two / And that is why we try so hard / To save Miss Violet Beauregarde / Chewing, chewing all day long / Chewing, chewing all day long / Chewing, chewing all day long./ Chewing, chewing all day long./ Chewing, chewing all day long./
Blueberry Violet: Mr. Wonka!
[Oompa Loompas stop singing]
Willy Wonka: [to Oompa Loompa] I want you to roll Ms. Beaurgarde to the boat and take her to the Juicing Room at once. 'Kay?
[Oompa Loompa does signature hand lock]
Mrs. Beauregarde: The Juicing room? What are they gonna do to her there?
Willy Wonka: They're gonna squeeze her. Like a little pimple. We've gotta squeeze all that juice out of her immediately.
[Mrs. Beauregarde runs up to Blueberry Violet]
Blueberry Violet: Mother, help me. Please!
[Mrs. Beauregarde pushes Blueberry Violet into door]
Willy Wonka: [looks at everyone] Come on... Let's boogie!

ウンパ・ルンパ: (ウンパ・ルンパが歌い始める) 耳を傾けてよく聞いて / バイオレット・ボーレガードのお話さ / 危険に気づかないこのひどい少女 / 噛んで、噛んで、噛んで、噛んで、噛んで、一日中噛んで / 一日中噛んで 噛み続けて / 一日中噛んで 噛み続けて / 一日中噛んで 噛み続けて / あの子は噛み続けてついに / 噛んでる筋肉がモリモリさ / 顔から大きなあごが / バイオリンみたいに突き出した / 一日中噛んで 噛み続けて / 一日中噛んで 噛み続けて / 一日中噛んで 噛み続けて / ウンパ・ルンパ ウンパ・ルンパ ウンパ・ルンパ ウンパ・ルンパ / 何年もひたすら噛んで / あの子のあごはますます強く / そして激しいひと噛みで / あの子の舌は真っ二つ / だから僕らはがんばるさ / バイオレット・ボーレガードを救うのさ / 一日中噛んで 噛み続けて / 一日中噛んで 噛み続けて / 一日中噛んで 噛み続けて / 一日中噛んで 噛み続けて / 一日中噛んで 噛み続けて
ブルーベリーのバイオレット: Mr.ウォンカ!
(ウンパ・ルンパは歌うのを止める)
ウィリー・ウォンカ: (ウンパ・ルンパに)ボートにボーレガードさんを乗せて、すぐにジュース部屋に連れて行って。いいね?
(ウンパ・ルンパはハンド・ロックのサインをする)
ボーレガード夫人: ジュース部屋ですって? そこで何をしようっていうの?
ウィリー・ウォンカ: 彼女をしぼります。ちょっとしたにきびみたいにね。すぐに彼女の全てのジュースをしぼらなくちゃね。
(ボーレガード夫人は、ブルーベリーのバイオレットに駈け寄る)
ブルーベリーのバイオレット: ママ、助けて。お願い!
(ボーレガード夫人は、ブルーベリーのバイオレットをドアに押し込む)
ウィリー・ウォンカ: (みんなを見て)行きましょう... 急ぎますよ!

その2へ続く
(Quoted by IMDb)