※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


詠唱


Unlimited Blade Works(アーチャー)


I am the bone of my sword.
(体は剣で出来ている)

Steel is my body,and fire is my blood.
(血潮は鉄で 心は硝子)

I have created over a thousand blades.
(幾たびの戦場を越えて不敗)

Unknown to Death.
(ただの一度も敗走はなく)

Nor known to Life.
(ただの一度も理解されない)

Have withstood pain to create many weapons.
(彼の者は常に独り 剣の丘で勝利に酔う)

Yet,those hands will never hold anything.
(故に、生涯に意味はなく。)

So as I pray,unlimited blade works.
(その体はきっと剣で出来ていた。)

Unlimited Blade Works(衛宮 士郎)


I am the bone of my sword.
(体は剣で出来ている)

Steel is my body,and fire is my blood.
(血潮は鉄で 心は硝子)

I have created over a thousand blades.
(幾たびの戦場を越えて不敗)

Unaware of loss.
(ただ一度の敗走はなく)

Nor aware of gain..
(ただ一度の勝利もなし)

Withstood pain to create many weapons.
(担い手はここに孤り)

waiting for one's arrival
(剣の丘で鉄を鍛つ)

I have no regrets.This is the only path.
(ならば我が生涯に意味は不要ず)

My whole life was "unlimited blade works"
(この体は無限の剣で出来ていた)



各エンディング時に表示される言葉


セイバートゥルー

A battle has been fought, and is now over.
Please your sword upon the ground, and rest in the temporal peace.
After dozing in the warmth of a dream, a new day will begin.

The days keep passing by...
And we still chase the same star we once saw.

続いてきた戦いは、今終わった。
剣を地に伏せそう、つかの間の安らぎに身をゆだねよう。
夢の暖かさにまどろんだあと、きっと新しい日が始まる。

日々が過ぎていく……
そして僕たちはいつか見たあの星を追いかけている。

凛トゥルー

Walking with the wind blowing on your face.
Walking towards the future.
Busy days with no compass to guide you.

After traveling to distant exotie countries...
You will return to where you belong, one sunny day.

風が顔に吹きつけるなかを歩く。
未来に向かい歩く。
前途多難な忙しい日々。

遠く離れた異国の地を旅して……
君は君のいた場所に帰ってくるだろう、ある晴れた暖かい日に。

桜トゥルー(イリヤが大聖杯を閉じた場合)

The sage cries out.
"Open, Gates of Heaven. Bless us and bestow miracles upon us!"
The sage cries out in regret.
"Close, Gates of Heaven. Save us from all our sins and evil!"

The curtain closes.
The millennium comes to a standstill.
Our dreams, our hopes... was an forbidden "failure" from the start.

The stars fall out of the sky.
Space closes up into nothingness.
The pathway to the center is shrouded along with our sins.

...I am, at last, filled with joy.

All has been engulfed by darkness.
Nothing can hurt you now.
At last, you have been set free from the pain that you carried for so long.

You may now rest, without a worry on mind.

賢人が叫んだ。
「開け、天の門よ。我々を祝福し、奇跡を我々に授けよ!」
賢人が後悔に叫んだ。
「閉じろ、天の門よ。我々を罪と悪から救ってくれ!」

閉幕である。
1000年は行き詰ってしまった。
我々の夢、我々の望み……それは初めから禁じられた「失敗」だったのだ。

星々が天から堕ちる。
宇宙(そら)は無へと帰する。
根源に至る道は我々の罪に覆い隠される。

……私はついに喜びに満たされた。

全てが闇に飲み込まれた。
君を傷つけられる者はもはやいない。
君はついに、あんなに長く抱えていた痛みから解放されたのだ。

君はもう休んでいい、心の悩みはもうない。

桜トゥルー

So the winter went by, and spring came along.
Nature is in its full bloom, and there is nothing left that reminds you of the hard cold days.
Stash away both what you lost and gained, for life continues on.

Now then...
The story that unraveled in this town has reached its conclusion.
New stages and people are waiting for us...

冬が過ぎ、春がやってきた。
自然は活力に溢れ、そこには、辛く冷たかった日々を想起させるものは何もない。
そして、得たものは、共にしまっておけ、生ある限り。

今、そのとき...
この町で解かれた物語は、結論に達した。
新しい舞台と人々が私たちを待っている...